ホーム | コラム | 大耳小耳 (ページ 5)

大耳小耳

大耳小耳

 今週末23日(土)に催される、戌年生まれが集まるワンワン会(平崎靖之会長)の『新年会』で、参加者を募集している。一人一品持ち寄りで、参加費30レアル。既に紙面でも案内したが、もっともっと申込みが欲しいとのこと。当日は午前11時から東洋会館(Av. Liberdade, 365)で開催する。戌年生まれの人のみならず、その家族、友 ...

続きを読む »

大耳小耳

 情報通信業者WILL株式会社(中井良昇代表取締役、東京本社)が5月に聖市で開催を予定していた大物歌手の公演は「中止になった」と関係者から連絡があった。同社は17年には橋幸夫、18年には美川憲一など大物演歌歌手を招待して慈善ショーを催すなど、大々的に宣伝活動を行ってきた。ところが日本の消費者庁は昨年末、18年12月21日から20 ...

続きを読む »

大耳小耳

 「南米でも大型カニがたらふく食べられる」――コチア青年連絡協議会の『コチア青年会報』1月号を読んでいたら、黒木慧さんのチリ旅行記が出ていて、なんと「腹いっぱい食べた」との記述。さらには「それ以上に魚介類は格別においしかった」とも書かれている。読んでいるだけでヨダレがたれそうだ。ツアーを催行したのはグローバル旅行社。20年近くま ...

続きを読む »

大耳小耳

 『ブラジル岐阜県人会便り』1月号を見ていたら、「県連日本祭りに一緒に参加しましょう」という呼びかけが掲載されていた。なんでも、日本三大踊りのひとつとして有名な「郡上踊り」をイミグランテス会場で披露する計画があるらしく、参加者を募集している。《振り付けはとてもシンプルなので、誰でもすぐに覚えられます》とのこと。さらに、同祭りの岐 ...

続きを読む »

大耳小耳

 本日1面には内閣府から「日・ブラジル首脳会談」という政府広告が掲載されている。このような日本政府の広告はとても珍しく、安倍総理が来伯してから始まった。「ブラジル日系社会の皆さんに、直接に報告したい」という総理の熱意の表れの一端ではないかと思われる。しかも今回のものは、短いながらも、ボウソナロ大統領との初会見した中身が説明されて ...

続きを読む »

大耳小耳

 在サンパウロ総領事館(野口泰総領事)は、政策論議『激動の世界における日本の選択肢―トランプ時代の舵取り』を13日午後6時15分から、ジャパン・ハウス(Avenida Paulista, 52)で行う。入場無料、要申込み。使用言語は英語で、ポ語の同時通訳あり。講師には、中山俊宏慶応義塾大学総合政策学部教授を迎え、米中貿易戦争によ ...

続きを読む »

大耳小耳

 公益社団法人「日本財団」は、世界各地域での若手日系人(18~35歳)を対象に、意識調査を実施している。同法人によれば、世界規模で日系人に関する意識調査が行われるのは初めて。日系人を「移住した日本人の子孫」と定義し、国策移住者の子弟のみならず、海外赴任や国際結婚により移住した日本人の子孫も対象とする。世界11カ所でグループインタ ...

続きを読む »

大耳小耳

 日本のカラオケ情報誌『月刊ミュージック・スター』2月号で、演歌歌手・小桜舞子さんのマナウス公演が取上げられている。記事では《「マイコ・コール」に包まれる!》と見出しを打って、《満員の客席からは『マイコ、マイコ』のスタンディングオペーションを受けた》と当地での人気ぶりを伝えている。昨年12月6日に放映されたNHKBSプレミアムの ...

続きを読む »

大耳小耳

 大樋長左衛門氏は25、26両日にアトリエ本間でワークショップを開催。予定の倍の30人が参加したそう。大樋氏曰く、「2日間一緒に居て家族のような気持ちになった」とか。ワークショップでは当地の土を使って茶碗を焼き、更にヴァイオリンの生演奏に即興で合わせて茶碗作りを行うサービスも。すっかりファンになった生徒ら10人がジャパン・ハウス ...

続きを読む »

大耳小耳

 朝日新聞1月28日付けのコラム「天声人語」で、サンパウロ新聞の廃刊を紹介している。サ紙刊行の『100年 ブラジルへ渡った100人の女性の物語』を引用し、《「自分で道を切り開こう」と、渡航を決めた思い出がある。「今日働いて食べて、明日も働いて食べて、それだけ」だったという回顧がある。孫やひ孫に囲まれる今の暮らしも▼そんな人たちに ...

続きを読む »