2021年2月23日の記事一覧

《ブラジル》GDPの予想成長率下がる=3・43%から3・29%に

中央銀行(Marcello Casal Jr./Agencia Brasil)  中央銀行が行う経済動向調査「フォーラム」の最新版によると、今年の国内総生産(GDP)の予想成長率は、3・43%から3・29%に下方調整された。 ※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 → ログイン.  会員登録はお済みですか? 会員につ ...

続きを読む »

《ブラジル》下院でもシルヴェイラ下議勾留延長を正式決定=全体の3分の2超える賛成票=本人の謝罪も効果なく

19日の下院審議(Twitter)  【既報関連】最高裁への侮辱行為と軍政令第5号(AI5)を支持する発言で16日に現行犯逮捕されたダニエル・シルヴェイラ下議(社会自由党・PSL)。その勾留延長を問う審議が19日の下院で行われ、364対130の圧倒的な大差で勾留延長が決まった。この結果は、ボルソナロ大統領支持者が唱える極右的な言 ...

続きを読む »

《ブラジル》経済減速はコロナが原因=社会隔離の程度と相関なし=米国の大学との共同研究で判明

社会隔離の程度と経済減速は相関なしと報じる19日付G1サイトの記事の一部  サンパウロ州立カンピーナス大学(ウニカンピ)と米国のテキサス大学が行った調査により、社会隔離の厳しさと市の経済状態悪化には相関関係はなく、隔離基準が厳しいと経済が落ち込む訳ではない事が分かったと19日G1サイトなどが報じた。 ※このコンテンツを閲覧するに ...

続きを読む »

《ブラジル》コロナ禍=後遺症に苦しむ重症患者=4割再入院、4分の1死亡

 国内の八つの医療機関(病院や研究所)が行っている回復後の患者の追跡調査によると、人工呼吸器を使う必要が生じた重症患者の4割は退院後半年以内に再入院しており、死亡例は4分の1に達していると21日付フォーリャ紙などが報じた。  人工呼吸器が不要だった患者の半年以内の再入院率は17%、死者は2%。それに比較すると重症化すると、退院後 ...

続きを読む »

《ブラジル》大統領がペトロブラス総裁解任=市場猛反発で株価20%大暴落

 ボルソナロ大統領は19日、ペトロブラスのカステロ・ブランコ総裁を突如更迭し、陸軍大将(予備役)のジョアキン・シウヴァ・エ・ルナ氏を指名した。ブラジル最大の企業である同石油公社の運営方針に、政府が一方的に介入する形で行われたこの交代劇は、ペトロブラス内部だけでなく、国際市場も強い反発を示すほどの大きな波紋を呼んでいる。19~22 ...

続きを読む »

《ブラジル》ミナス州=大雨で子供含む6人が死亡=州中央のサンタマリア・デ・イタビラ市で

上空から見た被災地(Corpo de Bombeiros Militar de Minas Gerais)  ミナス州ベロ・オリゾンテ市から約150キロのサンタマリア・デ・イタビラ市が21日未明に集中豪雨に見舞われ、ジラウ川の氾濫による洪水や土砂崩れが発生。22日午後までに子供を含む6人を遺体で発見と21、22日付現地サイトが報 ...

続きを読む »

《サンパウロ市》性転換女性が一酸化中毒死=豊胸手術回復中の火事の後

 17日、サンパウロ市中央部の病院で火災が起き、女性に性転換(mulher trans)した後に豊胸手術を受けて入院していた患者が、一酸化炭素中毒を起こして救助されたが、22日午前中に市西部のクリニカス病院で死亡した。22日付伯字サイトが報じている。  ロレーナ・ムニスさん(25)は17日、術後回復中の病院で火災に遭った。この火 ...

続きを読む »

東西南北

 21日のサッカー全国選手権、今季の天王山となったフラメンゴ対インテルナシオナル戦はフラメンゴが2―1で逆転勝利。インテルの優勝を阻止しただけでなく、順位も逆転して首位に立った。残るは25日に行われる最終戦のみ。この試合でフラメンゴが対戦相手のサンパウロに勝てば優勝する。サンパウロの伝説的ゴールキーパーであるロジェリオ・セニが監 ...

続きを読む »

《記者コラム》ワクチン接種完了に4年かかる?!=高所得国で打たない分回して=世界で圧倒的に不平等な配分

保健相「年末までに全国民に接種する」 【無料朝刊サービス登録】PDF版へのリンクに加え、毎日の新しい記事の見出しだけを、本文ページへのリンクをつけてメールで無料配信しています。メールアドレスを書き込み、「申し込み」ボタンを押すだけです。メールチェックのついでに気になる記事をクリック!  バズエロ保健相は上院の公聴会で11日、「ワ ...

続きを読む »

石川直樹写真展=JH展示を初めて巡回=パラナ州クリチバMONで

事前鑑賞会に参加した皆さん(左からナターシャ・バルザギ・ギネン今展示キュレーター、クルッグJH館長、オスカー・ニーマイヤー美術館のジュリアナ・ヴォスニカ館長、高木昌弘在クリチバ日本国総領事、ルシアナ・サイトウ・マッサ・パラナ州知事夫人、ルシアナ・カザグランデ・ペレイラ・パラナ州文化総括、兵庫県ブラジル事務所の山下亮顧問、パラナ日伯商工会議所青年部の原ブルナ渉内部長)

 サンパウロ市のジャパンハウス(JH、エリック・アレシャンドレ・クルッグ館長)で1月29日まで公開された石川直樹『ジャポネシア(JAPONESIA)』展が、初の試みとしてパラナ州クリチバ市のオスカー・ニーマイヤー美術館(MON)でも一般公開されている。2月11日から4月11日まで。  石川氏は現代の日本写真界を代表する写真家の一 ...

続きを読む »