ホーム | 2020 | 1月

1月 2020の記事一覧

(ブラジル音楽界)セルタネージャ業界がボウソナロ大統領を訪問 コンサート半額制の廃止訴え

 29日、「ブラジルのカントリー」として、国内一の音楽市場でのシェアを誇るセルタネージャのアーティストたちが、ボウソナロ大統領に会いに大統領府を訪れた。一団は、ブラジルのコンサートでは一般的となっている、入場料半額制をなくすことを訴え、物議をかもしている。  アーティストたちを迎え入れたボウソナロ大統領は、「私はいつだってセルタ ...

続きを読む »

《ブラジル》サービス業信頼感指数が前月より下がる=「期待感」は良いが、「現状分析」

 リオ市の学究機関ジェトゥーリオ・ヴァルガス財団(FGV)が30日、1月のブラジル国内のサービス業信頼感指数(ICS)は前月(昨年12月)の96・2ポイント(P)より0・1P低い、96・1Pだったと発表した。 ※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 → ログイン.  会員登録はお済みですか? 会員について

続きを読む »

《ブラジル》「家賃のインフレ」IGP―M=1月は0・48%=昨年12月の2・09%から下がる

 リオ市に本部を置くジェトゥーリオ・ヴァルガス財団(FGV)が30日、今年1月の総合市場物価指数(IGP―M)は0・48%だったと発表した。 ※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 → ログイン.  会員登録はお済みですか? 会員について

続きを読む »

《ブラジル》公的銀行総裁「国が汚職を正当化」と発言=報告書への批判に対抗し=調査にかかった費用を修正=建設大手の案件は手付かず

 【既報関連】社会経済開発銀行(BNDES)が昨年作成した、「BNDESが2005年から18年にかけて、ブラジル国外で行った8件の投資に関する報告書」の中で「汚職は一切行われていなかった」とされていたことが20日に報じられてから9日後の29日、グスタヴォ・モンテザーノBNDES総裁は、「これ以上明らかにすることはない」と再度述べ ...

続きを読む »

《ブラジル》文化局長に国民的女優レジーナが就任=政治経験なく芸能界も反発=政権1年強で4人目の局長

 29日、連邦政府の文化局就任依頼を受けていた女優のレジーナ・ドゥアルテ(72)が29日、10日近くに及んだ「お試し期間」を経て、就任を承諾した。国民的女優の就任は話題だが、文化局そのものの今後の方針を懸念する声もあがっていると、30日付現地紙が報じている。  今回の文化局長就任問題は、前任のロベルト・アルヴィム氏がナチス・ドイ ...

続きを読む »

《ブラジル》空軍機使用問題=1人だけでケニア訪問の例は不問?=PPIは経済省の管轄に

 【既報関連】休暇中のオニキス・ロレンゾーニ氏に代わる官房長官代行者だったヴィセンテ・サンチーニ氏が、空軍機を使って国外旅行した事を理由に解雇されたのを受け、投資パートナー計画(PPI)の担当が官房長官の管轄下から経済相の管轄下に移ったと30日付伯字紙サイトが報じた。  サンチーニ氏はPPI担当者2人を連れ、スイスのダヴォスで開 ...

続きを読む »

《ブラジル》利下げ後も銀行は利息を下げず=自分たちの利幅だけ拡大

 ブラジル中銀が29日に発表した2019年の年次クレジット報告書によると、昨年は経済基本金利(Selic)が下がったのに、銀行がその分を個人や企業に融資する際の金利に反映させず、利益を拡大した事が分かった。30日付現地紙が報じた。  銀行は、中銀から借りる際の金利(Selic)と、消費者に貸す際の金利の差(スプレッド)で利益を上 ...

続きを読む »

(サンパウロ市)テメル氏の二女が人身事故 通行人女性の左足骨折

 29日午前、サンパウロ市で、テメル前大統領の二女マリステラ氏(48)が、車を運転中に人身事故を起こした。30日付現地紙が報じている。  現場は市西部ピニェイロスのフェレイラ・デ・アラウージョ街218番の曲がり角で、マリステラ氏は午前8時頃、会社秘書として働いている40歳の女性をはねた。  この事故で、被害者の女性は左足を骨折し ...

続きを読む »

東西南北

 昨日付本紙で報じた、サンパウロ大都市圏サンベルナルド・ド・カンポで親子3人がジープの中で焼かれ、炭化死体で見つかった事件で、警察は29日、この一家の娘のアナ・フラヴィア・メネゼス・ゴンサウヴェス容疑者を殺人容疑で逮捕した。さらに、同容疑者の恋人のカリーナ・ラモス容疑者も、共犯の容疑で逮捕された。警察によると、事件当日の28日未 ...

続きを読む »

日本人に対しても変わらないボウソナロの偏見

 26日夜のことだった。コラム子は妻から、「これ、あなたが書いたの?」と、彼女が開いたノート・パソコンを指して言われた。読んでみるとそれはフォーリャ紙の記事で「日系の新聞がボウソナロ大統領を批判」と書かれてあった。  「えっ、どれのことだろう」とコラム子も一瞬、自分のことかと気になったが、ポルトガル語の記事は書かないので、コラム ...

続きを読む »