ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 先週、ブラジルの話題を独占したのはシコ・ロドリゲス上議だった。やはり、連邦警察が家宅捜索にふみこんだときに「パンツに賄賂と思しき大金を隠していた」という珍事は相当なインパクトがあった。そのため、ネット上では「これぞ、本当に汚い金」「警察は臭い金を“資金洗浄”しなければ」などと多様なジョークが生まれていた。とりわけ、ボルソナロ大統領が「わが政権には汚職がない」と言い切った1週間後に、上院の政府副リーダーがこの失態をさらしたことも絶妙なタイミングだった。さらに言うと、ロドリゲス上議が本拠地とするロライマ州ボア・ヴィスタは、ボルソナロ政権に対する支持率が66%と、全国で群を抜いて高い地域でもあったことも最近発表されたばかり。同上議は政府副リーダーを辞したが、最高裁は同上議の議席はく奪を審理中。同州都市民の心境やいかに。
     ◎
 先週話題を呼んだ人物といえば、サッカーの元代表(セレソン)のストライカー、ロビーニョもいる。彼はイタリアでの強姦容疑で告発された際の録音の内容が公になって社会的批判が高まり、サントスFCとの契約が破談となった。だが、その直後の取材で「自分は人種差別者、女性差別者だとしてマスコミに批判されるボルソナロ大統領のようだ」と被害者のように反論し、「ネイマールだって僕が無実だと支持してくれている」と語った。一連の発言によって、法的な意味の「強姦」の意味も知らないことが暴露されたるなど、「自己弁護」になっていないという声も。
     ◎
 サンパウロ市市長選の世論調査で、リードを狭められていることが先週末報じられたセルソ・ルソマノ氏。同氏は先週も、「路上生活者は風呂に入らないから、コロナに対しての抵抗力が強い」など、貧困層の有権者の機嫌を損ねそうな危うい言動を行っている。投票まで1カ月を切ったが、まだまだ選挙の行方はわからない。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年8月25日 東西南北  先週の後半から冷え込みの厳しいサンパウロ州。22日にはサンパウロ市セントロでは気温が8・3度まで下がり、路上生活者が遺体で発見との報道も。先週は南部州で雪が降り、「サンパウロ州でも雪が降るのでは?」と噂話をする人も。今週は日中の気温が20度を超えるとの予報が出ており、降雪はな […]
  • 東西南北2020年8月22日 東西南北  サンパウロ州でも19日頃から急に冷え込みが厳しくなった。南極から寒気団が北上しているためで、すでにブラジル南部では降雪を記録したところが何カ所もある。サンパウロ州でも今週末の冷え込みは厳しく、予報だと22日には最高気温が14度以上にあがらず、最低気温も8度前後になるとか。標高 […]
  • 東西南北2020年12月4日 東西南北  サンパウロ州検察局は1日、元サンパウロ市文化局長のアレッシャンドレ・ユセフ氏や飲料大手のアンベブ、観光公社のSPトゥリスなどを起訴した。これは、今年のサンパウロ市カーニバルの市内のブロッコ行進に関連した契約での不正を問題視したもの。起訴状では、路上カーニバルに関連した、飲料水 […]
  • 東西南北2020年11月28日 東西南北  29日は市長選の決選投票が行われる。サンパウロ市もコーヴァス氏が勝つか、追い上げるボウロス氏が逆転するかで、目が離せない展開となっている。だが、気になるのは投票場の状況だ。11月に入ってコロナの感染者や死者が再び増えているからだ。選挙高裁は、選挙人証の代わりとなり、投票圏外に […]
  • 東西南北2020年11月26日 東西南北  コロナウイルスの感染が再び拡大し、恐れられている今日この頃。25日付アゴラ紙によると、そうした状況にも関わらず、サンパウロ市内では夜間、バーやレストランでマスクもしないで人が密集している状況が見られるという。この現象は、10月10日に市がバーの営業を午後11時まで認めた頃から […]