ホーム | 日系社会ニュース

日系社会ニュース

《ブラジル》高知県人会青年部が挑戦=新企画「おきゃく」満員に=よさこいと箸拳で盛り上がる

会場を盛り上げた箸拳

 ブラジル高知県人会青年部(川上カミラ部長)が18日、サンパウロ市ピニェイロス区にある同県人会館で「高知のおきゃく」(土佐弁で宴会の意味)を初開催し、昼食時には満席になるなど盛況振りを見せた。会場では本場よさこいのワークショップや、高知県に伝わるお座敷遊び「箸拳」が行われ、来場者を盛り上げた。  会館のサロン入り口には、段ボール ...

続きを読む »

安部順二氏、下議に復帰=マルフ下議失効で繰り上げ

安部順二氏

 ロドリゴ・マイア下院議長(DEM)が19日、ブラジリアのパプーダ刑務所に昨年12月22日より収監されているパウロ・マルフ連邦下議(PP)の議席失効を発表し、PMDB―PROS―PP―PSDの連立名簿で補欠第1位の安部順二連邦下議(二世、77、PSD)を、その代理の下議として召集した。本紙の電話取材に対し、本人が明言した。  安 ...

続きを読む »

JH講演=歴史領土問題に初めて言及=「日本と東アジアの安全保障」=元大臣ら伯人有識者も参加

田中明彦氏

 在聖総領事館(野口泰総領事)は、日伯有識者による政策論議『日本と東アジアの安全保障 伯国にとって重要であるか?』を6日、ジャパン・ハウス内セミナールームで開催した。今講演では、国際政治学者の田中明彦氏(政策研究大学院大学学長、国際協力機構元理事長)を招聘。戦後、平和国家としての歩みを続けてきた日本を取り囲む、緊迫する東アジアの ...

続きを読む »

笑顔で声かけ、楽しい健康体操!=研修合宿に51人が参加

記念撮影の様子(提供写真)

 ブラジル健康表現体操協会(川添敏江会長)は、「2018年研修合宿」を先月27、28の両日、アルジャー・ニッポン・カントリークラブで行ない、1~5期生の計51人が参加した。  これは日本の健康音楽研究会本部から認定を受けた准指導員を対象に毎年行っているもの。30~80代までの幅広い年齢層の女性が参加し、笑い声の絶えない、賑やかな ...

続きを読む »

生長の家=立教大祭を3月4日に=「神、自然、人は本来一体」

シルヴィア・フォンテス広報担当、菊田恵美エリカ円環アシスタント、村上真理枝円環編集長

 生長の家ブラジル伝道本部(向芳夫理事長)は3月4日午前9時から、「生長の家立教89年記念日・生長の家総裁法燈継承記念式典」を同本部大講堂で開催する。  当日は、谷口雅宣総裁からのビデオ・メッセージがポ語字幕付きで上映されるほか、向理事長、西山文雄ラ米教化総長らの講演も行なわれる。今年のテーマは「神、自然、人間は本来一体である」 ...

続きを読む »

四世ビザ=「三世までと同じ条件に!」=訪日希望者の声を聞く=在留資格新制度原案に意見

お仕事ドットコムが公開したアンケート結果(出典:同社Facebookページ)

 【既報関連】日系四世に就労可能な日本での在留資格を与える新制度について、日本国法務省がパブリックコメント(意見公募)を先月23日に始めた。それと同時に新制度の原案が公開され、ポ語ニュースサイトなどが翻訳して広く知らせた。原案では日語能力の要求や在留期間、対象年齢、家族帯同に制限が設けられ、四世間に波紋が広がっている。四世ビザの ...

続きを読む »

オザスコ市=市制記念で日本週間を開催!=駅前広場で太鼓や盆踊りも

広場で披露された和太鼓

 19日に市制施行56年を迎えるオザスコ市。その祝賀行事として、市制記念日を跨いで3週間に及ぶ民族週間が予定されている。14日、オザスコ駅前広場からアントニオ・アグー大通りで、日本週間が催され、華々しく幕開けを飾った。  同市は、聖市の一区から独立し、1962年に誕生。人口およそ70万人を抱え、州内では6番目に人口の大きな都市だ ...

続きを読む »

伯国に牧水歌碑はあるのか=日系文学会まで連絡を!

 日本の歌人・小塩(おしお)卓也氏からブラジル日系文学会に「ブラジルに若山牧水の歌碑が存在するか?」との問合せがあった。もしも歌碑のありかを知っている人がいれば、同文学会(住所=Rua Vergueiro, 819, sala 2, CEP 01504-001)、もしくは中田みちよさん(電話=11・5084・7112)まで連絡を ...

続きを読む »

「政府の公式謝罪は重要」=パット・フー=高井フェルナンダ=アンシェッタ島収監の祖父を語る

取材に応じたフェルナンダ・タカイ

 聖州北東海岸部ウバツーバ市のアンシェッタ監獄島に1946年から3年間収監された日本移民を顕彰して昨年、9月23日が同市記念日に制定された「アンシェッタ島日本移民の日」――。それを受け、曽祖父、祖父が同島に収監されていた人気バンド「パット・フー」の歌手、高井フェルナンダさん(46、三世)が先月20日、本紙の取材に応じ、その想いを ...

続きを読む »

■ひとマチ点描■高井フェルナンダ=「もうひとつのルーツは日本にある」

ソロ公演の様子

 先月19から21日にかけて、DVD『Na Medida do Impossivel ― Ao vivo em Inhotim』の新発売を記念し、聖市のSESCピニェイロスでコンサートを開催したフェルナンダさん。ショーでは、赤い和傘が広げられた木を模したオブジェが飾られ、「私のもう一つのルーツは日本にある」と紹介するなど、舞台演 ...

続きを読む »