ホーム | コラム | 樹海 (ページ 20)

樹海

負けた時ほど慰めと励ましを

 リオ五輪での伯国は、12種目で金7、銀6、銅6という過去最高の結果を残した。だが、伯国五輪委員会は、バレーは頑張ったが、柔道や水泳は期待外れと評価した。五輪委員会は27~8個のメダルを望んでいたから、19個では不満だ▼棒高跳びのチアーゴ・ブラスが金を獲った翌日、あっけなく予選落ちしたファビアナ・ムレルは、チアーゴに国外での訓練 ...

続きを読む »

リオ五輪は「再生の時」

サッカー王国復活のけん引役となったネイマール(Foto: Ministério do Esporte)

 どうしてこうドラマチックなのか――ブラジルという国の動きの筋書きのことだ。国技サッカーが初金メダルを獲り〃王国〃復活の兆しを見せた五輪によって、国全体に「再生の時」という雰囲気を醸し出す気がする▼大会前は、無事に終わるのかという不安感と、不必要に莫大な資金を投じたことに強く疑問を感じていた国民が非常に多かった。でも素晴らしいス ...

続きを読む »

「国の春ファベラ育ちの金メダル」

コルコバードの丘のキリスト像が見守るリオの町(Foto: Pedro Kirilos/Riotur)

 《国の春ファベラ育ちの金メダル》―14日に聖市文協が主催した「全伯俳句大会」では、当日出される席題として「リオ五輪」と「春季一切」が出され、冒頭の様な句を詠んだ鈴木文子さんが1位になった。麻薬密売人がうようよするシダーデ・デ・デウス出身の乱暴者が、柔道との出会いによって「伯国の模範」に生まれ変わった。そんなラファエラ・シルバ選 ...

続きを読む »

眠られぬ夜はもうご免!

 「眠られぬ夜」という言葉に何を思うかは、皆違う。五輪新記録で優勝した棒高跳びのチアーゴは喜びで眠れなかっただろうが、17日未明の現金輸送会社襲撃事件で40分間銃声を聞いた人は恐怖で眠れなくなった▼結婚、遠足、優勝など、喜びや興奮で眠れない時はまだいい。だが、悲しみや恐怖で幾晩も眠れなかった人は「あんな悪夢は2度と見たくない」と ...

続きを読む »

「無縁仏が呼ぶ声が聞こえる」

「『ご苦労様でした』とお祈りする気持ちで掃除をしていました」という村崎さん

 「楽しかったですよ。僕の性分にぴったり合っていた」。20年間、イビラプエラ公園の開拓先没者慰霊碑清掃を欠かさず続けてきた村崎道徳さん(みちのり、85、二世)は、そうすがすがしい顔で言う。「通常は週に2回。日本から来賓が参拝する時などは、週に何度でも、その前に行って奇麗にする」。今年の3月に交代し、比嘉清さんに譲った。管理する県 ...

続きを読む »

ラファエラの金メダルは日本の勝利でもある

正座して応援団に感謝するラファエラ(Foto: Roberto Castro/Brasil2016)

 《黒人女性、貧困、リオ五輪初の金メダル、ブラジルの顔》―スペイン「エル・パイス」紙ポ語版10日付電子版はそう報じた。柔道家ラファエラ・シルヴァの金メダルは伯国のものだが、実は日本の〃勝利〃でもある。日本の日本人にも心から喜んでほしい▼彼女はリオ市郊外の巨大貧民街「シダーデ・デ・デウス(神の町、以後CD)」という皮肉な名を持つ場 ...

続きを読む »

加齢と共に考えるべき事

 このところ、加齢やその影響などについて考えさせられる出来事が続く▼会館の行事にいつも来ていた男性が姿を見せなくなり、久しぶりに来た時は体調がよくない事が即座に見てとれた。主人や近所の友人は、「足が弱くなった」などの理由で外に出たがらなくなった。高齢者ケアを手伝っていた時、カーペットは躓いて骨を折る原因になると聞いたし、エレベー ...

続きを読む »

リオ五輪開会式で顕彰された日本移民

日の丸をあしらった衣装で日本移民を演じる様子(Foto: Fernando Frazao/Agencia Brasil)

 実に美しい五輪開会式だった――あの光景を「世界の30億人がテレビ鑑賞、欧米メディアは絶賛した」と伯国メディアは自賛している。やはり、ブラジル人はフェスタ上手だと痛感する。インディオが自然と共存することを、上から垂らした光る綱を、美しく綾なす形で表現する場面など幻想的の一言だ▼さらに夜8時過ぎになんと日本移民を表す一団が表れたの ...

続きを読む »

今のブラジルを、東京五輪直前の日本に置き換えたら?

国会議事堂(By Wiiii (Own work), via Wikimedia Commons)

 「ブラジルの政治は、何が何だかよく分からない」。五輪取材に日本から特派された記者の多くは、そう首をかしげる。そこで現在のブラジルの状況を、ムリヤリに東京五輪時、4年後の日本に置き換えてみた。これは全て架空であり、どれほど今のブラジルが大変な状況かを理解してもらうための、単なる「たとえ話」だ▼アベノミクス好況の真っただ中、東京五 ...

続きを読む »

「原爆の日」目前に高まる戦争への足音

 今年も「原爆の日」が来る。広島は6日、長崎も9日に平和記念式典を開催する。今年は、4月にケリー米国務長官、5月にはオバマ米大統領が広島を訪問した記念すべき年で、核拡散や核兵器開発に反対する声は一段と高まるだろう▼だが、それに先立つ8月2日、安倍内閣の改造で、稲田朋美・自民党政調会長の防衛相起用と聞き、鳥肌がたった。同氏は「靖国 ...

続きを読む »