2019年12月5日の記事一覧

イベント情報

EXPOSIÇÃO   VESTINDO O TEMPO – 70 ANOS DE MODA ITALIANA – SÃO PAULO/SP Curadoria: João Braga Onde: Instituto Tomie Ohtake (Rua Coropés 88, Pinheiros) De 13/12 a ...

続きを読む »

《ブラジル》10月の工業生産が前月比0・8%アップ=3カ月連続で前月比アップ

工業生産は3カ月連続で増加を記録(Arquivo – Agência Brasil)  ブラジル地理統計院(IBGE)が4日に発表した今年10月の月次国内工業生産調査によると、10月のブラジル国内の工業生産は、前月比0・8%増を記録した。  8月から3カ月連続の前月比増で、この間の累積生産量アップ率は2・4%になった ...

続きを読む »

《ブラジル》絶滅危機種の鳥を育成、放鳥=アルゼンチン側の大西洋岸森林帯で

 ブラジルとアルゼンチン、パラグアイの国境が接する三角地帯にあるイタイプー水力発電所の環境班が、絶滅危機種の鳥10羽を放鳥する事を明らかにした。  放鳥されるのは、キジ目のホウカンチョウで、ムツム・デ・ペナッショ(mutum-de-penacho)と呼ばれる種類の鳥のメス6羽とオス4羽だ。これらの鳥は、ブラジル側にあるベラ・ビス ...

続きを読む »

《ブラジル》選挙高裁が政党結成の電子署名認める=ボウソナロ大統領の新党に有利に=現状ではシステム不整備=新党の選挙参加は可能か?

3日のTSEの風景(Abdias Pinheiro/ASCOM/TSE).  選挙高裁(TSE)は3日、判事投票4対3で、新党結成の際の署名手続きをネットで行うことを認めた。これで、ボウソナロ大統領の新党、ブラジル同盟(APB)の登録申請でも、電子式による署名が可能となる。だが、この決定はネットで集められた署名に違反がないかを審 ...

続きを読む »

《ブラジル衛生監督庁》大麻薬品の製造、流通を許可=神経系疾病の患者に朗報=栽培は引き続き禁止に

 ブラジル国家衛生監督庁(Anvisa)は3日、大麻由来の成分(カンナビジオール)を使用した薬品のブラジル国内での製造、および流通の拡大を許可したと、4日付現地各紙が報じている。  Anvisaは同措置により、国内だけで1300万人が恩恵を受けるとしているが、大麻自体の国内栽培合法化には反対している。  カンナビジオールは疼痛緩 ...

続きを読む »

《ブラジル》同性婚が前年比62%増加=大統領選後の急増目立つ

 ブラジル地理統計院(IBGE)が4日、2018年の同性同士の婚姻は前年比で61・7%増えたと発表したと同日付現地紙サイトが報じた。  18年に登録された同性婚は9520件で、前年の5887件を大幅に上回った。  この内、女性同士の婚姻は3387件から5562件に64・21%、男性同士の婚姻は2500件から3958件に58・31 ...

続きを読む »

リオ市=港湾地区に大型観覧車開業=年間100万人の利用見込む

 リオ市に新たな観光名所が誕生する。リオ五輪に伴う都市整備計画により、再開発が進んだ同市の港湾地区に、6日から高さ88メートルの観覧車、「リオ・スター」が開業すると、4日付現地紙が報じた。  この観覧車には54の空調付ゴンドラがついており、各ゴンドラには最大8人が収容できる。 ※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 ...

続きを読む »

《リオ州》ニセ神父が詐欺罪で捕まる=信者やその一家から金巻上げ

 3日、リオ州セロペディカ市で自分は神父だと偽っていた男性が、信者やその家族から10万レアル以上を巻き上げていたとして、詐欺罪で逮捕された。4日付現地サイトが報じている。  逮捕されたのはルイス・フランサ・ダ・リマ容疑者(25)で、娘の結婚を無効化して欲しいと願っていた女性の家を訪ね、自分はローマの大学を出た後、カトリック大学( ...

続きを読む »

東西南北

 昨日付で報じた、今年第3四半期の国内総生産(GDP)0・6%成長に関しては、「予想外に良かった」「上がったといっても少しだけ」などの世論が起こっている。だが、イギリスの経済新聞の権威「ファイナンシャル・タイムス」が、「今回ブラジルが発表した数字は正しいのか?」と疑問を呈す記事を発表し、話題となっている。同紙によると、アナリスト ...

続きを読む »

「賞の意味合いが変化した」=ポルトガル語に移る比重、減る日本語=第49回にっけい文芸賞

 ブラジル日本文化福祉協会の文芸委員会(林まどか委員長)は『2019年度にっけい文芸賞授賞式』を先月23日午後1時から、文協ビル貴賓室で開催した。受賞者と家族およそ80人が集まり、栄えある賞の喜びを分かち合った。日本語部門では、選考対象の書籍10冊中、栗山舎人氏の短編集『ある移民の生涯』が入賞、ライムンド・ガデリャ氏の歌集(3言 ...

続きを読む »