2019年12月11日の記事一覧

《ブラジル》今年の牛肉輸出量、総額大幅アップは確実=対中輸入の拡大が影響

中国需要の高まりでブラジル産牛肉の輸出は大きく増えたが、その分、国内価格があがってしまった(参考画像・Divulgação/Abiec)  今年のブラジル産牛肉の総輸出量は183万トン、総輸出額は75億ドルになりそうだと、ブラジル食肉輸出業者協会(Abiec)が発表した。この予測通りなら、輸出量は前年比で11・3%増、輸出額は1 ...

続きを読む »

《ブラジル・サッカー》CBF表彰式のベスト・イレヴンは9人がフラメンゴから=最優秀選手はブルーノ・エンリケ

 9日、ブラジル・サッカー連盟(CBF)が、今年度の最優秀選手とベスト・イレヴンを発表。全国選手権を圧倒的な強さで制し、南米一にも輝いたフラメンゴが、ベスト・イレヴンのうち、9人を独占。最優秀選手にはフラメンゴのウィング、ブルーノ・エンリケが輝いた。  ベスト・イレヴンは以下の通りだ。<キーパー>サントス(アトレチコ ...

続きを読む »

《ブラジル北東部》原油漂着による汚染問題=899カ所に漂着も、目だった汚れは26カ所

 8月末から続くブラジル北東部を中心とした海岸への原油漂着に関し、ブラジル環境省、国立再生可能天然資源・環境院(Ibama)が、12月5日現在の汚染状況を発表した。  それによると、原油漂着の影響を受けたのは、北東部9州と、南東部のエスピリトサント州、リオ州を合わせた全11州で、市の数は127に上る。  調査によると、量の多少を ...

続きを読む »

アルゼンチン=フェルナンデス新大統領が就任=ブラジルとの関係強化を強調=ボウソナロは対立姿勢軟化へ=財政再建には独自路線か

 アルゼンチンで10日、左派のアルベルト・フェルナンデス氏の大統領就任式が行われた。選挙前から右派のボウソナロ大統領と激しい舌戦を繰り広げていた同氏だが、28ページもあった就任宣言文の中では、ブラジルを唯一名指しして「為政者の政治的主義の違いを乗り越え、より一層の強い関係を築きたい」と、2国関係の将来的展望を語った。10日付現地 ...

続きを読む »

パライゾポリス=さらに軍警32人を職務停止に=遺族の要望受け知事が決断=「厳格な捜査行う」と表明

 【既報関連】サンパウロ州のジョアン・ドリア知事は9日、サンパウロ市南部の大型ファヴェーラ、パライゾポリスで発生した若者9人の圧死事故に関わっていたとして、軍警32人を一時職務停止処分とした。10日付現地各紙が報じている。  この処分は9日に行われた遺族との面会後に決定された。これで、職務停止処分となった軍警は、事故直後に同じ処 ...

続きを読む »

《ブラジル》マラニョン州=先住民保護に国家治安部隊=環境相は死者への顕彰拒否

 【既報関連】ブラジル北東部のマラニョン州ジャニパポ・ドス・ヴィエイラス市の国道226号線で7日、先住民のグアジャジャラ族襲撃事件が起き、同族のリーダー2人が死亡したのを受け、セルジオ・モロ法相が9日、国家治安部隊(FN)の派遣を決めたと9、10日付現地紙、サイトが報じた。  FN派遣は10日から90日間の予定で、11日昼頃に現 ...

続きを読む »

《ブラジル》LJでルーラの息子の企業を捜査=アチバイアの件に関係か

 10日、第69次ラヴァ・ジャット作戦(LJ)が行われ、ルーラ元大統領の息子ルリーニャ氏の企業が捜査対象となった。10日付現地サイトが報じている。  今回の捜査は「マッパ・ダ・ミナ」と命名され、サンパウロ州、バイア州、連邦直轄区で計47件の家宅捜索令状が出された。 ※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 → ログイン ...

続きを読む »

《サンパウロ市》コーヴァス市長の「化学治療は順調」と発表=3年前の体質改善が吉とでる

 【既報関連】食道がん治療のために10月末から化学療法を受けている、サンパウロ市のブルーノ・コーヴァス市長が順調に回復していると、10日付現地紙が報じた。  コーヴァス市長の胃の噴門部にあった癌は劇的に小さくなり、肝臓に転移していた部分も縮小、血栓も少なくなった。  全ての情報は、シリオ・リバネス病院の担当医たちが行った会見で明 ...

続きを読む »

東西南北

 ダッタフォーリャの最新の世論調査によると、「ルーラ氏の釈放は正しいか」との問いに、国民の54%が「正しい」と返答。「正しくない」の42%を上回っていたことがわかった。6月の同調査では、「ルーラ氏有罪」に、54%が「正しい」、42%が「正しくない」と答えていたので、数字がそっくりひっくり返ってしまったことになる。現状では、ボウソ ...

続きを読む »

ブラジリアン・マインド=「ジョアンが作ったのではない」=坂尾さんボサ・ノーヴァ講演=駐在員家族ら30人が堪能

 「日本ではジョアン・ジルベルトがボサ・ノーヴァを一人で作ったように言われているが、実際とは違う」――ブラジル日本青年会議所(JCI・BJ、和田ルドルフ理事長)は「第4回ブラジリアンマインドプロジェクト(Brazilian Experience Day)」を11月30日に開催し、駐在員とその家族ら約30人が参加した。当日はブラジ ...

続きを読む »