2019年12月6日の記事一覧

サンパウロ州=別れた妻と愛人を殺して自殺=愛人の家族も巻き添えに

 サンパウロ州海岸部のサンヴィセンテ市で5日朝、ある男性が、別れた妻を銃撃後、元の愛人とその家族を射殺し、自分も自殺するという事件が起きた。  事件発生は5日朝6時過ぎで、6時10分頃、ウマイター区の路上で別れた妻を銃撃した男性は、その直後にバイクでジョッケイ・クルベ区に移動。窓を壊して元愛人宅に侵入すると、元愛人とその母、継父 ...

続きを読む »

《ブラジル》ジョイセ下議が大統領一家の虚報拡散を図式説明=議会調査委員会で爆弾証言=多額の公金使用とも=首謀者は噂通り、次男と三男か

ジョイセ氏の使ったパワーポイントの資料の一部(Lula Marques)  4日、フェイクニュース(虚報)に関する上下両院合同の議会調査委員会(CPMI)で、ジョイセ・ハッセルマン下議(社会自由党・PSL)が証言を行った。同下議は膨大な資料を作成し、大統領次男と三男のカルロス、エドゥアルド両氏が、連邦政府内のフェイクニュース拡散 ...

続きを読む »

《ブラジル》下院が犯罪防止法案を承認=モロ法相の原案大幅変更後=採決間際の議員説得実らず

セルジオ・モロ法相(Marcelo Camargo/Agência Brasil)  セルジオ・モロ法相肝いりの法案、犯罪防止法(PL10372/18)基本文書が4日の下院本会議で、賛成408、反対9、棄権2で承認されたと、5日付現地各紙が報じている。  承認された本文には、禁固刑の最長期間をこれまでの30年から40年に変更した ...

続きを読む »

サンパウロ州=警官の過剰行為の調査を開始=死傷者出たバイレ・ファンキで

 【既報関連】1日未明にサンパウロ市パライゾポリスで起きたバイレ・ファンキ(屋外ディスコ)での参加者圧死事件を受け、類似事件でも警官の過剰行為に関する調査開始と5日付現地紙が報じた。  パライゾポリスでの事件は、追跡中の犯罪者がバイレ会場に逃げ込んだのを見た警官が現場に乗り込んだところ、石や瓶を投げつけられたため、狭い路地の中で ...

続きを読む »

《ブラジル株》史上初の11万P突破=米中貿易戦争鎮静化に期待

 サンパウロ市株式市場指数(Ibovespa)は4日、前日比1・23%高の11万300・9ポイント(P)で取引を終了し、史上初めて11万Pラインを突破した。5日付現地各紙が報じている。  これは、ブラジル時間の4日朝、「激しい関税の応酬を繰り広げている米国と中国が、貿易協定で合意の可能性がある」と、ブルームバーグ(B)社が報じた ...

続きを読む »

サンパウロ州議会=審議の最中に乱闘騒ぎ?=発端は活動家議員の煽り

 4日、サンパウロ州議会で乱闘騒ぎが起き、議会が騒然となった。5日付現地紙が報じている。  事の発端は、社会保障制度改革案の承認に向けた審議の最中に、壇上にいたアルトゥール・ド・ヴァウ州議が、この日の審議を傍聴していた州職員らを「馬鹿者」と呼んだことだった。 ※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 → ログイン.   ...

続きを読む »

東西南北

 黒人の文化保存などを目的とする、連邦政府傘下のパルマレス文化財団会長に指名されていたセルジオ・カマルゴ氏が、裁判所より就任差し止め処分を受けた。カマルゴ氏は自身も黒人でありながら、フェスブックに「ブラジルの黒人差別など薄味だ。本物の黒人差別は米国にこそある」など、ブラジルにおける黒人差別問題を軽視するような言動を行い、同会長職 ...

続きを読む »

暁星学園の「最後の同窓会」?=岸本昂一夫妻に感謝の言葉=『南米の戦野に孤立して』ポルトガル語版も

 戦前戦後にかけて多くの大学進学者を輩出した暁星学園とその勤労部卒業生の「最後の同窓会」が11月17日(日)昼から、サンパウロ市セルケイラ・セザール区の高級マンションのイベント室で開催され、同窓生と岸本家ら約40人が集った。冒頭、同窓会世話人であるコレジオ・ブラジリア創立者の坂本綾子さん(81、二世)は「テニスクラブで長いこと開 ...

続きを読む »

コチア青年連絡協議会が忘年会=来年9月に65周年式典を予定

 コチア青年連絡協議会(前田進会長)は11月30日正午から、ヴァルジェン・グランデ・パウリスタ市にあるブッフェ奄美で忘年会を行った。コチア青年とその妻ら合わせて約100人が参加、お互いの無事を確認し、近況報告に花を咲かせた。  忘年会が始まる前に、広瀬哲洋副会長が「来年はコチア青年移住65周年に当たる。2月9日に宮城県人会館で総 ...

続きを読む »

二天古武道研究所=ファベーラで奉仕活動=子どもが安全に遊べるように

 二天古武道研究所(岸川ジョルジ代表)の青年会「隼」(浅川アキオ会長)の会員約25人が、サンパウロ市南部パレリェイロス区の非政府組織「コムニターリア・ペケーノ・プリンシペ(星の王子さま)協会」の運営する児童保育施設を11月24日に訪問し、施設整備などの奉仕活動を行った。  周辺はファベーラ(貧民街)で、日中仕事などで子どもの世話 ...

続きを読む »