2019年12月7日の記事一覧

《ブラジルサッカー》17歳の新星2人が2得点の活躍=名門クルゼイロ、初の2部落ちの危機=地元メディアは「降格確率90%」と報じる

 サッカー全国選手権1部リーグ第37節の全10試合が4、5日に行われた。  11月24日に優勝を決めたフラメンゴは、残りを全敗しても順位は動かず、モチベーションの維持が難しいかと思われたが、その後も連勝街道を継続中。マラカナン競技場では今年最後の試合となった5日のアヴァイー戦でも、6対1と大勝した。  今月中旬にカタールで行われ ...

続きを読む »

《ブラジル》低収入世帯のインフレ率は0・56%=10月はデフレの項目もインフレに

 ブラジルで、世帯収入が法定最低賃金の2・5倍を超えない世帯の11月のインフレ率(IPC―C1)は0・56%だったと発表された。10月はマイナス0・12%のデフレだった。  今年1月から11月までの累積IPC―C1は3・64%で、昨年12月から今年11月までの直近12カ月累積は3・98%だった。 ※このコンテンツを閲覧するにはロ ...

続きを読む »

《サンパウロ州》ドリア知事「治安対策を再考する」=青少年圧死事件後と態度が一変=「警察の実態知り愕然」=ここ3年の同様の事件続発で

 【既報関連】ジョアン・ドリア・サンパウロ州知事は5日、1日にサンパウロ市南部パライゾポリスで起きた、ファンキ・パーティでの将棋倒しによる少年少女9人の圧死事件や類似の事件のビデオで、「真相を知り、ショックを受けた」と語った。同知事はそれらの事件に共通する軍警の態度を問題視し、「治安対策を再考する」と発言。1日の事件直後には「治 ...

続きを読む »

《ベネズエラ人難民》親を伴わずブラジル国境越える青少年=劣悪な環境もNGOが指摘=「責任はロライマ州に」とブラジル政府

 米国ニューヨークに本部を持つ国際人権NGO(非政府組織)ヒューマン・ライツ・ウォッチ(HRW)が、ブラジル公選弁護人事務所(DPU)のデータを基に作成し、5日に発表したレポートによると、少なくとも529人のベネズエラ人の子供や青少年が、親や保護者を伴わない状態で国境を越え、ロマイラ州に滞在していることが分かった。6日付ブラジル ...

続きを読む »

《ブラジル》保健省がジカ熱流行後の4年間を総括=発達障害などは継続して観察

 ブラジル保健省が5日、ジカ熱流行を宣言した2015年11月8日以降の総括を行ったと5日付同省サイトなどが報じた。  ブラジルでジカ熱流行が最初に確認されたのはペルナンブコ州で、同州での小頭症児増加が保健省に報告されたのは15年10月22日だ。事態を重く見た保健省は同年11月に流行を宣言。翌年2月にはWHO(世界保健機関)が非常 ...

続きを読む »

《ブラジル》“教師余り”が将来発生?=若年層の人口減に対応できず

 ブラジル経済研究所(Insper)所属教授のリカルド・パエス・デ・バロス氏が、ブラジル全26州と連邦直轄区を対象に行った調査によると、ブラジルでは今後数年の内に“教師余り”が発生する可能性があることが分かった。6日付現地紙が報じた。  調査によると、ブラジルでは2013年から17年末までの5年間に、およそ115万人の基礎教育( ...

続きを読む »

《ブラジル》鉱山動力相の解任が確実に=議会と連邦政府に不満溜まる

 ベント・アルブケルケ鉱山動力相が、連邦議会と連邦政府の要望で更迭が確実になっていると、5日付現地紙が報じている。  アルブケルケ動力相に対しては、連邦議会内で強い批判が出ている。上院では、同相の動きがないため、関連する法案審議が全く進まないとの抗議の声が上がっている。また、エレトロブラスやイタイプ・ダムなどの総裁が空席になって ...

続きを読む »

東西南北

 サンパウロ市セントロの名物高架橋「ミニョコン」の高架下に、3日から、地面から高架橋に届くほどの大きな人物の写真が並べられている。これは、写真家ラケル・ブルスト氏による作品だ。同氏によると、これは「多様性」を称えるための展示で、17日に29人分が揃った時点で全てが出揃うという。写真のモデルは、ドラッグ・クイーン、皮膚病の白斑を持 ...

続きを読む »

臣民――正輝、バンザイ――保久原淳次ジョージ・原作 中田みちよ・古川恵子共訳=(181)

 6月14日、午後1時に初めの3人の尋問を始め、その日以降は土、日を除く毎日同時間に起訴書にある名前順に、被告人が3人ずつ尋問を受けるはずだった。大変合理的なやり方といえる。カヴァリァル判事によれば、1週間に15人、1ヵ月に60人、順調にいけばわずか6ヵ月で全ての被告の尋問が終ることになる。  ところがことは予定通りに運ばなかっ ...

続きを読む »

在サンパウロ総領事館=53人の百歳以上を高齢者表彰=百歳以上の在外日本人の半分超=安倍総理から祝状と銀杯

 在サンパウロ日本国総領事館(野口泰総領事)は、「令和元年度百歳以上高齢者表彰」の伝達式を11月26日に総領事公邸で行った。総理大臣が毎年百歳を迎える高齢者に祝状と記念品を贈呈するもので、今回の在サンパウロ総領事館管内の該当者は53人。百歳以上高齢者表彰の海外在留邦人該当者は98人で、半数以上が在サンパウロ総領事館管内からだった ...

続きを読む »