ホーム | 連載 | 2003年 | 日系職人尽くし―ブラジル社会の匠たち― | 日系職人尽くし―ブラジル社会の匠たち―(8)=日本庭園=10年後の姿を念頭に=侘び寂びの微妙な釣合い

日系職人尽くし―ブラジル社会の匠たち―(8)=日本庭園=10年後の姿を念頭に=侘び寂びの微妙な釣合い

11月20日(木)

 造園業に携わって三十年、スザノ市在住の石橋弘善さん(五七、二世)は、サンパウロ州内はもとより、遠くはポルト・アレグレ市まで、庭園造りに飛び回る。ピラシカーバ農大を卒業、一九七四年、熊本県費技術研修生として、八ヵ月間、現場作業から設計まで学んだ。その後、知人の紹介で東京の著名な作庭家、小形研三氏(故人)に師事。ペルーやハワイ、オーストラリアなど世界中で活躍した小形氏のもと、四ヵ月の短期間にも関わらず、造園の基本中の基本をたたき込まれた。

夢の実現

 弘善さんの仕事は、ほとんどが個人の邸宅であり、一般公開されていない。そのなかで、約八年前に改修工事を行なったレストラン「サントリー」の日本庭園は、弘善さんの技術をあますところなく見ることができる。
 「五十年経っても、あまり変わらない庭を造りたかった。日照の関係で、植える植物に気を遣った」と弘善さん。「庭造りで一番大切にしていることは、家の主人の夢を実現してあげること」という。
 主人の希望を聞き、想像を膨らませ、造園に取り組む。「枯山水など、意味は石であったり、池や宇宙であったり様ざま。だけど、意味をつけたら、それは芸術ではなくなる」。観賞する人がそれぞれ、意味を感じ取ってもらってこそ、「庭」になる。

侘びと寂び

 剣道が趣味の弘善さんは、かつて、「日本で剣道の先生に『侘び、寂びの侘びって何ですか』と聞いたことがある」という。剣道師範は、松尾芭蕉の俳句を例えに、侘びとは何かを説明してくれた。
 『古池や 蛙飛び込む 水の音』――。
 夕暮時、蛙が古池に飛び込んで、水面に波紋が広がる。その波紋が暁色に揺れながら、消えていく様。それが侘び――。
 感銘を受けた弘善さんは、芭蕉の「奥の細道」を辿り、奥州、北陸各地を訪ね歩いた。そして、以前は五十個の石を使って派手に作っていた庭も、近年は、石をポイントにとどめ、質素な作風になった。「豪華でキンキラキンではなく、言われないと分からないもの」。弘善さんが作る庭園には、微妙なバランスを保って侘びと寂びが同居している。

目指すは、作庭家

 日本庭園専門家として、ブラジルメディアからも引っ張りダコの弘善さん。時々、庭師を集めて講演会を開くが、その時、必ず訴えかけるのが、「絵は古くなるだけだが、庭は発展する。三年後、十年後はどうなるか考えながら、造園しなくてはならない」ということ。「植栽の手入れ、管理を間違えたら、庭は崩れてしまう」とも。
 十月末、サンパウロ市カンブシ区パウロ・オロズィンボ街の個人邸宅。高層アパートからの目隠し用ヤシの木、その中に和風のツツジ、木蓮、クチナシ、ナンテンなどが植栽され、巨石を組んだ滝と作りかけの池が横たわっている。ブラジル人たちの作業を見守りながら弘善さんは、「私の庭を見た人が、『和』の大切さを学んでいただけたら…と思う。それは見えるものではなく、感じるもの。そこに生きがい、自分の仕事の価値があるのでは」と語った。
 「Jardineiro(庭師)ではなく、Paisagista(作庭家)を目指したい」という弘善さんの言葉が印象的だった。
(門脇さおり記者)

■日系職人尽くし―ブラジル社会の匠たち―(1)=和太鼓=原子力発電所技師から転身=天然素材をハイテク加工
■日系職人尽くし―ブラジル社会の匠たち―(2)=彫金=金属を玩具に育った=半世紀の技光る三橋さん
■日系職人尽くし―ブラジル社会の匠たち―(3)=〃開かずの金庫〃に挑戦=サッカー場で満場の拍手
■日系職人尽くし―ブラジル社会の匠たち―(4)=日本刀=製造全工程を一人で=銘を持たない〃刀匠〃
■日系職人尽くし―ブラジル社会の匠たち―(5)=「手に職付ければ、お天道様とおまんまは向こうからやってくる」=七十の手習いで表具師
■日系職人尽くし―ブラジル社会の匠たち―(6)=演奏者から製作者へ=三味線の文化を守る
■日系職人尽くし―ブラジル社会の匠たち―(7)=空手6段、人形は師範=大柄な体で繊細な作業
■日系職人尽くし―ブラジル社会の匠たち―(8)=日本庭園=10年後の姿を念頭に=侘び寂びの微妙な釣合い
■日系職人尽くし―ブラジル社会の匠たち―(9)=ギター=特別な音感を持つ名器=有名音楽家に磨かれて
■日系職人尽くし―ブラジル社会の匠たち―最終回=トートーメー 先祖を祀る聖域=沖縄独特の様式美継承
image_print

こちらの記事もどうぞ