2020年1月21日の記事一覧

レイニエール(18)レアル・マドリッド移籍が正式発表=ヴィニシウス・ジュニオル、ロドリゴに続き3年連続でブラジルの神童を獲得

 レアル・マドリッドは20日、フラメンゴのミッドフィールダー、レイニエール(18)を獲得することでフラメンゴと合意に至ったと発表。現在、コロンビアで開催中の東京五輪南米予選(U23南米選手権)が終了次第、レアルに加入すると発表した。   2002年1月生まれのレイニエールは、19日に18歳になったばかり。昨年の3月に行われたU1 ...

続きを読む »

《ブラジル》=「休日多くて売上さっぱり」?=観光業以外は苦戦か

 ブラジル全国財・サービス観光商業連合(CNC)は17日、今年は多くの祝日が平日に重なり、休みをとる国民が増えるため、観光部門以外の商業部門は196億レアルの損失を被ることになるだろうと発表した。この数値は174億レアルだった2019年と比べると、12%も高い。  CNCは、平日に祝日が重なって休日となると、売上が落ち、営業コス ...

続きを読む »

《ブラジル》ペトロブラスが肥料会社閉鎖=解雇された労働者が抗議行動

 ブラジル南部のパラナ州アラウカリア市で17日、14日に冬眠(実質的な閉鎖)が宣言された肥料会社アラウカリア・ニトロジェナドス(ANSA)の元従業員らが、工場閉鎖と解雇に反対する抗議行動を行った。  ANSAは石油公社のペトロブラス傘下の肥料会社で、ペトロブラスが14日に「ANSAは冬眠する」と発表。これに伴い、従業員396人が ...

続きを読む »

パラグアイとブラジル国境の刑務所で75人脱獄=巨大なトンネル見つかる=疑われる刑務所職員の内通=出入国管理を厳重化

 ブラジル中西部のマット・グロッソ・ド・スル州ポンタ・ポラン市で国境を接するパラグアイのペドロ・ファン・カバジェロ市の刑務所で、現地時間19日未明に、サンパウロ州を本拠とするブラジルの大型犯罪組織州都第一コマンド(PCC)の構成員75人が地下トンネルから脱走した。19、20日付ブラジル各紙・サイトが報じている。    パラグアイ ...

続きを読む »

《ブラジル》ENEMの採点ミスが大問題に 2日連続で過失を正式発表 受験生の混乱避けられず

 昨年度の国家高等教育試験(ENEM)に関する採点ミスが、連日で判明。国内の多くの大学受験者への影響が避けられないものとなり、教育省の責任が強く問われている。19、20日付現地紙が報じている。  17日、教育省は、昨年11月3日と10日に行われたENEMの個人結果を発表した。だが、その時点から、ネットを中心に「不審な点がある」と ...

続きを読む »

サンパウロ州にもアマゾン伐採の影響=カンタレイラの貯水量45%

 サンパウロ総合大学環境エネルギー研究所とポルトガルのポルト大学で教鞭をとるペドロ・コルテス氏によると、法定アマゾンでの森林伐採増加が、ブラジル中西部を潤し、南東部や南部の水系に水をもたらす雨の量にも影響を与えていると19日付G1サイトが報じた。  国立宇宙研究所(Inpe)は14日、昨年1年間の法定アマゾンの森林伐採は9165 ...

続きを読む »

《ブラジル》ヴァザ・ジャット ダラグノルが親派サイトと共謀? 中銀総裁人事に介入とも

 サイト「ジ・インターセプト・ブラジル」は20日、「ヴァザ・ジャット」報道を行い、連邦検察庁パラナ州支部でラヴァ・ジャット作戦を担当するデウタン・ダラグノル主任らが、サイト「アンタゴニスタ」と組んで、ペトロブラス元総裁のイヴァン・モンテイロ氏のブラジル銀行総裁就任を阻む工作を仕掛けていたと、同日付現地紙サイトが報じている。  こ ...

続きを読む »

《ブラジル》不動産融資の借り換えがブームに=低金利と銀行間の競争激化で

 ブラジル中銀は、昨年1~11月は、ある銀行で不動産関連の融資を受けた消費者が、別の銀行からより低利の不動産融資を受けて、融資を返済しようとする借り換え行為が14億6千万レアルに上り、2018年の同じ期間の2・7倍以上になったと発表した。20日付現地紙が報じている。  19年11月に不動産融資の借り換えを行った人は1094人で、 ...

続きを読む »

東西南北

 18日付本紙でも報じたように、16日夜から17日にかけてのブラジルでは、ナチスの情報相ヨーゼフ・ゲッベルスの言動を真似たロベルト・アルヴィム文化局長の話題で持ちきりだったが、アルヴィム氏解任後に、ボウソナロ大統領がベテラン女優、レジーナ・ドゥアルテに文化局長就任を依頼したことも話題を呼んでいる。レジーナは70~80年代、テレビ ...

続きを読む »

GB連合=若手中心執行部が2年目突入=初心者も楽しめる2リーグ制へ=定期総会で新体制作り議論

 ブラジルゲートボール連合(UCGB/萩尾勝巳ジュリオ会長)は「第37回定期総会」を12日午前、サンパウロ市のブラジル宮城県人会会館で開催した。若手役員中心の執行部による運営を始めて2年目に突入。新入会員の初心者も楽しめる2リーグ制が今年から本格導入される予定になっており、新風が吹き込む一年になりそうだ。総会では昨年度の事業と会 ...

続きを読む »