ホーム | コラム | 大耳小耳 (ページ 5)

大耳小耳

東西南北

 9月30日、サンパウロ大都市圏では昼間に強い雨が降った。この雨により、サンパウロ市では6カ所で土砂崩れ、28カ所で冠水が起きるなどの被害が出た。この雨により、主要水系には大量の雨がもたらされ、グアラピランガの53・4ミリを筆頭に、カンタレイラが36・2ミリ、アウト・チエテが24・2ミリを記録。雨季に入りはじめる10月は水不足が ...

続きを読む »

大耳小耳

 サンパウロ蘭協会(AOSP)の蘭展が、久々に文協に帰ってきていた。ここ数年はエンブー市の広場を会場にしていたとのこと。ところが同協会サイトによれば、この9月21、22、23日に開催された第99回蘭展の会場は、再び聖市文協ビル(駐車場)に戻っていた。1967年2月にアクリマソン区で創立したサンパウロ蘭協会は、れっきとした日系団体 ...

続きを読む »

大耳小耳

 法務省が19日付で公表した在留外国人数は、今年6月末時点で過去最大の263万7251人になったことが分かった。国籍別では、中国、韓国・朝鮮、ベトナム、フィリピンに次いで、ブラジルは19万6781人の5位。昨年末の19万3798人からさらに増加に転じている。外国人全体の在留資格別では、留学・技能実習が増加しており、特に昨年11月 ...

続きを読む »

大耳小耳

 ポ語ニュースサイト「ガウーショZH」などの18日付記事によると、日本たばこ産業株式会社(JT)の子会社であるJTインターナショナル(JTI)が26日、南大河州サンタクルス・ド・スル市で新しい工場を開所する。8千万レを投資した同工場では2020年までに煙草の「キャメル」「ウィンストン」を4億本も生産するとか。また、80人の社員の ...

続きを読む »

大耳小耳

 ポ語ニュースサイト「UOL」などの20日付の記事によると、映画配給サイトNetflixで聖市リベルダーデ区を舞台にしたホラードラマ『Spectros』(ダグラス・ペトリー監督/脚本)が製作され、来年から配信される。日本人街として人気の観光地となったリベルダーデ区内に怪異が起こり、主人公らが同区の歴史を辿りその秘密に迫っていくと ...

続きを読む »

大耳小耳

 世界各国に42もの店舗を持つシェフ、ノブ・マツヒサさん(松久信幸さん)のレストラン「ノブ」が聖市にも進出!? 24日付フォーリャ紙によると、11月中旬、ジャルジン区ハドック・ロボ街1573に開店予定だそう。マツヒサさんは日本で寿司作りを学び、亜国やペルーなどで修行した。その後米国ニューヨーク市に「ノブ」を開店し成功を収めた。俳 ...

続きを読む »

大耳小耳

 日伯文化連盟ピニェイロス文化センターで「日本庭園」についての講演会が22日午後2時半から4時まで行われる。講演者はサルキス・セルジオ・カロウスチャンさん。マッケンジー大学の都市建築科で学んだほか、文部省と亀岡ロータリークラブの制度で京都大学にも留学し、日本の現代建築について研究した。現在はアニェンビー・モルンビ大学都市建築科の ...

続きを読む »

大耳小耳

 日本力行会(在東京都)の会報『力行世界』1079号が8月に刊行された。それには平成30年春の叙勲で、力行会アルゼンチン支部長の山口義男さんが「旭日単光章」を受賞したことが写真入で報じられていた。1956年にブラジル軍艦で当地に移住後、58年に力行会の仲間数人とアルゼンチンへ転住したとか。以来、クリーニング店に就労し、現在まで製 ...

続きを読む »

大耳小耳

 『ブラジル老荘の友』9月号5頁にある「だまされない音頭」が傑作! 電話によるオレオレ詐欺を防止するために、日本で作られた炭坑節の替え歌だ。1番「電話がなるなる 誰かいな ヨイヨイ 孫の名前を言うけれど 事故を起こして困っている ばあちゃん助けてくれんか~いや サノヨイヨイ」と3番まである。面白いのは追加部分の【ブラジル版=熟連 ...

続きを読む »

大耳小耳

 9月に発行されたブラジル日系熟年クラブ『ブラジル老荘の友』536号を見ていたら、短歌選者が梅崎嘉明さんに戻っていた。《歌壇の更なる活性化を願って若い藤田朝壽君、次に新井知里さんにバトンタッチしたのですが、何のはずみか二人とも次々に他界されてしまいました》とのこと。「投稿者がいて選者がいないなんて!」と義憤を感じた末、梅崎さんが ...

続きを読む »