ホーム | コラム | 樹海 | リオから大統領が生まれないその理由は?

リオから大統領が生まれないその理由は?

16年11月逮捕時のカブラル元リオ州知事(Fernando Frazão/Agência Brasil)

16年11月逮捕時のカブラル元リオ州知事(Fernando Frazão/Agência Brasil)

 伯国の政界用語の中のひとつに「カフェ・コン・レイテ(コーヒーと牛乳)」という言葉がある。これは「カフェ」が聖州、「レイテ」がミナス・ジェライス州を、それぞれの特産品に喩えたものだ。これはつまり、「伯国の大統領は伝統的にこの2州の政治の長の持ち回り」ということを意味する▼実際問題、共和国になった1889年から1920年代まではそれが習慣化しており、その名残か、現在もこの2州の政治家は国政での影響力も強い印象を与えがちだ▼だがコラム子は長年、これをすごく不思議な現象としてとらえていた。「なぜ、リオ州ではないのか」と▼リオ州といえば聖州に次ぐ国内2番手の州であり、世界的な観光地で、さらに言えばブラジリアに遷都する前、首都だったのはリオ市だ。そんな重要な地を差し置いて、なぜミナスと聖州の2つなのか。その理由が長年わからなかった▼それが証拠に、実は伯国の歴史上において、国民の選挙によって選ばれたカリオカ(リオ州民)の大統領は、なんとこれまで一人として輩出されていないという驚くべき事実まである。過去に大統領になったカリオカは2人いて、第7代のニロ・ペサーニャ氏(1909~10年)、第30代のジョアン・フィゲイレード氏(1979~85年)がそれにあたるが、前者は先代大統領の死で副から昇格、後者は軍事政権期に議員の間接選挙で選ばれたに過ぎない(厳密に言えば5代前のコーロル氏や3代前のカルドーゾ氏も生まれはリオだが、選挙地盤は異なる)▼「なぜカリオカはここまで国政に弱いのか」。コラム子も長年このように考えていたが、最近になって、ようやくその答がわかりつつある。いや、むしろ、「これではとても国政まではまかせられない」とさえ思いはじめるようになった▼現在のリオでは、3人の元州知事、3人の元州議会議長、5人の会計調査院判事という、州政府を司る中核の人たちが続々逮捕された。さらに、彼らの時代に横行していた収賄の応酬で州の財政はズタズタだ▼とりわけ醜態をさらしているのがセルジオ・カブラル元州知事(2007~14年)だ。同氏の在任中はサッカーのW杯やリオ五輪の開催が決まった頃で、そのバブル的な余波で浮かれ上がり、収賄し放題。現在、16の裁判の被告となっている同氏の収賄総額は発覚しただけで3億8600万レアル。この額は、今年8月に「サッカー史上最大の最高額」と言われた、ネイマールのPSGへの移籍金3億7700万レアルをも上回っているありさまだ▼また、州政府以外にも、リオ選出だった前下院議長のエドゥアルド・クーニャ氏は、ラヴァ・ジャット作戦で最も目をつけられた政治家であり、ジウマ大統領を自身の政治手腕で罷免に追い込みつつ、自身も収賄の連続で議員罷免に遭い、今や獄中生活を送っている▼そういえば、現在大統領選の世論調査で2位の極右候補ジャイール・ボウソナロ下議もリオ政界が拠点だ。同氏は果たして「リオ地盤の大統領が生まれない」ジンクスを破ることができるか? (陽)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ざっくばらんに行こう!=ブラジル社会面座談会=ムリやり先読み!=政治リアリティショー=「首都スキャンダル劇場」2017年1月1日 ざっくばらんに行こう!=ブラジル社会面座談会=ムリやり先読み!=政治リアリティショー=「首都スキャンダル劇場」 リオ五輪後の〃大掃除〃 【深沢】さあ、久しぶりに『ざっくばらんに行こう』座談会です。 […]
  • 東西南北2016年8月10日 東西南北  今日10時、リオ五輪の男子サッカーの対デンマーク戦が行われる。この試合の結果次第で、五輪代表は予選落ちとなってしまう重要な一戦だ。奮わない代表の調子もきになるのだが、それと同様に応援する側の態度も気にかかる。「マルタに引き換え、ネイマールは…」とか「以前の世代に比べて最近は… […]
  • セレソンへのシニカルな見方はいつ終わる?2018年5月18日 セレソンへのシニカルな見方はいつ終わる?  14日、W杯サッカーがちょうど1カ月前を迎えた時点で、セレソンが出場23選手を発表した。ただ、盛り上がりには欠けている▼それはなぜか。「前回の大会でドイツに屈辱の1―7の大敗を喫したことで、国民からの信用が薄れているから」。それもある。「出場しても、またみじめな敗戦を […]
  • リオ五輪は「再生の時」2016年8月23日 リオ五輪は「再生の時」  どうしてこうドラマチックなのか――ブラジルという国の動きの筋書きのことだ。国技サッカーが初金メダルを獲り〃王国〃復活の兆しを見せた五輪によって、国全体に「再生の時」という雰囲気を醸し出す気がする▼大会前は、無事に終わるのかという不安感と、不必要に莫大な資金を投じたことに強く疑 […]
  • ブラジル社会面座談会=ざっくばらんに行こう!=大統領選挙の勝敗を占う=独断と偏見でズバリ!勝者はだれか=サッカーW杯との深い関係?2017年12月29日 ブラジル社会面座談会=ざっくばらんに行こう!=大統領選挙の勝敗を占う=独断と偏見でズバリ!勝者はだれか=サッカーW杯との深い関係?  2018年は大統領選挙の年――。独断と偏見による激論で、ブラジル社会翻訳面記者と編集長が紙上座談会でズバリ勝敗を占った。ラヴァ・ジャット作戦が進展する中で、2015年末にはジウマ大統領の罷免審議がエドゥアルド・クーニャ下院議長(当時)によって始められ、2016年8月には罷免が […]