2020年2月11日の記事一覧

《ブラジル》1月インフレは0・21%=食肉価格の高騰は一旦落ち着く

 ブラジル地理統計院(IBGE)は7日、1月の広範囲消費者物価指数(IPCA・政府公認のインフレ率)が0・21%だったと発表。1994年に新通貨レアルが採用されて以降、1月としては最低水準だった。 ※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 → ログイン.  会員登録はお済みですか? 会員について

続きを読む »

アカデミー賞受賞作で風刺ジョーク溢れる 「パラサイト」発言のゲデス経済相を攻撃

 9日に行われたアカデミー賞授賞式で、韓国映画「パラサイト 半地下の家族」が、英語以外の作品としては初の作品賞を受賞する、史上初の快挙を成し遂げたが、ブラジルでも「パラサイト」が別の意味で盛り上がり、ネット内が冗談で溢れる事態が生じている。  ネット内の冗談で標的となっているのは、パウロ・ゲデス経済相だ。同経済相は、2日前の7日 ...

続きを読む »

コロナウイルス=ブラジル人家族34人の帰国便が到着=肺炎の症状訴える人おらず=空軍基地で18日経過観察= 基地近くに来る帰国者の親も

 【既報関連】中国湖北省武漢で発生した新型コロナウイルスによる肺炎流行により、現地に足止めになっていたブラジル人とその家族、合計34人を乗せたブラジル空軍機2機が、9日午前6時すぎにブラジル中西部ゴイアス州アナポリスの空軍基地に着陸したと、8~10日付ブラジル各紙が報じた。   帰国者34人の中には7人の小児が含まれる。帰国者た ...

続きを読む »

《ブラジル》渦中のミリシア首領殺害 大統領一家と密接な関係 長男やマリエレ事件の謎抱え

 リオ市のミリシア(犯罪者の民兵組織)の大物で、ボウソナロ大統領長男フラヴィオ上議との関係が度々ささやかれ、18年3月のマリエレ・フランコ元リオ市議殺害事件への関与も疑われていたアドリアーノ・ダ・ノブレガ容疑者(43)が9日未明、バイア州で行われた捜査で銃弾を受け、多くの謎を残したまま、死亡した。10日付現地紙が報じている。   ...

続きを読む »

サンパウロ大都市圏=大雨でチエテ川など溢れる=土砂崩れや交通網の混乱も

 寒冷前線接近で9日夜から始まった雨により、サンパウロ大都市圏で大きな被害が発生したと10日付現地紙サイトが報じている。  サンパウロ市での被害は、チエテ川とピニェイロス川が溢れた事などで生じた洪水や冠水、倒木などが中心だ。チエテ川とピニェイロス川の水位上昇は記録的なもので、マルジナル・チエテではセボラン方面がカーザ・ヴェルデ橋 ...

続きを読む »

《ブラジル》ゲデス経済相が、「公務員は寄生虫」と発言=行革法案成立逸り勇み足?

 リオ市で7日に開催されたイベントで、パウロ・ゲデス経済相が行政改革の早期承認を呼びかけた際、「公務員たちは寄生虫。母体は喰われて死につつある」と発言。公務員団体だけでなく、行革に賛成の立場の政党からも批判の声が上がったと、7、8日付現地各紙・サイトが報じた。  発言は、「公務員はインフレ率の50%増しの賃金調整や雇用の保障、手 ...

続きを読む »

《南米サッカー》ブラジルの東京五輪男子サッカー出場決定 激戦の南米予選を2位で突破

 コロンビアで開催されていた、東京五輪に向けた男子サッカー南米予選で9日、ブラジルが五輪出場を決めた。10日付現地紙が報じている。  ブラジル、アルゼンチン、ウルグアイ、コロンビアによる決勝リーグからは、2チームが東京五輪に出場できる。ブラジルは3日と6日のコロンビア戦とウルグアイ戦で引き分け、勝ち点2をあげた。アルゼンチンは2 ...

続きを読む »

東西南北

 事件発生から2週間が経過するサンパウロ大都市圏ABC地区での宝石商親子殺害事件で、10日に新たな進展があった。既に逮捕されているジュリアノ・デ・オリヴェイラ・ラモス容疑者の弟で、逃亡中だったジョナタン・ファグンデス・ラモス容疑者が出頭したのだ。同容疑者はゴンサウヴェス家の長女アナフラヴィア容疑者の恋人のカリーナ・ラモス容疑者の ...

続きを読む »

福岡県人会=南会長「7月は大変な月に」=県連日本祭りと創立90周年=昨年の世界大会もてなしに感謝

 ブラジル福岡県人会(平山秀夫イナシオ会長)は第90回定期総会を3日、サンパウロ市の三重県人会館で催した。遠方からはアラサツーバ、クリチーバ、マリリア、ノーバ・エスペランサ支部からも代表が駆けつけ、約100人が出席した。役員改選が行われ、南アゴスチーニョ俊男会長以下20人が選ばれ、7月19日に予定する県人会創立90周年および県人 ...

続きを読む »

国費留学生の初帰国報告会=日本での気付きや成果を語る=「日本語勉強したおかげで留学」

 国費留学生(日本語・日本文化研修、「日研生」と略)の初帰国報告会が6日午後7時からサンパウロ市のジャパン・ハウスで開催され、日系社会代表団体の役員や日系企業、家族ら約100人を前に、在サンパウロ総領事館管轄の6人中5人が訪日の成果を語った。いずれも18年9月から19年8月頃までの1年間、日本の一流大学に留学し、日本語や日本文化 ...

続きを読む »