ホーム | コラム | 樹海 | 《記者コラム》コロナ禍CPIで熱い攻防が開始する1週間

《記者コラム》コロナ禍CPIで熱い攻防が開始する1週間

CPI全体の要となる最初のマンデッタ証言

2020年3月18日、ルイス・エンリッケ・マンデッタ保健相(当時、Estado. Foto: Carolina Antunes/PR)

 「ケンチ(熱い)な1週間」になりそうだ。4、5日には中央銀行の通貨審議会(COPOM)で再び基本金利をぐっと上げることが予想されており、下院ではいよいよ4分割された税制改革の第1段の審議や、21年度予算で大統領が拒否権を発動した一部に関する再審議が開始される。さらに先週予定されていたルーラの首都訪問も今週に延期された上に、トドメの一発が、コロナ禍議会調査委員会(CPI)の最初の証人喚問だ。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

こちらの記事もどうぞ