ホーム | 日系社会ニュース | サンパウロ=アギア・デ・オウロが初優勝=原爆ドーム山車に賛否両論も=今年も日本人・日系人大活躍

サンパウロ=アギア・デ・オウロが初優勝=原爆ドーム山車に賛否両論も=今年も日本人・日系人大活躍

賛否両論を呼んだ、アギア・デ・オウロの原爆ドームを再現した山車

 先週末から毎年恒例のカーニバルが各地で行われ、サンパウロ市ではスペシャルグループに所属する14エスコーラ(チーム)がパレードを21、22両日夜から翌朝にかけてサンバパレード専用会場で披露した。日本人サンバダンサーやブラジル駐在員もあちこちのチームで参加した。中でも「知識の力」をテーマにしたチーム「アギア・デ・オウロ」のパレードでは、知識が生んだ負の遺産である広島の原爆ドームを再現した山車が登場させて戦争の悲惨さを訴え、ブラジル広島文化センター(吉広ロベルト貞夫会長)、ブラジル長崎県人会(川添博会長)の会員らも加わって優勝を果たした。

 「行進するラテンのオペラ」とも言うべき3千人前後のパレードが、4~5台の巨大山車を伴って登場。凝った衣装を身につけたダンサーらによる社会風刺や文化・歴史への敬意を込めたパレードが華やかに繰り広げられ、観客席に詰め掛けた大勢の観客とともに踊り歌った。
 23日午前のアギア・デ・オウロのパレードでは、被爆した広島県産業奨励館(現在の原爆ドーム)と、原爆によって発生したきのこ雲を再現した山車が登場した。
 原爆ドームには炎が上がる映像も組み込まれ、ドーム内では、すすだらけの顔をした広島・長崎県人会会員らが、静かに立ち尽くしたり、戦火に巻き込まれ苦しむ様子を見せたりした。
 川添会長によれば「カーニバルでは出場者全員が絶えず歌い踊るのが原則だが、アギア・デ・オウロのパレードは、原爆の悲惨さを伝えるため、ドーム内の参加者だけが歌うことなく、ただ立っていたり、苦しみもがく演技をする特別演出で行進した」という。両県人会会員やブラジル健康表現体操協会の会員ら約20人が参加した。
 アギア・デ・オウロの今回のテーマは「知識の力」は、人類の知識の進歩は善悪両面をもたらしたことを訴えかけた。その負の側面の象徴として日本への原爆投下が選ばれ、被爆者を含む県人会員らが出演に応じた。
 参加した広島県人会の森本美奈さん(41、二世)は父が広島県出身。「パレードに出られて嬉しい半面、原爆のことを思うと悲しい。だが多くの人にこの悲しい出来事を知ってもらうことが重要だと思う」と出場した理由を説明した。「出演するにあたり、参加者で原爆に関する映画を鑑賞し、原爆について学んだ。被爆者の気持ちをできるだけ理解しようと思った」との真剣な気持ちを述べた。

 


□関連コラム□大耳小耳

 サンパウロ市のカーニバルで、原爆ドームを再現した山車などを繰り出し、見事優勝に輝いたアギア・デ・オウロ。一方で会員制交流サイト(SNS)では、日本語を中心とした批判の声が上がっている。実際のブラジルのカーニバルでは、社会風刺や政治的メッセージなど社会性が高い硬派なテーマがよく扱われる。ところが日本の大半の人はそれを知らず、露出の多い衣装で踊る男女がいるという一点で「裸の馬鹿騒ぎ」というような先入観が持たれており、「そこで原爆を扱うのは不謹慎」という意見がSNS上にあふれている。「カーニバル=裸踊り」という一方的なイメージを植え付けてしまったのは誰か? ブラジル文化への不理解の賜物ともいえそうだ。


     ◎


 実際にアギア・デ・オウロのパレードに参加した川添博・長崎県人会会長は「参加する県人会の人も、これを機会に原爆について学び、パレードを目にしたブラジル人にも原爆の悲惨さを感じてもらえたと思う。参加した人は、カーニバルがただ騒ぐものではないと理解したはずだ」と語った。例えばツイッター上には原爆ドームの山車の映像だけが流れて、それに「不謹慎だ」と「被爆した人の気持ちを考えていない」などの批判的コメントが添えられている。そこからはパレード全体のテーマもストーリーの流れも分からない。ツイッターという仕組み自体も良くないのでは。


     ◎


 今年も多くの日本人を引き連れ、カーニバルを盛り上げた葛西叙江さん。そのブラジル生活の奮闘ぶりがブログ(http://joe.hatenadiary.com/archive)にまとめられている。リオ・デ・ジャネイロ州のファベーラ(貧民街)近くで生活していた頃、タクシーで帰る途中にマフィアに引き止められた手に汗握る話などが面白おかしく語られている。ぜひ一度読んでみては?

➡関連記事も読んでみてください!

 ▼サンパウロ市カーニバル=「情熱、奥深さに惹かれる」=日本移民讃えた山車も登場

 ▼サンパウロ=カーニバル写真グラフ

 ▼樹海コラム「今こそカーニバルの知的風刺精神は知られるべき」

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 今こそカーニバルの知的風刺精神は知られるべき2020年2月28日 今こそカーニバルの知的風刺精神は知られるべき  24日朝、コラム子がツイッターを眺めていると、突然、日本の知人から連絡が入った。「ポルトガル語で興味深いニュース記事をネットで見つけたのだが、言葉がわからないので教えてくれ」とのことだった。  それはサンパウロ市カーニバルのデスフィーレ(パレード)で、エスコーラ、ア […]
  • 《ブラジル》カーニバル、今年の“顔”は?=「TVはネタの宝庫」とお面職人2019年2月12日 《ブラジル》カーニバル、今年の“顔”は?=「TVはネタの宝庫」とお面職人  暦の上では、今年のカーニバルは3月5日。サンパウロ市では3月1日からサンバチームのスペシャルグループのパレードが始まる。中小規模のブロッコが街を練り歩く、道のカーニバルはすでに盛り上がり始める中、恒例の有名人、話題の人物のお面が売られ、好評を博している様子や、主要エス […]
  • 《リオ市》3日夜からカーニバルのパレード=今年も政治色強い内容に=注目のエスコーラは?2019年3月2日 《リオ市》3日夜からカーニバルのパレード=今年も政治色強い内容に=注目のエスコーラは?  3日夜から5日朝にかけて、リオ市サプカイのサンボードロモで、毎年恒例のカーニバルのスペシャル・グループによるデスフィーレ(パレード)が行われる。以下、今年のハイライトを紹介する。  昨年、3年ぶりに1位を奪還した強豪エスコーラ、ベイジャ・フロールは、「まだ見てない者 […]
  • 東西南北2020年2月12日 東西南北  10日のサンパウロ大都市圏での大雨は、至るところで市民生活に大きな影響をもたらした。雨の影響は土砂崩れなどによる直接的な被害だけではなく、交通渋滞で数時間も車の中で待たされることになった人や、CPTMやバスの運行が滞ったことで通勤や通学に支障が生じ、欠勤などを余儀なくされた人 […]
  • (リオのカーニバル)50年前、ジャニス・ジョプリンが訪れる 薬物治療目的が終日飲酒した、女性ロック歌手の先駆2020年2月7日 (リオのカーニバル)50年前、ジャニス・ジョプリンが訪れる 薬物治療目的が終日飲酒した、女性ロック歌手の先駆  50年前の2月6日、世界における女性ロック歌手の先駆、ジャニス・ジョプリンが、薬物中毒の治療のためリオ市にやってきた。だが、カーニバル期間中だったがために、終日、酒を飲んで過ごしていたということが、ブラジル国内でひとつの伝説として語られている。  リオのカーニバルに観光で訪 […]