2020年8月14日の記事一覧

≪ブラジル≫大統領本人にも疑惑浮上=職員が給与キックバック振込み=ボウソナロ下議職員時代に

ナタリア氏(Twitter)  ラシャジーニャ疑惑で現在自宅軟禁中のファブリシオ・ケイロス容疑者が、ボウソナロ大統領の下議時代の職員だった娘のナタリア氏から、給料の大半の額にあたる振込を受けていたことが明らかになった。同疑惑が長男フラヴィオ上議だけでなく、大統領本人にも降りかかってきた。13日付フォーリャ紙が報じている。 ※この ...

続きを読む »

≪ブラジル≫新型コロナ治療に画期的発見!=馬で50倍の効力持つ抗体生成

 国立医学アカデミー学会(ANM)で13日、ブラジル人研究者により画期的な発見が発表された。新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)のスパイク・タンパク質と反応して免疫を作る役割を、馬の細胞にさせたところ、人の20~50倍の効力を持つ中和抗体(Anticorpos neutralizantes)を作ったと発表した。  コロナウ ...

続きを読む »

≪ブラジル≫環境犯罪の捜査員が激減=職員自体も10年で半分以下に

サレス環境相(Jose Cruz/Agencia Brasil)  アマゾン環境保護の中心的な存在、環境省傘下の国立再生可能天然資源環境院(IBAMA)の捜査員が、過去10年間で半分以下に激減していたことがわかった。13日付エスタード紙が報じている。 ※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 → ログイン.  会員登録 ...

続きを読む »

≪中国≫ブラジル産鶏肉からコロナ検出=WHOは「問題なし」発言

 世界保健機関(WHO)は13日、中国へ輸出されたブラジル産鶏肉から新型コロナウイルスが検出されたとされる件に関し「問題なし」との見解を下した。13日付現地サイトが報じている。 ※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 → ログイン.  会員登録はお済みですか? 会員について

続きを読む »

≪ブラジル≫サッカー選手52人コロナ陽性、3試合中止=セリエA・B・C合計で

 8日から始まったサッカーブラジル選手権で、すでにセリエA・B・Cの選手計52人が新型コロナウイルス検査で「陽性」と診断され、3試合が中止になっている。12日付けエスタード紙が報じている。  選手の検査にはRT―PCR検査が用いられているが、ブラジル感染症学会(SBI)のレナト・グリンバウム氏によると、この検査はウイルスのRNA ...

続きを読む »

東西南北

 12日に行われたサッカー、欧州チャンピオンズ・リーグの準々決勝では、PSG(フランス)が試合終了間際の鮮やかな逆転劇でアタランタ(イタリア)を1―2で下して準決勝に進出した。この試合でネイマールは、終始ゲームを作り、同点のアシストを決めたことなどが評価され、マン・オブ・ザ・マッチに輝いた。コロナで試合開催が長く中断されたことも ...

続きを読む »

特別寄稿=コロナ予防に熱い飲み物を!=伝統的日本の食習慣見直しを=ミナス・ジェライス州ジャナウーバ市在住 Brasnica社 山田勇二(代筆 関 秀貴)

 本日こうして筆を執ったのは、なぜ日本では他の先進国より今回の武漢ウイルスによる感染者及び死亡者が少ないのか、その原因をブラジルに長年住み、この国の生活様式と日本国民の生活様式を良く理解している立場で気が付いたことをお話しさせていただきます。  まず、またコロナウイルスは熱に弱いということがニュースで流れてました。この点からの私 ...

続きを読む »

特別寄稿=コロナ禍を機に振り返る=人の振る舞いのあり方=サンパウロ市ヴィラカロン在住 毛利律子

コロナ禍で学んだ、「他人と対面できないことの苦しさ」と、「家族が対面して食べることの大切さ」 【無料朝刊サービス登録】PDF版へのリンクに加え、毎日の新しい記事の見出しだけを、本文ページへのリンクをつけてメールで無料配信しています。メールアドレスを書き込み、「申し込み」ボタンを押すだけです。メールチェックのついでに気になる記事を ...

続きを読む »

ブラジリア=大使館が動画で情報発信=日本のコロナ対策をポ語で=SNS総動員、日本食も

日本国内の学校が行うコロナ対策を説明する動画

 在ブラジル日本大使館(山田彰大使)は日本の学校での新型コロナウイルス対策に関する説明動画を、同館フェイスブック、インスタグラム、ユーチューブなどのSNS上で発信している。ブラジル国内の学校や教育機関は現在、マナウスなどごく一部の都市や、医学や看護などの一部に限り対面授業を再開するのみ。なお公式フェイスブックを開設している日本の ...

続きを読む »

「でも、ブラジルは良い国です!!!」=サンパウロ難民移民座談会=大浦智子 <第8回>=実は厳しいドイツの難民生活

シリア最大の都市アレッポ(約170万人)の近郊にあるイドリブで街を空爆され、怪我人を運び出す救助隊(Foto: Civil Defense Idlib)

――皆さんの欧米の印象はどのようなものですか? 例えば、アブドゥルさんのお姉さんはドイツにいますが、お姉さんがドイツに行く前のドイツのイメージ、そして、お姉さんが実際にドイツで直面した現実などを教えてください。 【アブドゥル】シリア戦争が始まってから、シリア人はドイツに行くことに集中しました。ドイツのメルケル首相が難民にとても同 ...

続きを読む »