ホーム | 特集 | 在サンパウロ日本国総領事館開設100周年 | 次の百年に向かって=在サンパウロ日本国総領事 中前 隆博

次の百年に向かって=在サンパウロ日本国総領事 中前 隆博

中前総領事

中前総領事

 今般、ニッケイ新聞において、在サンパウロ日本国総領事館の開設百周年特集号を出版されるにあたり、心より感謝の意を表します。当館の百年間の歩みは、常に日系社会の皆様とともにありました。
 1908年の笠戸丸のサントス港到着から遅れること7年後の1915年(大正4年)7月28日に在「リオデジャネイロ」帝国総領事館が閉鎖され、在「サンパウロ」帝国総領事館が開設されました。
 その後第二次世界大戦中の1942年1月の閉鎖から1951年8月の開設までの9年半の中断を経て、今年めでたく開設百周年を迎えることができました。これまで、当館の活動に御理解と御協力を寄せていただきました、日系社会や在留邦人の皆様、そしてブラジルとサンパウロの皆様に心より御礼申し上げます。
 折しも本年は日本とブラジルが修好通商航海条約を調印して120周年の節目の年であります。今日の両国の友好関係のスタートとなった本件条約調印からの120年の歴史を記念して、日伯両国各地で様々な友好記念事業が開催されています。日伯関係120周年、当館開設百周年の記念すべき年に両国の友好関係が一層強化されることを期待しています。
 昨年は、安倍総理のブラジル訪問が実現しました。この際に行われた首脳会談で日伯両国関係を戦略的グローバルパートナーシップに引き上げることが合意されました。
 また、約50名もの日本企業のトップ等が同行訪問し、ビジネス分野での対話が深まりました。日系社会の皆様からはブラジリア、サンパウロの両地で大歓迎を受け、総理も強い感銘を受けられたものと伺っています。両国の関係がますます緊密なものとなってゆく中、そこに常に日系社会の皆様を通じた絆が存在することは誠に心強いものがあります。
 移住が始まって107年、この期間ブラジルの日系社会の皆様は当地で日本代表として様々な分野で御活躍されてきました。そして、日本から来る人や文化を常に温かく迎えていただきました。我々がこの国で快適に仕事や生活ができるのは、みな、これまでの日系社会の皆様の尊い御尽力のおかげです。
 在サンパウロ日本国総領事館は次の百年に向かって、日系社会の皆様とともに歩んで行きます。来年2016年はリオ・オリンピック・パラリンピック、その2年後の2018年は日本人移住110周年、2020年には東京オリンピック・パラリンピック、2022年はブラジル独立二百周年と節目の年が続きます。
 そして、2016年度中には、世界に先駆けて、このサンパウロに日本発信拠点であるジャパン・ハウス(仮称)も開設の予定です。当館としては、これら両国関係強化の絶好のチャンスを逃さず、日系社会の皆様と協力して、ここサンパウロで日本を発信していきたいと思います。
 在サンパウロ日本国総領事館のこの先更なる百年に向けて、皆様の御協力と御支援を賜れれば望外の幸せと存じます。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 移民109周年について=ブラジル日本文化福祉協会会長 呉屋春美2017年6月28日 移民109周年について=ブラジル日本文化福祉協会会長 呉屋春美  日本移民がブラジルに移り渡り、今年で109周年を迎えます。今日の日系社会が存在するのは私共の先輩方のご苦労の賜物であります。開拓先没者の御霊に対して心より哀悼と感謝の意を表します。  1908年6月18日に笠戸丸が第一回農業移民781人と自由渡航者10人を乗せてサン […]
  • 【2016年移民の日特集号】ごあいさつ2016年6月23日 【2016年移民の日特集号】ごあいさつ 移民の日に思うことブラジル日本都道府県人会連合会会長 山田 康夫 ブラジルの日本移民は今年108年、戦後の移住が再開されて63年になり、戦前、戦後を通じてブラジルに移住した日本人の数は25万人余、そして現在では190万人余といわれる日系人の中に占める日本人の数は3%を下回るとい […]
  • 呉屋会長2015年7月7日 ごあいさつ 移民の日にあたって=ブラジル日本文化福祉協会会長 呉屋 春美  1908年に日本移民がブラジルに移りきて、今年で107周年を迎えます。今日の日系社会が存在するのは私共の先輩方のご苦労の賜物であります。開拓先亡者の御霊に対して心より哀悼と感謝の意を表する次第であ […]
  • 本橋 幹久2015年1月8日 新年のごあいさつ 2 県連あいさつ文=日伯120年の絆=ブラジル日本都道府県人会連合会会長 本橋 幹久  新しい年2015年を迎えるに当たり、新年のお慶びと共にご挨拶を申し上げます。 本年は「日本ブラジル外交関係樹立120周年」の節目の年に当たります。1895年に締結された「日伯修 […]
  • コロニア10大ニュース=悲喜こもごもの1年振り返る=眞子さまご来伯、110周年祭典=日系候補大半落選、サ紙廃刊も2018年12月28日 コロニア10大ニュース=悲喜こもごもの1年振り返る=眞子さまご来伯、110周年祭典=日系候補大半落選、サ紙廃刊も  ブラジル日本移民110周年記念式典が行なわれた7月をピークに、記念行事が目白押しの1年となった。なかでもハイライトは、3月の皇太子殿下、7月の眞子内親王殿下のご来伯だ。サンパウロ州地方部まで足を伸ばされた眞子さまは、各地で感動の渦を巻き起こした。110周年実行委員会も短期決戦 […]