ホーム | 連載 | 2008年 | 百年の知恵=移民と「日本精神」=遠隔地ナショナリズム | 百年の知恵=移民と「日本精神」=遠隔地ナショナリズム=第18回 ジャポネースがサンバ=〃祖国〃で完結する同化

百年の知恵=移民と「日本精神」=遠隔地ナショナリズム=第18回 ジャポネースがサンバ=〃祖国〃で完結する同化

ニッケイ新聞 2008年8月15日付け

 日本の日本人が持つ「日本人」イメージとポ語「ジャポネース」の意味が異なることから、デカセギ日系人は両側から押し出されるようにして、本国のブラジル人よりもブラジル人性の強い「ブラジル精神」を形成しつつある状況を説明した。
 それを端的に表現するコメントとして、日系人がデカセギ体験を通して気付いたこととして、「ブラジルではジャポネースといわれたのに、日本では外人として扱われ、ブラジル人としてのアイデンティティを強めた」というものが日伯のメディアを問わず、定番のように使われている。
 これに対し、非日系ブラジル人研究者が記した印象を紹介したい。
 九八年にサンパウロ州立カンピーナス大学で行われた第十一回国民研究全伯学会(ABEP)で、在日ブラジル人のアイデンティティについての研究発表があり、アドリアーナ・カプアーノ・オリベイラさんは「ブラジルのジャポネースなのか、日本のブラジレイロなのか。移住という文脈の中でのアイデンティティの軌跡」という論文で次のような分析をした。
 日系人はブラジルでは「ジャポネース」であると自己規定するが、日本では「ブラジレイロ」として振る舞うなど二つのパーソナリティを使い分ける点に注目し、次のような少々皮肉な表現でまとめている。
 「日本では今日、まさに我々の文化など様々な局面を紹介する真性のブラジル・コロニアが存在する。我々の料理、混血性、言語、ブラジル人性など。皮肉なまでに興味深いのは、日本においてこのブラジルを背負っているのはデカセギたち、いいかえれば〃ジャポネース〃たちだという点だ。おそらく今日、これほど強力にブラジル文化の普及が行われている場所は、世界中さがしてもないだろう。まさに我々の〃コロニア〃が〃我がジャポネースたち〃によって支えられている。〃我々のブラジル人〃たちといった方が適当だろうか。(中略)日本での単純労働を通して、お金以上にたくさんの何かをブラジルにもたらしている。ブラジルに実践的な知見をもたらすだけでなく、同質的な手本たる社会に日本人の顔をした彼らが、まるごとのブラジルをもっていっている」
 この一文の行間から読みとれることは、ブラジル人一般からすると「ジャポネース」というエスニックが主体になったグループが、「ブラジレイロ」を代表して外国で振る舞うことに違和感がある、ということだ。
 しかも、ブラジル人が想像する「ジャポネースの祖国」であるはずの日本で、「ブラジレイロ」として振る舞っている。美辞麗句をちりばめているが、そんなニュアンスが強くにじみ出ている。
  ◎   ◎ 
 皮肉な現象であれ、必然があったから今の状態が生まれている。
 このように日本国内のコミュニティで「ブラジル精神」が高揚し、「ジャポネース」が日本でサンバをやっているのは、歴史的に見ると興味深い。
 というのも、サンバという「国民音楽」もまた、ブラジル政府が国家形成期の要となるナショナル・アイデンティティとして選んだ「公定ナショナリズム」に他ならないからだ。
 戦前戦中のゼッツリオ・バルガス大統領のナショナリズム政策は、日本移民に同化政策を強いた一方で、リオの「一地方音楽」だったサンバを「国民音楽」として選び、「ブラジルを代表する文化」に定め、普及・振興に尽くした。欧州文化とは違う、ブラジル独自の文化性を代表する存在として選ばれた音楽だ。
 いわば、同化政策とブラジル独自の文化振興は、ブラジルナショナリズム政策という同じコインの裏表だった。
 バルガスのナショナリズム政策の一端が、半世紀以上たってから地球の反対側で完結するというのは、グローバル時代にふさわしい壮大なサイクルだ。
(続く、深沢正雪記者)



百年の知恵=移民と「日本精神」=遠隔地ナショナリズム=第1回「日本人」という自覚=強かった村への帰属意識
百年の知恵=移民と「日本精神」=遠隔地ナショナリズム=第2回「ジャポネース」とは=最初から外向きに形成
百年の知恵=移民と「日本精神」=遠隔地ナショナリズム=第3回愛国補償心理と愛情確認=国民とは想像の政治共同体
百年の知恵=移民と「日本精神」=遠隔地ナショナリズム=第4回現実を超えた「想像」=勝ち負けの心理的背景
百年の知恵=移民と「日本精神」=遠隔地ナショナリズム=第5回「共同体」は極楽浄土=極限心理が求めた救い
百年の知恵=移民と「日本精神」=遠隔地ナショナリズム=第6回裏切られた自尊心=理解されない移民の心情
百年の知恵=移民と「日本精神」=遠隔地ナショナリズム=第7回作られるコロニア正史=「勝ち組=テロ」は本当か
百年の知恵=移民と「日本精神」=遠隔地ナショナリズム=第8回勝ち組民衆の声はいずこ=日本とは異なる戦争経
百年の知恵=移民と「日本精神」=遠隔地ナショナリズム=第9回七生報国説く2世軍人=純粋な日本民族解釈
百年の知恵=移民と「日本精神」=遠隔地ナショナリズム=第10回 エスニック「日系民族」=継承と統合の均衡へ
百年の知恵=移民と「日本精神」=遠隔地ナショナリズム=第11回 移民船という通過儀礼=NHKテレビ放送の衝撃
百年の知恵=移民と「日本精神」=遠隔地ナショナリズム=第12回 エスニックメディアNHK=通信の発達が創り出す「郷愁」
百年の知恵=移民と「日本精神」=遠隔地ナショナリズム=第13回 NHK視聴者は2世中心=新「共同体」の創造へ
百年の知恵=移民と「日本精神」=遠隔地ナショナリズム=第14回 日系の祖国は「日本」?=回帰する高齢2世層
百年の知恵=移民と「日本精神」=遠隔地ナショナリズム=第15回 ブラジル日本会議が発足=国境越えて想いを共有
百年の知恵=移民と「日本精神」=遠隔地ナショナリズム=第16回 デカセギで〃故郷〃喪失=「ブラジルの日本人」
百年の知恵=移民と「日本精神」=遠隔地ナショナリズム=第17回 ジャポネースと日本人=日本生まれの「ブラジル精神」

image_print

こちらの記事もどうぞ