ホーム | 連載 | 2003年 | 日本文化を踊ろう!=―ブラジルに生きる郷土芸能 | 日本文化を踊ろう!=―ブラジルに生きる郷土芸能―=第9回・最終回=レプレーザ文協=子供に人気の阿波踊り=危機超えヨサコイに挑戦

日本文化を踊ろう!=―ブラジルに生きる郷土芸能―=第9回・最終回=レプレーザ文協=子供に人気の阿波踊り=危機超えヨサコイに挑戦

8月27日(水)

 「踊る阿呆に 見る阿呆 同じ阿呆なら 踊らにゃそんそん」――。徳島名物「阿波踊り」といえば、毎度お馴染みのこの名文句。ソコーロ区エウクリデス・ダ・クーニャ街のレプレーザ文化体育協会では毎週金曜日午後九時ごろから、コローニア会館の子どもたちも交え約五十人が阿波踊りに取り組んでいる。威勢のいい掛け声が飛び交う練習風景は見もの。芸能郷土シリーズ最終回は、阿波踊りで締めくくった。

 レプレーザ連

 阿波踊りの歴史は四百年以上。一五八七年、蜂須賀家政公が徳島入りし、藍や塩などで富を蓄積した頃、一段と盛んになった。二拍子のリズムに乗り、男性は膝を開いて腰を低く、女性は手を高くあげてしなやかに舞う阿波踊りは、どことなく、サンバに似ている。
 レプレーザでは三十年近く前、徳島出身の藤岡英吉さん(六二、愛知県在住)が指導を開始、一時は中断したものの、八九年の再開以来、一度も途絶えたことはない。九五年には「レプレーザ連」として総勢三十五人が徳島入り、本場の阿波踊りに触れた。
 八月十七日、カンポス・ド・ジョルダンの桜祭りにも出演したレプレーザ連は、いまや日系イベントのアイドル的存在。しかし、二〇〇〇年、藤岡さんが日本へ行くと、主導者不在のため存続の危機にさらされた。

 存続の危機

 「どういう風に運営をしていたか、誰も知らなかったのよ」と、最近から連絡調整係を務める吉田照美さん(五四)。「やめようか・・・と話し合ったこともあった」と打ち明ける。試行錯誤をするなか、責任者に浅見アメリコ浩嗣第二副会長が落ち着き、レプレーザ連は命をつないだ。
 中高等学校教諭で現指導者、長井アメリア靖枝さん(五五)も、子どもたちをまとめるのに一苦労だ。「三、四世の六歳から二十六歳が主体。何も日本文化について知らない子どもたちに教えるのは大変」と深いため息。
 そんな大人たちの気持ちを知ってか知らずか、子どもたちは練習中におしゃべりを始める。アメリアさんが「もー、ぐじゅぐじゅ話をしないのー!」と大声を張り上げてもお構いなし、かえって、怒られるのを楽しんでいるようだ。

 新たなる挑戦

 全体の構成はアメリアさんが指導するが、細かい踊りに関しては、日本でも踊った経験のある古賀アンジェリカさん(一八)が男踊り、下瀬ユキエさん(一八)が女踊りの手本を見せる。「学校を休んでまで来てくれる」とアメリアさん。「なんだかんだ言っても、みんな、ついてきてくれる」と笑顔を見せる。
 レプレーザに八日夜、コローニア会館から練習に訪れた松村幸男くん(一一)、ひろしくん(九)、ゆうぞうくん(七)の三兄弟。母親の恵子さん(四一)は、「子どもたちが阿波踊りを見て気に入り、練習に参加するようになった」と語る。ゆうぞうくんに、「おもしろい?」と聞くと、はにかみながら「うん」と頷いた。
 現在、レプレーザ連では、練習に「YOSAKOIソーラン」を取り入れることを検討中。「YOSAKOI出演の打診があったけど、その時はまだ、新しいことができるかどうかわからなかった」と吉田さん。しかし、いま、レプレーザは前向きに導入を考えている。
 歴史ある阿波踊りと新進気鋭のYOSAKOIソーラン――。レプレーザ連は新たなる挑戦へ、一歩一歩進み始めている。
(門脇さおり記者)
=おわり=

■日本文化を踊ろう!=―ブラジルに生きる郷土芸能―=第1回=世界に広がる国祭り太鼓=三、四世が沖縄の心で叩く

■日本文化を踊ろう!=―ブラジルに生きる郷土芸能―=第2回=リベイロン・ピーレス=皿踊りからヨサコイまで=本番さながら気迫の練習

■日本文化を踊ろう!=―ブラジルに生きる郷土芸能―=第3回=アルモニア学園=川筋太鼓の魅力=人種、世代を問わず

■日本文化を踊ろう!=―ブラジルに生きる郷土芸能―=第4回=広島県人会=神楽舞への情熱衰えず=高齢化も女性の活躍目立つ

■日本文化を踊ろう!=―ブラジルに生きる郷土芸能―=第5回=どじょう掬い島根県人会=銭太鼓に青年奮起=練習はマイペースのブラジル流

■日本文化を踊ろう!=―ブラジルに生きる郷土芸能―=第 6回=鳥取県人会 華やかさ魅力 傘踊り=一度踊れば病み付きに

■日本文化を踊ろう!=―ブラジルに生きる郷土芸能―=第7回=佐渡おけさ正調佐渡おけさでは、質の高い踊りを披露

■日本文化を踊ろう!=―ブラジルに生きる郷土芸能―=第8回=花笠踊り山形県人会=婦人ら手製の花笠踊り=三世まで和気あいあい

■日本文化を踊ろう!=―ブラジルに生きる郷土芸能―=第9回・最終回=レプレーザ文協=子供に人気の阿波踊り=危機超えヨサコイに挑戦 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ブラジル福島県人会創立100周年=記念式典に知事ら18人来伯=「皆さんは福島県人の誇り」2017年10月28日 ブラジル福島県人会創立100周年=記念式典に知事ら18人来伯=「皆さんは福島県人の誇り」  創立から100年を迎えたブラジル福島県人会(永山八郎会長)が22日、サンパウロ市の北海道協会会館で『ブラジル福島県人会創立100周年記念式典』を開催した。日本から来伯した内堀雅雄知事や杉山純一県議会議長ら18人の慶祝団をはじめ、来賓や県人ら約300人が祝いのために駆け […]
  • イビラプエラ公園内の慰霊碑を訪ねた安倍夫妻2014年12月27日 コロニア10大ニュース  やはりなんといっても10年ぶりの首相来伯だろう。これを機会に様々な分野で交流が加速化しそうだ。来年の120周年、ジャパンハウスの着工、翌年のリオ五輪と続く今後のビッグイベントに伴う両国の関係強化を十分に期待させるニュースだった。そしてW杯。日本代表はリーグ戦敗退と残念な結 […]
  • 鱒料理が味わえる「高原」=避暑地カンポス・ド・ジョルダン2019年1月10日 鱒料理が味わえる「高原」=避暑地カンポス・ド・ジョルダン  「昨晩サンパウロは30度の熱帯夜だったそうですが、カンポスは12度でしたよ」――標高1600メートルもあり、「ブラジルのスイス」と名高い避暑地サンパウロ州カンポス・ド・ジョルダン市。そこにある日本食レストラン「高原」(Trav. Isola Orsi, […]
  • ブラジルを「故郷」にするなら桜を植えよう=郷愁とブラジル日本移民2019年1月8日 ブラジルを「故郷」にするなら桜を植えよう=郷愁とブラジル日本移民  「静岡の茶畑そっくりだ」―サンパウロ市から南西に190キロほど下った海岸部レジストロの茶畑に取材に行き、故郷の光景を思い出した。  といっても、緑茶ではなく紅茶だ。聞けば、原料となる茶葉は緑茶も紅茶も一緒だが、加工工程が違うのだという。お茶畑まではそっくりなワケだ。 […]
  • コロニア10大ニュース=悲喜こもごもの1年振り返る=眞子さまご来伯、110周年祭典=日系候補大半落選、サ紙廃刊も2018年12月28日 コロニア10大ニュース=悲喜こもごもの1年振り返る=眞子さまご来伯、110周年祭典=日系候補大半落選、サ紙廃刊も  ブラジル日本移民110周年記念式典が行なわれた7月をピークに、記念行事が目白押しの1年となった。なかでもハイライトは、3月の皇太子殿下、7月の眞子内親王殿下のご来伯だ。サンパウロ州地方部まで足を伸ばされた眞子さまは、各地で感動の渦を巻き起こした。110周年実行委員会も短期決戦 […]