ホーム | 2021 | 2月

2月 2021の記事一覧

《ブラジル》1・3トンの大麻を押収=車両検査に同伴の犬大手柄

荷台の奥の偽装された壁とその奥に隠されていた大麻(Policia Militar/Duvulgacao)  ブラジル中西部のマット・グロッソ・ド・スル州の州道40号線で24日、犬のお手柄でトラックの車体に隠された大麻1・3トンが押収されるという事件があった。 このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い ログイン. あ ...

続きを読む »

《ブラジル》過剰議員保護に批判強まる=「免罪PEC」審議に遅れ=下院内でも意見が割れる

25日の下院(Maryanna Oliveira)  ダニエル・シルヴェイラ下議が現行犯逮捕された直後から下院では、議員現行犯逮捕を難しくするための憲法補足法案(PEC)を成立させる動きが加速していることに批判が高まり、一部では「免罪PEC(PEC da Impunidade)」と揶揄されている。また、ボルソナロ大統領長男フラヴ ...

続きを読む »

《ブラジル》昨年7月のピーク時より悪化=7日間平均死者数が過去最多=この期に及んでマスク否定する大統領

 昨年2月26日の新型コロナの初感染者確認から丸1年。この24日には死者数が25万人の大台を超え、7日間の平均死者数が過去最多を記録して昨年のピーク時よりも明らかに酷い記録を更新中の25日、ボルソナロ大統領は今更ながらにマスク着用に否定的な発言を定例ライブで語り、メディアから総反発を食らっている。  大統領いわく、子供がマスクを ...

続きを読む »

《ブラジル》サッカー全国選手権 フラメンゴが2年連続V=判定に泣いた2位インテル

 25日、サッカーの全国選手権の最終節が行われ、フラメンゴが2年連続7回目の優勝を飾った。26日付現地紙が報じている。  この日は同選手権最終節のため、例年通り、全10試合が同時刻に一斉スタート。21時30分にキックオフした。  優勝がかかっていた首位フラメンゴはこの日、サンパウロ市モルンビ・スタジアムでサンパウロと対戦。前半か ...

続きを読む »

《ブラジル》失業率が13・9%に低下=年間平均では統計史上最悪

 地理統計院(IBGE)が26日、20年第4四半期の失業率は13・9%で第3四半期の14・6%より低下したが、年間平均は13・5%で、12年の統計開始以降で最悪だったと発表したと同日付現地サイトが報じた。 このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い ログイン. あなたは会員ですか ? 会員について

続きを読む »

《ブラジル》大サンパウロ市都市圏で再び外出規制強化=計6地区でレベル降格

 26日、サンパウロ州政府のコロナ対策である「プラノSP」で外出規制の見直しが行われ、大サンパウロ市圏を含む4地区がオレンジ・レベル(下から2番目)に降格した。26日付現地サイトが報じている。  プラノSPは24日にも、26日から3月14日まで、州内全域で23時から翌朝5時の外出禁止と定めたが、その2日後にさらに外出自粛規制を強 ...

続きを読む »

東西南北

 サンパウロ市で3月1日からの予定となっていた、80~84歳を対象としたコロナワクチンの接種が2月27日から行われることになった。ただし、接種を早めて行うのはパカエンブー・スタジアムをはじめとする、市内5カ所に設けられたドライブスルー接種会場のみで、ほかの保健機関では3月1日からとなる。サンパウロ市では、90歳以上、85~89歳 ...

続きを読む »

特別寄稿=徒然の記―脳と心=コロナ禍時代の不安と悲しみ=聖市在住 上原武夫

芯からの愛の心 【無料朝刊サービス登録】PDF版へのリンクに加え、毎日の新しい記事の見出しだけを、本文ページへのリンクをつけてメールで無料配信しています。メールアドレスを書き込み、「申し込み」ボタンを押すだけです。メールチェックのついでに気になる記事をクリック!  人間誰にも脳と心がある。真心、見せ掛けの心、欲心、悪心、様々な心 ...

続きを読む »

援協=リ医療センターで会員約半額に=3月から価格表1を特別適用=60歳以上や県人会会員も

非会員と会員の値段の違い

 サンパウロ日伯援護協会(援協、税田清七会長)は1月28日9時半にリベルダーデ区の本部5階で「一月定例会議」を開催し、3月から会員にも「価格表1」を適用することを決め、リベルダーデ医療センターでの対応に限って診察料や検査代を半額程度で対応することになった。検査によって料金は異なるが平均半額になるという。各県人会の会員も、会長の署 ...

続きを読む »

在マナウス総領事館=高評価で特別に1千万円超=草の根無償資金協力の署名式

署名式の様子。ソコーロ・バーロ会長と関口ひとみ総領事

在マナウス日本国総領事館(関口ひとみ総領事)は2月11日、対ブラジル草の根・人間の安全保障無償資金協力による「電気設備刷新・太陽 光発電システム整備計画」の贈与契約署名式を、マナウス障害者を支える親と友の会(APAEマナウス、ソコーロ・バーロ会長)と行った。  マナウス市内にある同会の電気設備を刷新し、太陽光・発電システムを整備 ...

続きを読む »