2020年8月6日の記事一覧

《ブラジル》最高裁がモロ敗北判断下す=ルーラ裁判からパロッシ証言除外=大統領選時の疑惑を酷評

セルジオ・モロ氏(Fabio Rodrigues Pozzebom/Agencia Brasil)  最高裁の第2小法廷は4日、ルーラ元大統領関連のラヴァ・ジャット作戦裁判に関して、元財相、官房長官のアントニオ・パロッシ被告の報奨付証言(司法取引、以下デラソン)を不十分なものとして除外する判決を下した。 ※このコンテンツを閲覧す ...

続きを読む »

《ベイルート》大規模爆発でゴーン自宅損傷=妻「大丈夫だが、自宅壊れた」=人的交流深いブラジル政府連帯示す

 エスタード・デ・サンパウロ紙は4日、日本の司法の手を逃れてレバノン首都ベイルートに逃亡中の元ルノー・日産会長カルロス・ゴーン容疑者の妻キャロルさんに独占取材し、「私たちはみんな大丈夫ですが、自宅が壊され、ベイルートの全てが破壊されました」と語っていると報じた。  ゴーン容疑者の自宅は、爆発があった港から5キロほど離れたベイルー ...

続きを読む »

《ブラジル》大統領長男が一部支払い認める=職員給与から公費流用疑惑

フラヴィオ上議(Tania Rego/Agencia Brasil)  ラシャジーニャ疑惑で自宅軟禁中の元職員ファブリシオ・ケイロス容疑者に、フラヴィオ・ボウソナロ上議が保健費や娘の学費などを支払わせていた事実を認めた。同上議はラシャジーニャ疑惑への関与をなおも否定している。5日付現地紙が報じている。 ※このコンテンツを閲覧する ...

続きを読む »

《ブラジル》基本金利が史上最低2%に=工業生産増と低インフレで

 5日に行われた通貨政策会議(Copom)で、経済基本金利(Selic)が2%に下がった。インフレが予想値よりも低い状況であることから、Selicが0・25%P下がって2・00%になった。9回連続の金利切り下げとなった。 ※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 → ログイン.  会員登録はお済みですか? 会員について

続きを読む »

《ブラジル》サッカー試合前検査で陽性26人=実は偽陽性、キットに問題?

30日(木)の準々決勝コリンチャンス戦の様子(Rodrigo Corsi/FPF)  サッカーサンパウロ州選手権大会で、ブラガンチーノがコリンチャンスとの準々決勝前の30日、コロナ感染検査を行ったところ選手とスタッフら26人が陽性と診断されていたが、偽陽性だった事が判明し、急きょ再検査を行っていた。31日付けグローボやUOLが報 ...

続きを読む »

東西南北

 4日、サンパウロ市南西部のショッピング・ブタンタンで、コロナウイルスのPCRテストが無料で行われた。テストは200人ほどに対して行われる予定だったが、希望者が殺到した。午前9時からはじまるところを、一番早い人は深夜0時から、実に9時間も並ぶ人まで現れ、同ショッピングの駐車場も午前5時30分には開けたとか。多くの人が毛布を持参し ...

続きを読む »

喜怒哀楽=「日本の文化を伝えたい」=目でも味わう本格会席料理=自宅で、カフェメニューも

4人前の重箱

 「重箱でお寿司を提供する店はありましたが、会席料理を提供する店はなく、ブラジルでは新鮮じゃないかなと思います」――サンパウロ市リベルダーデで30年以上日本食レストランとして親しまれている「喜怒哀楽」が、カフェと合流して弁当や会席重箱の料理宅配サービスを8月8日(土)から開始する予定だ。それに先立ち、会席重箱や弁当の試食会が文協 ...

続きを読む »

全伯俳句大会を紙上開催=流派を超えた参加呼びかけ

来社した鈴木文子さん(左)と串間いつえさん(右)

 ブラジル日本文化福祉協会(文協、石川レナト会長)が主催する「第11回全伯俳句大会」が作品を募集している。例年8月に文協で開催され、遠方からの参加も得ている同大会。今回はコロナ禍のために「紙上」大会という形での開催となる。 【無料朝刊サービス登録】PDF版へのリンクに加え、毎日の新しい記事の見出しだけを、本文ページへのリンクをつ ...

続きを読む »

「でも、ブラジルは良い国です!!!」=サンパウロ難民移民座談会=大浦智子=<第3回>

アブドゥルさん

シリア内戦を逃れて渡伯 【無料朝刊サービス登録】PDF版へのリンクに加え、毎日の新しい記事の見出しだけを、本文ページへのリンクをつけてメールで無料配信しています。メールアドレスを書き込み、「申し込み」ボタンを押すだけです。メールチェックのついでに気になる記事をクリック! ――パンデミックになってから、ジャンさんやアブドゥルさんが ...

続きを読む »

中島宏著『クリスト・レイ』第26話

 ただそれは、この時代よりも、もう少し遡った頃の話で、開拓されて間もない頃の、いわば最盛期ともいえる時代のことであった。月日の移ろいと共にその後、土地の疲弊が強まっていくにつれて、この地方の農業の勢いも目に見えて低下していった。  それでも、この一九三〇年代ではまだなんとか地力が保たれ、普通の水準でのコーヒー園が営まれていた。こ ...

続きを読む »