ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 リオ市議会は3日に、マルセロ・クリヴェラ市長に対する罷免請求を受け入れ、罷免審議を始めるか否かの投票を行う。同市長への罷免請求は、昨日付本面でも報じた、マスコミが批判的な報道をしないよう、監視、妨害活動を行っていたグループ「クリヴェラ親衛隊」の捜査が行われたことで提出された。市警の捜査はテレビでも大きく報道され、同市長に対する厳しい批判も出ていた。この件に限らず、リオはウィルソン・ヴィッツェル知事が現在停職中なのをはじめ、セルジオ・カブラル被告など歴代知事など逮捕者が続出している。世直しを求めて選挙をして、この人なら大丈夫という候補者を選んでも、同じような不祥事が続く。リオ政界には汚職のDNAがしっかりと根を張ってしまっているようだ。
     ◎
 8月26日に閉園を発表した、大サンパウロ市圏サンベルナルド・ド・カンポの老舗遊園地「シダーデ・ダ・クリアンサ」が、その宣言を撤回した。同園を運営するエクスポアカ社が「改めて考慮した結果、閉園しないことに決めた」と発表したことが1日に明らかになった。遊園地はまだ外出自粛規制の緩和対象になっていない。だが、サンパウロ市をはじめ、市外からも大勢の観光客が訪れる名所だけに、なんとか継続を望みたいところ。
     ◎
 フランスのサッカーの強豪クラブPSGは2日、3人の選手がコロナウイルスに感染したことを発表した。一部報道によると、その3人の中にネイマールが含まれているとか。PSGは欧州チャンピオンズ・リーグの決勝に進出していたため、他のチームより遅れて、10日にフランスのリーグでの新シーズン開幕戦を行う予定だ。感染者らの欠場で終わるか、試合の中止や延期が起きるか。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》コパ・アメリカに会場提供拒否する州も=レナン上議「死の選手権」と批判2021年6月2日 《ブラジル》コパ・アメリカに会場提供拒否する州も=レナン上議「死の選手権」と批判  5月31日に急きょ、ブラジルで開催とアナウンスされたサッカーのコパ・アメリカに対し、一部の州が「自分たちの州では開催させない」と強く反発している。5月31日、6月1日付現地紙、サイトが報じている。  コパ・アメリカは通常、国内のいくつかの都市にまたがって開催されるが […]
  • 《ブラジル》コパ・アメリカ開催地に急きょ決定=コロンビア、アルゼンチンが中止で2021年6月1日 《ブラジル》コパ・アメリカ開催地に急きょ決定=コロンビア、アルゼンチンが中止で  南米サッカー連盟(CONMEBOL)が5月30日、6月に開催予定のコパ・アメリカの開催予定地だったアルゼンチンでの開催をコロナ禍を理由にキャンセル。翌日には一転し、ブラジルでの開催を発表した。5月31日付現地サイトが報じている。  CONMEBOLは5月30日の夜1 […]
  • 東西南北2021年1月30日 東西南北  今日30日午後5時から、リオ市マラカナンでサッカーのリベルタドーレス杯の決勝戦、パルメイラス対サントス戦が行われる。この2チームはオールド・ファンにはおなじみの老舗中の老舗チームだ。1960年代のサントスにはペレが在籍し、黄金時代を築いたが、その時代はパルメイラスの黄金期でも […]
  • 《ブラジル》大学入試=コロナ禍の中で初日実施=棄権率は異例の50%超2021年1月19日 《ブラジル》大学入試=コロナ禍の中で初日実施=棄権率は異例の50%超  17日、大学入試や奨学生承認にも使われ、国内で最も重要な試験のひとつである、国家高等教育試験(ENEM)が行われた。当初の実施予定日から2カ月遅れで実施されたものの、コロナ禍の影響で試験そのものが差し止められたり、試験会場で入場を断られたりした人や、参加をとりやめる受 […]
  • 東西南北2020年11月19日 東西南北  ブラジルでスポーツといえば、ほとんどサッカーで埋まるのが常。だが18日付現地紙は、ブラジルが生んだ伝説のボクサー、エデル・ジョフレが1960年11月18日に世界バンタム級チャンピオンに輝いたことと、それから60年が経過したことを大きな記事で伝えた。ジョフレといえば日本でもおな […]