ホーム | コラム | 樹海 | 惨事や人ごみを悪用する輩達

惨事や人ごみを悪用する輩達

サルバドールのアラスタンをリードした歌手の一人、レオ・サンターナ(中央)(7日付G1サイトの記事の一部)

サルバドールのアラスタンをリードした歌手の一人、レオ・サンターナ(中央)(7日付G1サイトの記事の一部)

 サンパウロ市やリオ市でのスペシャルグループのサンバパレードは終わっても、ブロッコと呼ばれる集団による路上でのパレードはまだまだ続く▼「灰の水曜日」の6日にサルバドールで「アラスタン」と聞いた時、一瞬、根こそぎ強盗発生かと思ってしまったのは、ブロッコに参加した人達が軒並み携帯電話などを盗まれたとの報道に触れていたせいだ。実際には、サルバドールでのカーニバルの公式イベントの締めくくりに、歌手達を乗せた車と共に市民が一斉に繰り出して、街中を練り歩くものの事だった。ブロッコの人ごみに乗じたスリや強盗が暗躍せぬよう願うと共に、カーニバル直前に流れた、人の心の闇の部分をさらけ出す報道を思い出した▼それは、ミナス州ブルマジーニョの鉱滓ダム決壊事故に関するもので、「事故直前に現地に向かった兄弟と連絡が取れない、事故に巻き込まれたに違いない」といって、賠償金を受け取ろうとした人達が逮捕されたというニュースだ。2月には、妻と娘が行方不明だと偽り、Vale社から10万レアルの寄付を騙し取ろうとした人がいたが、登録前に逮捕された。今回の件は、行方不明者リストに一時的に兄弟の名前が掲載されたという▼どちらのケースも犯人は前科のある人物だったが、遺族を装って金をせしめようとする行為は余りにもさもしい。懸命に救出作業を行う人々や、本当に家族や知人を失ったり探したりしている人々の神経を逆なでするような詐欺と、カーニバルで街頭に出た人々を狙うスリや強盗。直接の関係こそないが、人々の心が他の事に集中している状況を利用した犯罪は後を絶たないと、改めて思わされる出来事だった。(み)

アラスタンの様子を報道するテレビのニュース(http://g1.globo.com/bahia/bahia-agora/videos/t/edicoes/v/ultimos-momentos-folioes-aproveitam-o-arrastao-desta-quarta-feira-6-de-cinzas/7433592/

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》殺人で指名手配中の男を逮捕=女装でパレード中、機械が判別2019年3月7日 《ブラジル》殺人で指名手配中の男を逮捕=女装でパレード中、機械が判別  バイア州サルバドール市で5日、女装してカーニバルのパレードに参加していた殺人容疑者が逮捕された。  逮捕されたマルコス・ヴィニシウス・デ・ジェズス・ネリ容疑者は、マルキラナスと呼ばれるトラヴェスチ(女装男性)のブロッコ(サンバ集団)に参加していたが、バラ・オンジナと […]
  • カーニバル満喫のネイマールに先輩の助言=「現役は短い。サッカーに集中すべき」とエジムンド2019年3月7日 カーニバル満喫のネイマールに先輩の助言=「現役は短い。サッカーに集中すべき」とエジムンド  1月下旬のフランス杯で負傷、右足の第5中足骨の骨折で戦線離脱中のネイマール(PSG)が、療養中にも関わらず、今日はサルバドール、明日はリオと、カーニバルを満喫する姿が目撃され、ブラジル国内でも話題になっている。  そんな中、かねてから熱烈なサンバファン、カーニバルフ […]
  • 今こそカーニバルの知的風刺精神は知られるべき2020年2月28日 今こそカーニバルの知的風刺精神は知られるべき  24日朝、コラム子がツイッターを眺めていると、突然、日本の知人から連絡が入った。「ポルトガル語で興味深いニュース記事をネットで見つけたのだが、言葉がわからないので教えてくれ」とのことだった。  それはサンパウロ市カーニバルのデスフィーレ(パレード)で、エスコーラ、ア […]
  • 《サンパウロ州警察》ついに顔認識システムを導入=サンパウロ市カーニバルから運用開始2020年1月30日 《サンパウロ州警察》ついに顔認識システムを導入=サンパウロ市カーニバルから運用開始  サンパウロ州のジョアン・ドリア知事は28日、サンパウロ市のリカルド・ガンブルフドン・ドーント識別研究所(IIRGD)内で行われた、顔・生体認識研究所の開所式典に出席。その席で、今年のサンパウロ市カーニバルから、犯罪者や容疑者、逃亡者の顔を警察が特定できるシステムを導入 […]
  • CIATE=永井専務理事が来月帰国=「日本でもブラジル人を助ける」2019年6月27日 CIATE=永井専務理事が来月帰国=「日本でもブラジル人を助ける」  2015年から国外就労者情報援護センター(CIATE)で専務理事として赴任している弁護士の永井康之さん(43、愛知県)が、7月15日に帰国するため離任挨拶で来社した。  歴代専務理事はみな日本からの駐在者だが、4年3カ月の駐在期間は過去最長。永井さんは「来た時はデカ […]