ホーム | 日系社会ニュース | 聖市カーニバル=「優勝で百周年に華添える」=ヴィラ・マリア=テーマ「移民百周年」=お披露目式盛大に

聖市カーニバル=「優勝で百周年に華添える」=ヴィラ・マリア=テーマ「移民百周年」=お披露目式盛大に

2007年6月29日付け

 今年の移民の日には、少し風変わりな祝典も行われた。聖市北東部にあるサンバチーム、ウニードス・デ・ヴィラ・マリアは十八日夜、百周年記念協会役員や聖市日系社会代表者らを同クアドラ(会館)に招待し、日本移民百周年という来年のカーニバルのテーマのお披露目式を盛大に行った。同チームのダンサーや打楽器隊によるサンバショーが繰り広げられ、同チームメンバー約六百人らと共に楽しい一夜を過ごし、来年に向けて気勢を挙げた。
 「百周年をテーマに選んでもらったことを感謝したい」。そう飯星ワルテル連邦下議が最初に謝辞をのべたのを受け、セルジオ・フェレイラ会長は「この国の発展に貢献した日本移民の姿を六十五分間のパレードで表現しつくしたい」と熱く語り、「リオでも同じテーマを選んだが、サンパウロの力を見せてやる」と力んだ。
 来賓のワジ・ムラン聖市議は「チーム名のウニードス(団結)は日伯のそれだ」と称揚し、野村アウレリオ市議も「来年のカーニバルは歴史に残るものになるに違いない」と語った。
 カルナヴァレスコ(美術総監督)のバキネル・サントス氏も「〇八年は必ず優勝して百周年に華を添える」と宣言した。

移民史たどるパレード

 そのあと、スライドでパレード概要が次のように発表された。第一の山車のイメージは「黄金郷を探した笠戸丸」で、その後に「先駆者」「外交官(修好条約)」「移民開始」「コーヒー園コロノ」「約束の地」「綿作」「金採掘」「黒い太陽(第二次大戦下)」などの順で仮装をつけたアーラ(隊)が続く。
 第二の山車は「輝きを取り戻した太陽」で、「皇太子同妃ご来伯」「民衆の記憶(移民史料館)」「政治家(安田ファビオ)」「マスコミ(翁長ヒデオ)」「芸術(間部学と大竹富江)」「文学(山城ジョゼー)」となる。
 第三の山車は「封鎖された夢(デカセギ現象)」で、続いて「伯国の地に高貴な方(九七年天皇陛下ご来伯)」「リベルダーデ」「チエテ川」「日本料理」「高齢者への敬意」「教育熱心」「伝統」「広島・長崎=悲劇を経て平和の守護者に」。第四の山車は「技術」で、「マンガやビデオゲーム」「折り紙」「武道」「スポーツ」「農業」「ダンスや音楽」「日本庭園」「千年文化」。

スポンサー募集も開始

 次にスポンサー資金計画を発表。十月にテーマ曲決定イベント、十一月にCD発売、十二月に記念写真集を発刊、〇八年一月に記念DVDを発売し、それぞれにスポンサー広告を表示する。練習場内に特別の広告スペースと特等席も用意され、グローボの中継を通して、全伯に加え、世界四十七カ国にも中継。また三百人からなるミニチームをスポンサーのイベントに派遣する。
 スポンサー料は四社の場合、各五百八十四万レアル(約三億七千万円)で、六社なら四百二十三万レアル(約二億七千万円)。VIP枠なら二十万レアル、マスター枠なら四十万レアル、プレミアム枠なら八十万レアル、ゴールド枠なら百五十万レアルとなっており、相応の特典がある。
 会場を訪れていた広島神楽保存会の細川晃央会長も「ぜひともパレードの中で、百人ぐらいの鬼の行列ができたら」と期待に胸を膨らませていた。
 最後にパッシスタ、バイアーナ、打楽器隊のサンバショーが繰り広げられ、普段は踊りなれない背広姿の日系来場者も、この時ばかりは一緒になって、おっかなびっくりサンバ・ノ・ペを踏む姿が見られた。

image_print

こちらの記事もどうぞ