2021年2月4日の記事一覧

《ブラジル》オックスフォードも最新結果は良好=「高齢者治験なく不安」説ある中=コロナバック依存は回避へ=大統領推すロシア製も高効用

オックスフォード・ワクチンの接種光景(Governo de Sao Paulo)  ドイツなどで効用が疑問視されて問題となった、ブラジルでも緊急使用している新型コロナ用の「オックスフォード・ワクチン」の最新の治験結果が発表され、最初の接種後22〜90日間で76%の効用が認められたと発表された。ボルソナロ大統領が自身推奨のワクチン ...

続きを読む »

《ブラジル》アマゾナス州死亡率、世界最悪の2千人/100万人に=1月の死者は12月の7倍強=近隣州も医療崩壊中か直前に

 感染力が強い変異株ウイルス出現などで、新型コロナの感染や再感染が急速に広がり、医療崩壊を起こしたアマゾナス州では、死亡率が上昇の一途で100万人あたり2千人超となった。  2日現在のアマゾナス州の感染者は27万1177人で感染率は100万人あたり6万5429人、死者は8414人で死亡率は100万人あたり2030人。  死亡率が ...

続きを読む »

《ブラジル》問題下議が下院最重要ポストに就任?=虚報問題で捜査受ける最中に

キシス下議(Camara)  現在行われている下院の役職人事で、憲政委員会(CCJ)の委員長にビア・キシス下議(社会自由党・PSL)が有力視されていることが明らかとなり、物議を醸している。同下議は熱心なボルソナロ支持派として知られ、フェイクニュース捜査の対象にもなっている。3日付現地紙、サイトが報じている。 ※このコンテンツを閲 ...

続きを読む »

《サンパウロ州》土日祝日の商業活動可能に=飲食店関係者の強い抗議受け

 サンパウロ州は3日、コロナウイルスの外出自粛規制のうち、土日に禁止していた商業活動を許可した。背景にはバーやレストランの関係者による連日のデモがあった。3日付現地サイトが報じている。  サンパウロ州では1月25日より、同州全域で平日の午後8時から翌朝6時まで、土日、祝日を外出自粛規制で最低の赤レベルに認定し、必要不可欠なもの以 ...

続きを読む »

スペインでも入国禁止措置=変異株発見のブラジルと南ア対象

 スペイン政府が2日、感染力がより強い変異株ウイルスの存在が確認されたブラジルと南アフリカ両国からの旅行客(経由も含む)の入国を禁止すると発表したと、同日付ブラジル国内サイトが報じた。  入国禁止措置は3日から発効し、最低2週間適用される。ただし、スペイン国籍を持っている人や、欧州諸国での居住権が認められている人は対象外となる。 ...

続きを読む »

東西南北

 サンパウロ州政府が「コロナワクチンの州の接種予定に関し、フェイクニュースに注意を」と呼びかけている。それによると、ワッツアップなどを通じて「75歳以上の高齢者の接種が8日からはじまる」とか「28歳より下の接種の開始は7月1日以降」などの怪情報が流れているという。正しくは、90歳以上の高齢者は8日から、15日からは85〜89歳の ...

続きを読む »

日本語センター=第33期教師養成講座閉講式=「ぜひOB会を」との提案も

オンライン修了式の様子

 「これからも若い方の力を貸してください」――「第33期教師養成講座」閉講式の挨拶で、ブラジル日本語センターの日下野良武理事長は、これから日本語教師の道を歩み始める受講生達にそう期待する言葉を贈った。同センターは1月19日11時45分から閉講式を開催。受講した12人がオンライン上で修了証を授与された。 【無料朝刊サービス登録】P ...

続きを読む »

ブラジル中央協会=外務省中南米局長が講演=「最新のブラジル情勢」12日

 日本ブラジル中央協会(大前孝雄会長、東京都所在)は、12日10時30分~12時(日本時間)に「最新のブラジル情勢と日本・ブラジル間の最近の状況について」を会議アプリズーム上で開催する。  本イベントは、外務省中南米局長の林禎二(ていじ)氏が講師を勤め、最新のブラジルや日伯間の動向を90分に亘って解説する。  例えば、茂木敏充外 ...

続きを読む »

JICA=海外移住懸賞論文の講演会=らぷらた報知と在亜沖連設立

講演会チラシ

 JICA海外移住資料館(横浜所在)は、昨年募集した第1回JICA海外移住懸賞論文で優秀賞を受賞した月野楓子氏の講演会「『らぷらた報知』の創刊と「在亜沖縄県人連合会」の設立」を日本時間の2月13日(土)11時~12時にかけて開催する。  第2次世界大戦後のアルゼンチンの沖縄移民社会と、『らぷらた報知』の創刊、在亜沖縄県人会設立に ...

続きを読む »

全体を見通す指揮者がいないコロナ対策

大統領や上院議長も同席した1日の最高裁大法廷(SCO/STF)

 最高裁のルイス・フクス長官が1日の朝、ボルソナロ大統領とダヴィ・アルコルンブレ上院議長(当時)も迎えた今年最初のセッションで、法廷再開を宣言した。  同長官は22万人を超えた新型コロナの死者に黙祷を捧げた後、「皆が求めていたワクチン接種も始まり、科学がウイルスに打ち勝つ事は間違いない。慎重さが混乱を克服する事や、合理性が曖昧さ ...

続きを読む »