ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 サッカーのサンパウロ州選手権は11日の第12節をもってグループ・リーグを終了した。その結果、コリンチャンス、サンパウロ、パルメイラス、サントスのサンパウロ州4強は、A、B、C、D各々のグループをいずれもトップで通過し、決勝トーナメントに進出した。まだ日程、会場などは決まっていないが、準々決勝はA、B、C、Dそれぞれの1位と2位チームの間で行われる。毎年、ルールがコロコロ変わることで知られる同選手権だが、今年は準々決勝、準決勝、決勝、いずれも2回戦制で行われる。通常でも全国選手権に比べれば影が薄いこの大会、今年はW杯もあるのでなおさらだが、優勝に向けてがんばってほしい。
     ◎
 11日夜、サンパウロ大都市圏グアルーリョスで、無免許の21歳男性が車を暴走させ、4人をひいた上に、バス停に衝突する事故があった。男性は呼気中アルコール濃度の規定を大幅に超える泥酔ぶりで、ファンキのイベントの帰りだったという。ひかれた4人の内2人は12歳以下の子どもで、67歳の男性は、車の下敷きになった上に数メートル引きずられた状態となり、重症を負った。事故以前に、どうやって車のカギが男性に渡されたのかも問題視すべきだ。
     ◎
 9日、午前5時30分から11時30分にかけて、CPTM8号線がエネルギー系統の故障により、全面不通となる事態となった。このため、電車内やプラットフォームにいた人たちが線路内に入り込み、目的地まで線路を歩いて行くなどの混乱が生じた。決して珍しい光景ではないが、起こるたびに恥ずかしさの残る類の事故だ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2014年1月21日 東西南北 ニッケイ新聞 2014年1月21日  本紙でも連日報じている、ショッピングでの不法ファンキ・イベント「ロレジーニョ」に関連した被害が先週末、サンパウロ市、そしてリオの高級ショッピングに及んだ。サンパウロ市西部のショッピングJKイグアテミは18日、ロレジーニョ開催を求めて抗議す […]
  • 2019年ブラジルサッカー10の教訓=地元紙が鋭い考察=攻撃的スタイル、外国人監督がキーワード2019年12月27日 2019年ブラジルサッカー10の教訓=地元紙が鋭い考察=攻撃的スタイル、外国人監督がキーワード  21日のクラブW杯決勝でフラメンゴがリバプールに敗れ準優勝に終わったことで、1月に始まり12月に至った2019年ブラジルサッカーシーズンが終了した。  フラメンゴが席巻したと言っても過言ではない今期を振り返って、ブラジル紙が「2019年ブラジルサッカー界が得た10の […]
  • 《南米サッカー》2022年カタールW杯の予選対戦順が決定=リベルタ杯の組み分けも決まる2019年12月19日 《南米サッカー》2022年カタールW杯の予選対戦順が決定=リベルタ杯の組み分けも決まる  来年3月から始まるカタールW杯南米地区予選の対戦順と、クラブチーム南米王者の座を争う、来年のリベルタドーレス杯の組み合わせの抽選が17日に行われた。  2022年にカタールで行われるW杯の南米出場枠は4・5で、南米サッカー連盟加盟10カ国がホーム・アンド・アウェー方 […]
  • 東西南北2019年3月26日 東西南北  サンパウロ州保安局の最新データによると、乗り物を利用していた際の性犯罪が急増しているという。2018年と2017年では共に241件と動きはなかったが、2008年の66件と比べると、約3・6倍となっている。昨年の場合、最も多かったのが「痴漢」の132件で、51件が強姦行為、38 […]
  • 《ブラジルサッカー》サンパウロFC、フラメンゴが補強面でリード=パルメイラスなども着々と2019年1月9日 《ブラジルサッカー》サンパウロFC、フラメンゴが補強面でリード=パルメイラスなども着々と  現在のブラジルサッカー界は、まだシーズンオフだ。だが、各州の選手権やリベルタドーレス杯が本格化しはじめるまでのこの束の間の間こそが、フロントにとっては最も忙しい時期となる。向こう1年間の戦力補強のための貴重な時期だからだ。ここでは、ブラジルリーグで目立つ補強についてみていく。 […]