ホーム | コラム | 樹海 (ページ 4)

樹海

➡【無料朝刊サービス登録】緊急対応の無料PDF版へのリンクに加え、毎日の新しい記事の見出しだけを、本文ページへのリンクをつけてメールで無料配信しています。メールアドレスを書き込み、「申し込み」ボタンを押すだけです。メールチェックのついでに気になる記事をクリック!

選挙まで1年、大統領の所属政党はどこ?

ボルソナロ大統領(Marcelo Camargo/Agencia Brasil)

ボルソナロ大統領(Marcelo Camargo/Agencia Brasil)  来年の今頃には次の大統領選挙が行われる。その1年前にして、現職大統領の所属政党が決まらないという、異例の事態が発生している。  事の発端はボルソナロ大統領がおかした「見込み違い」だ。ボルソナロ氏は2019年11月、所属の社会自由党(PSL)を抜け ...

続きを読む »

《記者コラム》身近にある究極の選択ー父の命、それとも莫大な借金

72歳の日系人男性が新型コロナで191日間闘病後に退院したが、多額の借金を抱えてしまったと報じる5日付G1サイトの記事の一部

 新型コロナも終息に向かいつつある中、第2波で感染者急増中の3月に感染し、191日間入院していた日系人男性にようやく退院許可が出た。父の帰宅を喜ぶ一方で、今後のリハビリと260万レアル(約5230万円)という莫大な入院治療費の借金を前に、娘さんが途方にくれているという報道を読んで、「命の価値」について深く考えさせられた。  半年 ...

続きを読む »

《記者コラム》首吊り縄が2回切れたシャギーニャの奇跡=その没後200周年祝う=東洋街多文化共存で観光コースを

本紙ビル敷地はもともと黒人奴隷の墓地  サンパウロ市リベルダーデ区の本紙編集部が入る「エディフィシオ・ジアリオ・ニッパキ」(日伯毎日新聞ビル)の場所は、160年ほど前まで処刑された黒人奴隷などの墓地だった。  だからビル建設当時、基礎工事をするために地下を掘り返したら骨がザクザクでてきたという話は古参記者から何回か聞いた。おまけ ...

続きを読む »

ブラジルサッカーも3強時代に突入か

9月28日のパルメイラス対ミネイロ(Pedro Souza / Atlético)

「ついにブラジルサッカー界もビッグ・クラブの時代になったか」。29日にリベルタドーレス杯の決勝進出チームがパルメイラスとフラメンゴになったことでそう確信した。パルメイラスは昨年、フラメンゴ一昨年の同杯で優勝して南米一になっている。  それだけではない。この2チームに加え、今回の準決勝でパルメイラスに惜敗したアトレチコ・ミネイロは ...

続きを読む »

新型コロナによる肺損傷に二つの型

コロナ感染症による肺損傷に二つの型があると報じる記事を紹介するサンパウロ州政府のサイトの一部

 サンパウロ州政府のサイトで、サンパウロ総合大学(USP)の研究者が、新型コロナで死亡した47人の肺損傷に複数のパターンがある事を確認したという記事が目に止まった。  現在も継続中の研究だが、47人中5人(10・6%)は正常な肺組織が瘢痕組織となる繊維症で呼吸困難に陥り、10人(21・2%)は肺の組織は正常だったが、小さな血管が ...

続きを読む »

《記者コラム》アルプスの少女ハイジと民族テロ=『灼熱』で描かれる通低した病

郷愁という病を抱えた日本移民  終戦直後にブラジル日系社会で起きた勝ち負け抗争勃発から、今年で75年になる。そんな節目にその抗争をテーマにしたミステリー小説『灼熱』(葉真中顕著、新潮社)が、日本の気鋭ミステリー作家によって刊行されたことは意味深い。  しかもフェイクニュース拡散と社会の分断を描くという現代的な視点から、大戦終了を ...

続きを読む »

反ワクチン派、目立たぬブラジル

国連でのボルソナロ大統領(Alan Santos/PR)

 ボルソナロ大統領が反ワクチン派として国際的に有名になっている一方、ブラジルで「アンチヴァクサーズ(反ワクチンの人々、英語antivaxers)」の主張はそれほど強く盛り上がっていない、という不可思議な現象が起こっている。  世界的に見ると現在、アンチヴァクサーズの影響力はそれなりに強い。それは欧米圏のワクチン接種の進んだ国には ...

続きを読む »

大統領寄り保健相、陽性反応で墓穴掘る?

ケイロガ保健相(Walterson Rosa/MS)

 新型コロナウイルスは多くの人の健康を奪い、本人や家族の人生を狂わせたが、現保健相のマルセロ・ケイロガ氏は医師としての誇りや倫理観も失ったようだ。最近の同氏の言動には、保健相であり続けるために大統領のご機嫌をうかがっていると感じる場面が多いのだ。  その一つは、基礎疾患のない青少年への新型コロナの予防接種中止勧告。勧告は保健省の ...

続きを読む »

「ルーラ有罪」に不信感深まる

ピニェイロ氏に関する年表(Twitter)

ピニェイロ氏に関する年表(Twitter)  14日、ラヴァ・ジャット作戦の捜査対象となっていた大手建築会社、OASの元社長レオ・ピニェイロ氏が、自身が褒賞付証言(以下デラソン)で語ったものの一部を「嘘をついていた」と直筆の手紙を書いて否定していたことがわかったと報道されている。  直接この件でルーラ氏が実刑判決を受けたわけでは ...

続きを読む »

大統領の「三権は一つの体」発言は本当?

これまでとは違い、笑みまで浮かべて語る14日の大統領(14日付メトロポレ・サイトの記事の一部)

 最高裁や判事への批判を繰り返し、全国の支持者に7日の反民主主義デモへの参加も呼びかけていたボルソナロ大統領が14日夜、行政と司法、「我々の最高裁」は「一つの体」で、三権が互いに理解し合う事は「国民の喜び」と語った。  7日にはアレッシャンドレ・デ・モラエス最高裁判事を「悪党」と罵倒し、「奴の命令には従わない」と断言。更に、下院 ...

続きを読む »