ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》中国製ワクチンではEU圏渡航ダメ?=欧州医薬品庁が査定開始

《ブラジル》中国製ワクチンではEU圏渡航ダメ?=欧州医薬品庁が査定開始

コロナバック(Twitter)

 欧州医薬品庁(EMA)が、現時点ではブラジルで最も使用されているコロナワクチン「コロナバック」を同庁公認のワクチンとして認めるか否かの査定を4日からはじめている。査定は動物実験や人体での臨床試験(治験)の結果を基に行われているが、これが認められないと、ワクチン接種を受けても欧州への渡航が厳しくなるため注目が集まっている。4日付現地サイトが報じている。
 中国のシノバック社が開発し、サンパウロ市ブタンタン研究所が治験や国内生産の窓口となっているコロナバックは、ブラジル以外でも中国、インドネシア、トルコなど29カ国で使用されている。ブラジル国内ではこれまでの接種の75%ほどがコロナバックだ。
 だが、欧州では採用された実績がないため、EU圏への渡航に際しての問題となりはじめている。EU内の航空業界は「ワクチン接種を受けた人にのみ、圏内への渡航を認める」姿勢を打ちだしはじめているが、その欧州が認める対象ワクチンの中にコロナバックが含まれていないためだ。

 欧州で中国製ワクチンを使用しているのはハンガリーとポーランドのみで、それもシノファームという別の企業のワクチンだ。同社製のワクチンも、EMAでは承認されていない。
 現状、EUではファイザー、モデルナ、アストラ・ゼネカ、ジョンソン&ジョンソンの4種のワクチンが承認されている。ブラジルの場合、アストラ・ゼネカ(別名オックスフォード・ワクチン)による接種も行われているが、その割合が低い。ファイザー社のワクチンは4日から接種がはじまったばかりだ。現状ではコロナバックの接種がほとんどのブラジル人の欧州渡航は、難しいものとなる。
 こうしたブラジルの状況に加え、シノバック側も4月、「年間で20億回分のワクチン製造可能な工場を建設した」と語るなど、コロナバックの国際展開を望んでいる。
 これらの事情により、世界保健機関(WHO)も現在、シノバック社やシノファーム社のワクチンの査定に動いている。

□関連コラム□大耳小耳

 3月からリオ市の病院に入院し、コロナ感染症で闘病中の国民的コメディアン、パウロ・グスターヴォが、3日に肺血栓塞栓症、つまり、肺動脈が血栓で閉塞した状況に陥ってしまった。いったんは「病状改善」と報じられ、2日には鎮静剤の投与量も減らされたばかりだったが、医師によると「きわめて重い」状態だという。なんとか持ちこたえて欲しいが。

★2021年2月13日《ブラジル》国内初の接種者に2度目=国内ワクチンの9割はコロナバック
★2021年2月4日《ブラジル》オックスフォードも最新結果は良好=「高齢者治験なく不安」説ある中=コロナバック依存は回避へ=大統領推すロシア製も高効用
★2021年1月22日《記者コラム》中国製コロナバックで人気好転のドリア州知事
★2021年1月20日《ブラジル》18日から全国で接種開始=不安定なコロナバック頼み=英国製は到着目処立たず=保健省不手際で配送遅延

image_print

こちらの記事もどうぞ