ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》国家衛生監督庁が妊婦への接種中止を要請=サンパウロ州など即時停止

《ブラジル》国家衛生監督庁が妊婦への接種中止を要請=サンパウロ州など即時停止

中止される前の5月10日、マナウス市で妊婦にコロナワクチンを接種する様子(Foto: João Viana / Semcom)

 国家衛生監督庁(Anvisa)が10日夜、持病のある妊婦へのオックスフォード・ワクチンの接種を即刻中止するよう要請する文書を発行、複数の州が一時停止を決めたと10、11日付現地サイトが報じた。
 同庁の要請はオックスフォード・ワクチンの使用説明書に従ったもので、国内で接種を受けた人に起きる副反応を詳細に観察する必要があるという。ファイザー社のワクチンは妊婦にも使用可能とされているが、超低温保管が必要なため、州都でしか使用できない。
 オックスフォード・ワクチンの使用説明書には妊婦への使用が記載されていない。説明書に明確な記載のない適用は「オフ・ラベル」と呼ばれ、個々の患者の状態を診た医師などの処方に従って使用する事が原則とされている。
 ブラジルでは妊婦が新型コロナに感染し、出産後に死亡したり、コロナ感染症が重症化したために帝王切開で子供を救ったが母親は亡くなったりする例が続いている。

 4月には、保健相が可能なら妊娠を見合わせるよう要請すると同時に、妊婦や産後45日以内の女性を優先接種の対象に加えた。妊婦への接種は5月開始の予定だった。
 一例はサンパウロ州で、18歳以上で慢性疾患を持つ妊婦や産後間もない女性約10万人への接種は11日からの予定だったが、Anvisaの要請を受け、州保健局が慢性疾患のある妊婦への接種停止を決めた。産後間もない女性への接種は予定通り行われている。妊婦への接種は保健省の指示を待って決める予定だ。
 同様の措置はリオ州やリオ・グランデ・ド・スル州、バイア州などでも採られている。州や市の接種停止措置は、保健省の方針が決まるまで継続される。

★2021年5月11日《サンパウロ州》新たな予防接種日程を発表=新型コロナとインフルエンザ

★2021年2月2日《ブラジル》アマゾナス変異株=若者の死亡例増加との指摘も=ワクチン接種翌日に高齢者死亡?=他州移転で全国に急拡大と警告

★2020年10月23日《英国》ブラジル人ワクチン治験者死亡で波紋=偽薬接種組と判明、続行

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》陽性66人でコパ・アメリカが感染イベントに?=セレソンはペルーに快勝2021年6月19日 《ブラジル》陽性66人でコパ・アメリカが感染イベントに?=セレソンはペルーに快勝  ブラジルで現在開催中のコパ・アメリカで、選手、関係者のコロナウイルス感染が続いている。その最中にブラジル代表(セレソン)は、ペルーを相手に4―0で快勝し、2連勝を飾った。17、18日付現地紙、サイトが報じている。  ブラジル保健省が17日付で発表したところによると、同大会に […]
  • 東西南北2021年6月19日 東西南北  先月29日に行われたボルソナロ大統領に対する全国的な抗議デモが記憶に新しい中、今日19日は2回目の大統領抗議デモが行われる。今回のデモには政治家も参加を検討していると報じられており、ルーラ元大統領の動向も注目されている。これまで報じられているところから察するに、ルーラ氏は「参 […]
  • さくら丸=久々に対面で同船者会開催=ワクチン接種終え、小規模に2021年6月17日 さくら丸=久々に対面で同船者会開催=ワクチン接種終え、小規模に  60代以上はワクチン接種を終え、これまで頑なに家族から対面で会うことを止められてきた人々も、各自の判断で旧交を温める動きが出始めている。そんな14日、1963年に初航海した移民船「さくら丸」の同船者らが互いに呼びかけ、猫塚司さん(78、岩手県出身)、中沢宏一さん(78 […]
  • 《記者コラム》地方のKaikanに込められた日系社会の魂2021年6月15日 《記者コラム》地方のKaikanに込められた日系社会の魂 「コロニア消滅論」を越えて  デカセギブームが始まった90年代から特に「コロニア(日系社会)空洞化論」「コロニアが消滅する」という悲観的な予測が何度も叫ばれ、本紙にも繰り返し掲載されてきた。そんなことを叫ぶ声すらも枯れてきたのが現状だ。  この18日(木)は、ブ […]
  • 《ブラジル》コパ・アメリカに会場提供拒否する州も=レナン上議「死の選手権」と批判2021年6月2日 《ブラジル》コパ・アメリカに会場提供拒否する州も=レナン上議「死の選手権」と批判  5月31日に急きょ、ブラジルで開催とアナウンスされたサッカーのコパ・アメリカに対し、一部の州が「自分たちの州では開催させない」と強く反発している。5月31日、6月1日付現地紙、サイトが報じている。  コパ・アメリカは通常、国内のいくつかの都市にまたがって開催されるが […]