2020年2月20日の記事一覧

《ブラジル》2月の工業界企業家信頼感指数がやや下がる=それでも64・8Pで、「自信あり」の水準キープ

 ブラジル工業連盟は18日、2月の工業界企業家信頼感指数(ICEI)が1月に比べて0・5%ポイント(P)落ちて、64・8Pとなったと発表した。  昨年の11月から今年の1月までの3カ月連続での前月比高がストップしたが、それでも、指数を出し始めてからの平均値を10P上回り、また、1年前の昨年2月と比較しても0・3P高かった。 ※こ ...

続きを読む »

サンパウロ市=車での移動は28%減少?=向こう10年間の可能性探る

 コンサルタント会社Kantarが世界31市の住民に交通機関の利用に関する聞き取り調査を行った結果、サンパウロ市では、向こう10年間で車での移動が28%減るとの予測を発表した。  同社によると、サンパウロは世界で3番目に、交通機関の利用形態を変える事に対する柔軟性が高いという。柔軟性が最も高かったのは英国のマンチェスターで、2位 ...

続きを読む »

井戸を掘った人達を忘れるな

 15~16日に開かれたサンパウロ州最大のカラオケ大会「パウリスタン」の開会式で、憩の園の佐藤直会長が、「入居者の多くは現在の日系社会の基礎を作って下さった方達」という趣旨の発言をされたのが心に残った▼日本移民112年だから、今年が100周年にあたる県人会もあるだろう。ブラジル到着60周年を機に、幕を閉じるという同船者会もある。 ...

続きを読む »

《ブラジル》ボウソナロ大統領が「性交渉と引き換えに特ダネを取る女」と、女性ジャーナリストを侮辱

18日のボウソナロ氏(Marcos Corrêa/PR)  18日、ボウソナロ大統領がフォーリャ紙の女性記者に関して行った、「性交渉と引き換えに特ダネを求めた」をはじめとする誹謗中傷発言が強い波紋を投げかけ、抗議が殺到している。19日付現地紙が報じている。  事の発端は18日、ボウソナロ大統領が自身の支持者の前でフォーリャ紙の記 ...

続きを読む »

《サンパウロ州議会》公務員年金改革1回目の承認=受給年齢は男65歳、女62歳=補足法案も追って承認の予定

年金改革PECの州議会採決の様子(サンパウロ州議会公式サイトより)  サンパウロ州議会は18日、同州公務員の年金制度改革憲法補足法案(PEC)の基本文書を、賛成57、反対31で1回目の承認をしたと、19日付現地各紙が報じている。  同PECは昨年の12月以降審議が中断していたが、最高裁のジアス・トフォリ長官が18日に審議再開を許 ...

続きを読む »

《ブラジル》カーニバル=空港に着いた観光客を魅了=リオは展示、サンパウロはサンバで

 ブラジルでカーニバル色が一段と強まる中、リオ市のトム・ジョビン空港やサンパウロ市のコンゴーニャス空港は、空港に到着したばかりの観光客にもカーニバルの雰囲気を味わってもらうための工夫を凝らしていると17、19日付アジェンシア・ブラジルが報じた。  トム・ジョビン空港では17日から3月2日までの日程で、同空港を利用する乗客が最初に ...

続きを読む »

《ブラジル》年金、恩給の受給申請の審査速度が上がらず=障がい恩給の処理に大きな遅れ

 【既報関連】ブラジル連邦政府が「INSS受給申請後の審査待ちの人数は減っている」と表明してはいるが、審査結果を期限内に知らされた申請者の数はむしろ減っていると、19日付現地紙が報じた。  現地紙の調べによると、申請処理の遅れで最も被害を受けているのは、定年退職による年金受給申請者と、経済的により困窮している、障がい者恩給や高齢 ...

続きを読む »

《ブラジル》アドリアノ容疑者の再検死決まる=大統領一家も注目する中

 9日に殺害された、ボウソナロ大統領一家ともつながりのあるミリシア、アドリアノ・ダ・ノブレガ容疑者の再検死が行われることになった。19日付現地紙が報じている。  判断を下したのは事件の起きたバイア州エスプラナーダのアウグスト・ユゾ・ジョウチ判事で、同州検察局とアドリアノ容疑者の未亡人からの要請を18日に受け入れた。 ※このコンテ ...

続きを読む »

東西南北

 19日付現地紙によると、サンパウロ市内では、ピーク時(5時~8時59分、16時~19時59分)におけるバスの平均時速が、わずか16キロだったという。また、2009年以降の平均時速の最高は、午前、午後とも、17キロだったという。昨年のサンパウロ市の市民ミニ・マラソン「サンシルヴェストレ」で優勝したケニアのランナーは時速約21キロ ...

続きを読む »

「多様性を残すことは尊い」=秋の叙勲伝達式と祝賀会開催=元大臣や銀行経営者ら重鎮に

 18日午後、在サンパウロ日本国総領事公邸で「2019年秋の叙勲伝達式」が行われ、同管轄の6人が受勲した。邦人叙勲は二宮正人氏(瑞宝中綬章)、外国人叙勲ではルーベンス・リクペロ氏(旭日大綬章、旧勲一等)、ロベルト・ロドリゲス氏(旭日重光章、旧勲二等)、ルイス・カルロス・トラブッコ・カッピ氏(旭日中綬章)、原田清氏(旭日中綬章)、 ...

続きを読む »