ホーム | ブラジル国内ニュース | ペレの次に偉大な選手は?=ロナウド、ジーコの順=ネイマールはようやく7位

ペレの次に偉大な選手は?=ロナウド、ジーコの順=ネイマールはようやく7位

ロナウド(ウィキペディアより)

ロナウド(ウィキペディアより)

 「ペレの次に偉大なブラジルの選手は?」。これは、ブラジル国内のサッカーファンの間でよく起こる議論だが、いままでは定番といえる見解はなかった。
 そんななか13日、現地サッカー専門誌「プラカー」がその答を勝手に「ネイマール」としてしまったために物議をかもし、「そんなはずはない。サッカー・ファンの国民ともっと議論すべきだ」という意見が沸き起こった。
 様々な議論がSNSを通じて個人や媒体、両方のレベルで行なわれた。その中で一番注目度の高かったブラジルの大手サイト、UOLが行なったアンケートの結果を紹介しよう。
 それによると、以下の通り。
【1位】ロナウド(36・62%)
【2位】ジーコ(21・17%)
【3位】ロマーリオ(11・18%)
【4位】ロナウジーニョ(10・98%)
【5位】マルコス(3・12%)
【6位】リヴェリーノ(3・02%)
【7位】ネイマール(2・94%)
【8位】ロジェリオ・セニ(2・30%)
【9位】アドリアーノ(2・28%)
【10位】ソクラテス(1・94%)
 この結果を見ると、ブラジル人にはやはり、70年、94年、02年のW杯を制覇したメンバーの人気が高く、さらにジーコやソクラテスのような「82年W杯黄金カルテット」といった“伝説 ”として語られる存在を好む傾向がある。
 1位のロナウドは他の投票でも1位が目立っており、かなりの人気ぶり。彼の場合、世界最優秀選手のバロンドールにも3度輝いており、ペレ同様に10代で頭角を表した神童でもあったことから、「ペレの次」の座は今のところ一番強く支持されている。
 ジーコ(フラメンゴ)、リヴェリーノ、ソクラテス(コリンチャンス)、マルコス(パルメイラス)、ロジェリオ・セニ(サンパウロ)など、国内人気強豪チームの伝説として愛され続けている選手が入っているところにも、ブラジル人サッカー・ファンの国内クラブへの忠誠的な愛情ぶりが垣間見れるのも興味深い。
 ネイマールがこの先、「ペレの次の最高プレーヤー」とブラジルのサッカー・ファンから認められるためには、少なくともクリスチアーノ・ロナウドとメッシを超えるプレーヤーとして現在の世界一になるか、W杯で優勝するかのどちらかを達成する以外にはなさそうだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ