ホーム | コラム | 樹海 | 《記者コラム》コロナ禍CPIで熱い攻防が開始する1週間

《記者コラム》コロナ禍CPIで熱い攻防が開始する1週間

CPI全体の要となる最初のマンデッタ証言

2020年3月18日、ルイス・エンリッケ・マンデッタ保健相(当時、Estado. Foto: Carolina Antunes/PR)

 「ケンチ(熱い)な1週間」になりそうだ。4、5日には中央銀行の通貨審議会(COPOM)で再び基本金利をぐっと上げることが予想されており、下院ではいよいよ4分割された税制改革の第1段の審議や、21年度予算で大統領が拒否権を発動した一部に関する再審議が開始される。さらに先週予定されていたルーラの首都訪問も今週に延期された上に、トドメの一発が、コロナ禍議会調査委員会(CPI)の最初の証人喚問だ。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • 《記者コラム》ルーラには復活祭、大統領には血祭りか?2021年4月27日 《記者コラム》ルーラには復活祭、大統領には血祭りか? 「政治的迫害の犠牲者」としてアピール  ルーラは24日に組合関係者と会合を持ったのち、27日にはブラジリアへ行き、MDBやセントロンを初めとする旧友らと逢い、来年の大統領選挙に向けての動きを本格化させる予定とエスタード紙23日付(https://politica. […]
  • ≪ブラジル≫ゲデス経済相が辞任局長2人を「脱走」扱い=主要スタッフが計7人離脱=「次は本人か」との声まで2020年8月13日 ≪ブラジル≫ゲデス経済相が辞任局長2人を「脱走」扱い=主要スタッフが計7人離脱=「次は本人か」との声まで  パウロ・ゲデス経済相は11日、目玉部局の局長2人から辞表提出が行われたことを公表した。業務進行の遅れ具合に不満を表明して辞任したのは、民営化局長のサリム・マッタル氏と、手続簡素化・デジタル化局のパウロ・ウェベル氏の2人だ。12日付現地紙が報じている。  ロドリゴ・マ […]
  • 《記者コラム》CPIの裏で二者択一迫られるボルソナロ=セントロンかゲデス財相か2021年4月20日 《記者コラム》CPIの裏で二者択一迫られるボルソナロ=セントロンかゲデス財相か コロナ禍CPIの先にあるものは  ボルソナロ大統領は先週、三回大きな落胆を感じたに違いない。  一つ目の落胆は《コロナ禍議員調査委員会(CPI)の開設》だ。  大統領は、開設させないように最大限の交渉をしたが押し切られた。どうせ野党中心のコロナ禍CPIが開設さ […]
  • 《記者コラム》頼みの綱の軍部からも一線を引かれた大統領2021年4月6日 《記者コラム》頼みの綱の軍部からも一線を引かれた大統領 セントロンに追い詰められる大統領  3月24日、ブラジルはコロナ死者30万人を超えるという惨状を呈した。この社会的不安感と緊張感の高まりを背景に、経済界も対策を求める意見書を公開し、それに背中を押されて政界の動きも激しくなった。3月末には1日の死者が4千人超の日が出るなど事態 […]
  • 《記者コラム》ルーラ復活でボルソナロに暗雲2021年3月19日 《記者コラム》ルーラ復活でボルソナロに暗雲  8日に最高裁のエジソン・ファキン判事が下した判断は、今後のブラジルの流れを大きく変えかねないものになりそうだ。ルーラ元大統領のラヴァ・ジャットでの裁判結果無効。これでほぼ絶望視されていた来年の大統領選への出馬資格が蘇ってしまったのだ。  これはボルソナロ大統領にとっ […]