ホーム | 連載 | 2008年 | 百年の知恵=移民と「日本精神」=遠隔地ナショナリズム | 百年の知恵=移民と「日本精神」=遠隔地ナショナリズム=第20回 「生まれる」と「なる」=アイデンティティの選択

百年の知恵=移民と「日本精神」=遠隔地ナショナリズム=第20回 「生まれる」と「なる」=アイデンティティの選択

ニッケイ新聞 2008年8月20日付け

 日本の日本人にとって一般的に「日本人」であることは自明で、「日本人に生まれた」と運命的に感じているだろう。
 「日本人」であることは、性別などの属性と同様にアイデンティティの根幹を成している。「××社営業部長」「三重大卒」などのようにその時の努力で変わる肩書きよりも、より基底をなす要素と認識されている。
 でも、本当に「日本人」という境界はそんなに強固なものなのか。
 『大辞林』(第二版、三省堂)では、日本人とは「日本国籍をもつ者。日本国民」と定義している。『広辞苑』(第四版、岩波書店)ではやはり「日本国に国籍を有する人」としつつ、さらに「人類学的にはモンゴロイドに属し、皮膚は黄色、虹彩は黒褐色、毛髪は黒色で直毛。言語は日本語」と身体的、言語的な要件を付記している。
 つまり、日本人であるためには日本国籍をもち、日本語をしゃべって、日本人顔をしている必要がある。
 ところが、移民や日系人という国境を越えた視点からみると「日本人」「日系人」「外国人」の間には数限りない多様な人材がいる。
  ◎   ◎
 その最たる存在は先の参院選挙に立候補したアルベルト・フジモリ元ペルー大統領だろう。日本政府も公認する二重国籍者だ。
 人気歌手の宇多田ヒカルも微妙な存在だ。『ウィキペディア(Wikipedia)』によれば、「出生地がアメリカだったため、歌手デビュー後まで日本とアメリカの二重国籍であったと本人が発言している」とある。彼女を「日系二世」と表現する人はあまりいないが、帰国子女と二世の境界線もまたあいまいなところがある。本人の意志よりも、親の滞在資格に関係する場合が多い。
 一般的に親が進出企業に勤めていれば帰国子女となるが、駐在三十年という場合もあり、その間に生まれ、ブラジルで人格形成した子供のケースなどでは、自己認識次第で「事実上の二世」といっても差し支えない。
 逆に、移住期間が十年で帰国したとしても、ブラジルで生まれた子どもは、ブラジル籍を持つので二世と呼ばれる。デカセギブームにのってかなりの戦後移住者が永住帰国し、ブラジル籍を持つ子供を日本の公立校へやった。両親が日本人で、家の中では完全に日本語で育ち、頭の中は「事実上の日本人」であっても「二世」といわれる。
 また、両親が純血三世のデカセギ子弟の場合、日本で生まれ、日本の公立教育を受けて、見かけも頭の中も「事実上の日本人」に育ったブラジル籍の四世があちこちにいる。
 別のケースでは、日系二世の父が日本にいる間に日本人女性と結婚して生まれた二重国籍の娘の例もあった。彼女は日本で生まれ、小学校を終えた頃に両親にブラジルに連れてこられた。
 自分では「日本人」と認識しているが、両親は「あなたは日系三世」と言い聞かせている。本人次第でどちらにもなれるが、彼女は最終的に訪日して日本人と結婚し、明確に「日本人になる」ことを選んだ。
 このように、移民や日系人側から見た時、日本の日本人が思っているほど「日本人」という境界線は明確ではない。
 振り返れば戦前の移住地などでは日本人ばかりの中で生活し、二世たちは「日本人になる」「日本人として生きる」ことが当然であったし、逆もまた真で、コロニアから出て「ブラジル人になる」ことも意図的に行われてきた。
 移住者コミュニティにおいては「○○人に生まれるもの」ではなく、国籍よりも実体が優先され、「○○人になる」という考えが強かった。
(続く、深沢正雪記者)



百年の知恵=移民と「日本精神」=遠隔地ナショナリズム=第1回「日本人」という自覚=強かった村への帰属意識
百年の知恵=移民と「日本精神」=遠隔地ナショナリズム=第2回「ジャポネース」とは=最初から外向きに形成
百年の知恵=移民と「日本精神」=遠隔地ナショナリズム=第3回愛国補償心理と愛情確認=国民とは想像の政治共同体
百年の知恵=移民と「日本精神」=遠隔地ナショナリズム=第4回現実を超えた「想像」=勝ち負けの心理的背景
百年の知恵=移民と「日本精神」=遠隔地ナショナリズム=第5回「共同体」は極楽浄土=極限心理が求めた救い
百年の知恵=移民と「日本精神」=遠隔地ナショナリズム=第6回裏切られた自尊心=理解されない移民の心情
百年の知恵=移民と「日本精神」=遠隔地ナショナリズム=第7回作られるコロニア正史=「勝ち組=テロ」は本当か
百年の知恵=移民と「日本精神」=遠隔地ナショナリズム=第8回勝ち組民衆の声はいずこ=日本とは異なる戦争経
百年の知恵=移民と「日本精神」=遠隔地ナショナリズム=第9回七生報国説く2世軍人=純粋な日本民族解釈
百年の知恵=移民と「日本精神」=遠隔地ナショナリズム=第10回 エスニック「日系民族」=継承と統合の均衡へ
百年の知恵=移民と「日本精神」=遠隔地ナショナリズム=第11回 移民船という通過儀礼=NHKテレビ放送の衝撃
百年の知恵=移民と「日本精神」=遠隔地ナショナリズム=第12回 エスニックメディアNHK=通信の発達が創り出す「郷愁」
百年の知恵=移民と「日本精神」=遠隔地ナショナリズム=第13回 NHK視聴者は2世中心=新「共同体」の創造へ
百年の知恵=移民と「日本精神」=遠隔地ナショナリズム=第14回 日系の祖国は「日本」?=回帰する高齢2世層
百年の知恵=移民と「日本精神」=遠隔地ナショナリズム=第15回 ブラジル日本会議が発足=国境越えて想いを共有
百年の知恵=移民と「日本精神」=遠隔地ナショナリズム=第16回 デカセギで〃故郷〃喪失=「ブラジルの日本人」
百年の知恵=移民と「日本精神」=遠隔地ナショナリズム=第17回 ジャポネースと日本人=日本生まれの「ブラジル精神」
百年の知恵=移民と「日本精神」=遠隔地ナショナリズム=第18回 ジャポネースがサンバ=〃祖国〃で完結する同化
百年の知恵=移民と「日本精神」=遠隔地ナショナリズム=第19回 相対的に形成される認識=「二世、三世、ジャ・セイ!」

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 日本移民の日 特集=サッカーW杯とナショナリズム=ブラジルの歴史探訪=なぜ国技になったのか2010年6月26日 日本移民の日 特集=サッカーW杯とナショナリズム=ブラジルの歴史探訪=なぜ国技になったのか ニッケイ新聞 2010年6月26日付け  「ブラジル人はW杯の時だけ愛国者だが、ドイツ人はサッカーでしか愛国心を公にできない」という有名な言葉がある。これはサッカーとナショナリズム(国粋主義)の緊密な関係を端的に示した言葉だ。その意味で、日本の日本人はドイツ人に近いが、日 […]
  • 2009年2月3日 デカセギが初の大規模デモ=千5百人が名古屋で行進=雇用機会や教育支援求め=「私たちは移住者です」 ニッケイ新聞 2009年2月3日付け  【名古屋発=池田泰久通信員】昨年十月頃からの急速な景気悪化で職を失った外国人労働者のデモ集会が、二月一日正午、愛知県名古屋市の中心街で行われた。愛知や静岡、岐阜、三重県などに暮らすブラジル人やペルー人労働者ら約千五百人が参加、デカセ […]
  • エドアルド 質疑応答 (New!)2016年5月2日 エドアルド 質疑応答 (New!) サンパウロ市リベルダーデ街にあるニッケイ新聞編集部に3月4日(金)に来社してくれたエドアルドさんに、いろいろと突っ込んだ質問をしてみました。どんなことを聞いても、ちゃんと受け止めて、真剣に答えるエドアルドさんに、こっちがびっくり。日本語の達者ぐあいもさることながら、なかなかキモ […]
  • オーナーとキネイさん2014年5月21日 エクアドル=首都で増加する日系レストラン=日本食なのかペルー食か?!=リマ生まれ 三重県育ち キネイ料理長=味の原点はオバアの沖縄風  【エクアドル発=秋山郁美通信員】これは日本食か、はたまたペルー食なのか――。日本料理は世界中で流行しており、エクアドルでも例外ではない。在留邦人が少なく日本食材がなかなか手に入らない首都キト市内でも、ショッピングモールには必ずと言っていいほど、チェーン店NOEなどたくさん […]
  • 大耳小耳2014年4月16日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2014年4月16日  在ブラジル特命全権大使に就任した梅田邦夫さん。これまでの赴任歴を尋ねると、実は各国の大事件のオンパレードだ。ペルー赴任は公邸占拠事件の直後だったし、ニューヨークの国連代表部にいた時は9・11事件が勃発し、中国公使時代はチベット暴動や毒入り餃 […]