fbpx
ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 今年のリオ市カーニバルのスペシャルグループのパレードが政治や社会を痛烈に批判した異例のものであったことは既に報じたが、その直後に、連邦政府による治安維持のための介入が起きることになったのはなんとも皮肉だ。ベイジャ・フロールやツイウチのパレードはリオ市の現在の混乱をまさしく表現していたとも、あのパレードがさらに治安悪化を招いたとも解釈できる。それにしてもリオ市の象徴とも言えるカーニバル直後に、あまりに酷い治安の回復のためとはいえ、州の自治権が奪われるような決断が行われたというのはやはり悲しいもの。世界中の人が早期の治安回復を願っているはずだ。
     ◎
 この2月、大サンパウロ市圏の天気がおかしい。リオ、さらにサンパウロ州内でさえ、このところ水害が報じられているのに、大サンパウロ市圏ではなぜか、霧雨が降るだけ。16日朝までの6大水系の月間の降水量は、リオ・クラーロだけは100ミリを超える大雨が降っているものの、他はカンタレイラが25ミリ、グアラピランガが9ミリなど、異常に低い降水量が続いている。しかも、猛暑でなく、冷夏の状態でそれが起きているのだ。気象関係者の説明を聞きたいところだが。
     ◎
 カーニバルも終わり、そろそろ世間の話題もサッカーに移る頃。今週末はサンパウロ州選手権の第8節が行われるが、注目カードは、18日にモルンビ・スタジアムで行われるサンパウロFC対サントスFCか。両チーム共にグループリーグの首位だが、まだ2位以下に圧倒的な差をつけているわけではないため、お互いに勝って勢いをつけたいところだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2018年2月20日 東西南北  16日に突如発表された、リオの治安に関する連邦政府の直接統治が、当の州民にはどう映っているだろうか。「最悪なところまで悪化していたのだから仕方がない」という声もある反面、一部とは言え、地方行政機能が止められ、軍が統治に関与していることに拒否反応を示している人も少なくなさそう。 […]
  • 《ブラジル》コロナショックにサッカーチームが立ち上がる=スタジアムや練習場を医療用地として提供2020年3月24日 《ブラジル》コロナショックにサッカーチームが立ち上がる=スタジアムや練習場を医療用地として提供  ブラジルでは現在、新型コロナウイルスの感染が広がっており、国内全域でプロサッカーの公式戦が中断され、リベルタドーレス杯などの国際大会や、カタールW杯南米地区予選も延期が発表された。  試合がない中、選手の体力や試合勘を落とさないよう、トレーニングだけでも行いたいところだが、 […]
  • サンパウロ市カーニバル=今夜からSPグループのパレード=主要エスコーラの見どころは?=マンシャの2年連覇なるか2020年2月21日 サンパウロ市カーニバル=今夜からSPグループのパレード=主要エスコーラの見どころは?=マンシャの2年連覇なるか  今日21日夜から明日22日未明と22日夜~23日未明にかけて、サンパウロ市北部アニェンビのサンボードロモで、サンパウロ市カーニバルのSPグループによるデスフィーレ(パレード)が行われる。この模様はグローボ局で生中継されるが、今年の注目エスコーラのエンレド(テーマ)は次 […]
  • 東西南北2020年2月12日 東西南北  10日のサンパウロ大都市圏での大雨は、至るところで市民生活に大きな影響をもたらした。雨の影響は土砂崩れなどによる直接的な被害だけではなく、交通渋滞で数時間も車の中で待たされることになった人や、CPTMやバスの運行が滞ったことで通勤や通学に支障が生じ、欠勤などを余儀なくされた人 […]
  • 2019年ブラジルサッカー10の教訓=地元紙が鋭い考察=攻撃的スタイル、外国人監督がキーワード2019年12月27日 2019年ブラジルサッカー10の教訓=地元紙が鋭い考察=攻撃的スタイル、外国人監督がキーワード  21日のクラブW杯決勝でフラメンゴがリバプールに敗れ準優勝に終わったことで、1月に始まり12月に至った2019年ブラジルサッカーシーズンが終了した。  フラメンゴが席巻したと言っても過言ではない今期を振り返って、ブラジル紙が「2019年ブラジルサッカー界が得た10の […]