ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 サンパウロ州検察局は1日、元サンパウロ市文化局長のアレッシャンドレ・ユセフ氏や飲料大手のアンベブ、観光公社のSPトゥリスなどを起訴した。これは、今年のサンパウロ市カーニバルの市内のブロッコ行進に関連した契約での不正を問題視したもの。起訴状では、路上カーニバルに関連した、飲料水、ステッカー、仮設トイレ、警備員などのサービス契約は、入札を経ずに不正に行われていたという。アンベブに関しては、ブロッコの期間中の広告の35%までを占め、広告展開の期間なども守っていなかったとか。不正はもちろん正して欲しいところだが、それでも開催されたことに羨望をおぼえる人も。というのも、本来なら2~3カ月後に実現していたはずのカーニバルが、来年は7月に・・・。
     ◎
 サンパウロ市東部のシダーデ・チラデンテス区の一部で、水道が使えない状況が起きている。報道によれば、11月28日以降、水道から水が出なくなっているという。州水道局(Sabesp)に問い合わせても、満足な返答が得られておらず、事態は解決していないという。Sabespによると、この地域に水を送るための電気システムが故障したために起こったことだというが、停電が起きたのは11月30日。一刻も早い原因解明と解決を求めたいところだ。
     ◎
 2日のサッカーのリベルタドーレス杯。パルメイラスは本拠地でのデルフィン戦を、3―1で快勝した前戦をさらに上回る5―0で圧勝。コロナ感染から戻ってきた18歳の新星ガブリエル・ベロンは、2点を決める大活躍を見せた。パルメイラスはこれで、サントスに次ぐブラジル勢2チーム目となる準々決勝進出を決めた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2021年1月16日 東西南北  サッカーのブラジル杯の決勝が、リベルタドーレス杯の関係上、日程が組めずに止まっている。問題は、どちらも決勝戦にパルメイラスが進んだことにある。1月30日のリ杯決勝でサントスが勝てば、ブ杯の決勝は2月11〜17日のいずれかになる。だが、パルメイラスが南米一になった場合は、2月に […]
  • 東西南北2020年12月17日 東西南北  サンパウロ州選挙地域裁は15日、大サンパウロ市圏エンブー・ダス・アルテスの市長選で再選したネイ・サントス氏(共和者・RP)と副候補のウゴ・プラード氏(民主運動・MDB)のシャッパの当選を無効にした。これは、労働者党(PT)などをはじめとする左派政党が起こした訴えを裁判所が認め […]
  • 東西南北2020年12月5日 東西南北  コロナの感染再拡大により、11月30日からはサンパウロ州内全域の規制レベルが黄レベル(5段階中の3番目)となった。クリスマスが近くなったこの時期、人混みを減らすのは簡単ではない。そんな中、サンパウロ市の地下鉄とCPTM、バスの混雑状況を教えてくれる便利なアプリができた。「Su […]
  • 東西南北2020年11月28日 東西南北  29日は市長選の決選投票が行われる。サンパウロ市もコーヴァス氏が勝つか、追い上げるボウロス氏が逆転するかで、目が離せない展開となっている。だが、気になるのは投票場の状況だ。11月に入ってコロナの感染者や死者が再び増えているからだ。選挙高裁は、選挙人証の代わりとなり、投票圏外に […]
  • 東西南北2020年11月14日 東西南北  明日15日はいよいよ統一地方選の投票日だ。投票所に人が群がることでコロナウイルスの感染を気にする人も少なくはないだろう。だが、選挙高裁はすでに「コロナ禍を恐れることは、国民の投票義務回避の理由にはならない」との見解を示している。選挙当日、発熱その他のコロナの兆候を示すものがあ […]