ホーム | 2020 | 2月

2月 2020の記事一覧

《ブラジル》モロ法相=パンク・イベント取調べへの見解を表明=各方面から対処に違和感唱える声

 セルジオ・モロ法相が27日、ボウソナロ大統領を批判するパンクロックのイベントに対して取調べがなされたことを肯定する発言を行い、強い違和感や批判を招いている。  事の発端は、パラー州ベレンで行われているパンクロックのイベント「ファカーダ・フェスト」で、出演バンドとイベンターが地元の警察から取調べを受けた。この件では既に、ネット上 ...

続きを読む »

《ブラジル》1人あたりの平均世帯収入が約1440レアル=最も高いのは首都ブラジリアのあるDF

 ブラジル地理統計院(IBGE)は28日、2019年のブラジル全土の平均世帯収入は、1人当たり月額1438・67レアルだったと発表した。  この数値は、1373レアルだった2018年より、65・67レアル(4・8%)増だ。  この額は、IBGEが毎年行う、全国家庭サンプル調査(Pnad)のデータを使ってまとめられた。調査結果は連 ...

続きを読む »

《ブラジル》連邦議会に4色のイルミネーション=世界希少・難治性疾患の日で

 より良い診断や治療による希少・難治性疾患の患者の生活の質の向上を目指す、「世界希少・難治性疾患の日」を記念して、連邦議会が4色のイルミネーションで飾られている。  「世界希少・難治性疾患の日」は2月の最終日(今年の場合は29日)で、連邦議会では、2月22日から3月4日までの間、特別なイルミネーションが行われる。  上院を緑とピ ...

続きを読む »

《コロナウイルス》ブラジル電子機器産業に痛手=中国からの輸入部品滞る=一部で休業、休暇措置も

エンリケ・マンデッタ保健相(中央)とジョアン・ドリア、サンパウロ州知事(左)(サンパウロ州政府より)  【既報関連】中国を発生源とした新型コロナウイルス肺炎(COVID―19)の世界的流行により、中国からの部品が届かなくなったことで、ブラジル国内でも工場の生産活動などへの影響が拡大している。また、今週は、検査基準が変更された上に ...

続きを読む »

《ブラジル》反議会デモ問題=大統領の生放送反論に矛盾=「5年前のもの」と主張も=2年前の刺傷シーン映る

27日のボウソナロ氏(Live via Agencia Brasil)  ボウソナロ大統領は27日、自身のネット上での生放送で、反連邦議会、反最高裁の抗議集会を呼びかけたことを否定し、議会やマスコミを責めた。しかし、抗議集会の呼びかけに関しては、事実と異なる発言を行った。28日付現地紙が報じている。  ボウソナロ氏は27日、自身 ...

続きを読む »

能力超えた積荷が原因?=沈没危機の大型タンカー

 【既報関連】24日夜、北東部マラニョン州の港から出航直後に事故が起き、砂地に乗り上げて傾いたまま停泊している大型タンカーは、積載能力の上限に近い荷を積んでいた事や、オイル漏れを起こしている事が明らかになったと27、28日付現地紙、サイトが報じた。  ポラリス・シッピング社(韓国)が管理・運航するMVステーラー・バナー号は、マラ ...

続きを読む »

《サンパウロ市》コーヴァス市長の癌細胞は完全には消えず=免疫療法による治療を開始

 ブルーノ・コーヴァス・サンパウロ市市長(39、民主社会党・PSDB)は8回に及ぶ化学(薬物)療法を終えたが、生体組織検査の結果、癌細胞が消滅していないことが判明し、免疫療法を行うことになったと28日付現地紙が報じている。  これは27日に、サンパウロ市シリオ・リバネス病院が発表したものだ。  コーヴァス市長の医師団は先週、化学 ...

続きを読む »

《ブラジル》元ヴェルディ監督エスピノーザ氏72歳で死去=グレミオ率い、クラブ世界一も達成

 サッカー監督としてグレミオを率い、1983年にはリベルタドーレス杯とトヨタ杯を制覇。1997年には日本でも、Jリーグの東京ヴェルディ(当時はヴェルディ川崎)も率いたヴァウジール・エスピノーザ氏(72)が27日、リオ市で亡くなった。  同氏は、日本の本田圭佑も所属するリオのボタフォゴのテクニカルディレクターを務めていた。     ...

続きを読む »

東西南北

 この2月のサンパウロ市の天気は「異常気象」とも言えるものだった。国立気象観測所(INMET)によると、今月の降水量は483・6ミリで、77年前の観測開始以来、2月としては史上最多を記録した。これまでの記録は1995年に記録した445ミリで、平年の月間平均の246ミリと比べると、ほぼ2倍の雨が降ったことになる。異常なのは降水量だ ...

続きを読む »

西森下議「税制改革は6月までに通る」=パラナ兵庫50周年に腕まくり=「舌禍あるが政権の方向正しい」

 「今年はパラナ州兵庫県姉妹提携50周年を盛大にやりたい」。西森ルイス弘志連邦下院議員(70、二世、PR)は13日に来社し、今年の意気込みをそう語った。3月にはパラナ州知事夫妻が訪日し、井戸敏三兵庫県知事と懇談する予定があり、8月には井戸知事が来伯して同50周年式典を州議会などで盛大に開催するべく準備が進められている。「今までや ...

続きを読む »