ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジルサッカー》首位フラメンゴ8連勝、2位パルメイラスは5連勝=優勝はほぼ2チームの争いに

《ブラジルサッカー》首位フラメンゴ8連勝、2位パルメイラスは5連勝=優勝はほぼ2チームの争いに

インテルを降したフラメンゴは、連勝記録を8に伸ばした(Ricardo Duarte/Internacional)

 サッカーブラジル全国選手権1部リーグ第21節、全10試合の内、8試合が25、26日に開催された。
 25日はマラカナン・スタジアムで、首位フラメンゴと4位インテルの一戦が行われ、フラメンゴが3対1で快勝。リーグ戦連勝記録を8に伸ばした。また、ブラジル代表にも選ばれ、リーグ戦の得点王争いでトップを快走するフラメンゴのFWガビゴルも、前半早々に自ら突破しようとして倒されたことで得たPKを決め、7試合連続ゴールを達成した。
 インテルも2人の退場者を出しながら、一度は同点に追いついたが、ウルグアイ代表MFアラスカエタと、ブラジル代表FWブルーノ・エンリケが1点ずつ加えたフラメンゴが振り切った。
 2位のパルメイラスもホームのCSA戦で6対2と大勝し、これで5連勝。フラメンゴとの勝ち点差3を死守した。
 1位、2位が勝ったため、差を広げられないためにも勝たなくてはならなかった3位のサントスは、フルミネンセに引き分け、6位サンパウロもゴイアスに負けた。両者共、首位フラメンゴとの勝ち点差が10以上になり、逆転は厳しくなった。
 超大物のダニ・アウベスを獲得するも、なかなか調子の上がらないサンパウロは、ゴイアス戦限りでクーカ監督を解任した。
 また、25日、26日にスルアメリカーナ杯の準決勝を戦ったコリンチャンスと、アトレチコ・ミネイロは週末に第22節の試合を戦った後、21節の順延分を10月2日に消化する。(26、27日付グローボ・エスポルテなどより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2021年4月27日 東西南北  22年の大統領選への出馬が有力と見られているテレビ司会者のルシアノ・フッキ。彼の大統領選出馬に関しては2014年の選挙時から噂があり、「3度目の正直」ということで、今回は本当に出馬するのではないかと見られている。だが、その矢先に「グローボ局と2025年まで契約延長」との報道も […]
  • 東西南北2020年8月26日 東西南北  25日午前、ツイッター上では「マジュ・メンチローザ」のハッシュタグが大量に上がった。それは、グローボ局の昼ニュース「ジョルナル・オージ」で「ブラジルで11万7千人が亡くなっているときにボルソナロ大統領は『コロナに勝ったブラジル』というイベントに参加していた」と報じたことをボル […]
  • 《女子サッカー》ブラジル代表=3月の親善試合に向けたメンバー23人を発表=ベテランのマルタ、フォルミーガも選出2020年2月19日 《女子サッカー》ブラジル代表=3月の親善試合に向けたメンバー23人を発表=ベテランのマルタ、フォルミーガも選出  五輪の女子サッカーで輝かしい成績をおさめた経歴を持つスウェーデン人のスンドハーゲ氏が、3月2日から12日までフランスで行われる親善大会に挑むブラジル女子代表メンバー23人を発表した。  ブラジル女子代表は7月22日に開幕する東京五輪を今年の最大目標としている。   […]
  • 【2020年新年号】東京五輪の男子サッカー優勝国を本紙記者が予想=期待集まる前回金メダルのブラジル=豊作の日本代表が大健闘も?!2020年1月2日 【2020年新年号】東京五輪の男子サッカー優勝国を本紙記者が予想=期待集まる前回金メダルのブラジル=豊作の日本代表が大健闘も?!  2020年の夏季五輪は56年ぶりの東京開催となる。様々な競技への興味がつきないが、ブラジルとしてはやはりサッカーを欠かすわけにはいかない。そこで、本紙きってのサッカーファン、井戸規光生記者と沢田太陽記者が今回もサッカー対談を行い、前回リオ大会で待望の金メダルを獲得した […]
  • 《南米サッカー》2022年カタールW杯の予選対戦順が決定=リベルタ杯の組み分けも決まる2019年12月19日 《南米サッカー》2022年カタールW杯の予選対戦順が決定=リベルタ杯の組み分けも決まる  来年3月から始まるカタールW杯南米地区予選の対戦順と、クラブチーム南米王者の座を争う、来年のリベルタドーレス杯の組み合わせの抽選が17日に行われた。  2022年にカタールで行われるW杯の南米出場枠は4・5で、南米サッカー連盟加盟10カ国がホーム・アンド・アウェー方 […]