2020年2月1日の記事一覧

《ブラジル》フッキがネット人気でボウソナロ抜く 次回大統領選出馬有力な司会者

 2022年の大統領選出馬が有力視されている、テレビ司会者のルシアノ・フッキが、ネット上の人気でボウソナロ大統領を抜いていたことがわかった。  これは、クエストという企業が行った「デジタル人気指数」という数値の調査でわかったものだ。  この指数は、ツイッター、インスタグラム、フェイスブックの「フォロワーの数」「コメントやいいねの ...

続きを読む »

《ブラジルサッカー》本田がボタフォゴ入りを明言=ポルトガル語で「リオで会いましょう」と語る

 【既報関連】サッカー元日本代表の本田圭佑が日本時間1月31日夜11時過ぎにに自身のツイッター(@kskgroup2017)に、ブラジルのボタフォゴに加入すると語る動画を投稿。その直後にボタフォゴ公式アカウント(@Botafogo)も、本田加入を認めるツイートを行い、本田のボタフォゴ加入が明らかになった。  本田はポルトガル語で ...

続きを読む »

《サンパウロ市》路上生活者が4年間で52%増加=1万6千人が2万4千人超に

 2019年に行われた動向調査によると、サンパウロ市の路上生活者は2万4344人で、4年前の調査時の1万6千人と比べ、52%も増えた事がわかった。  過去の調査記録によると、1999年の路上生活者(路上に寝泊りする人と、夜は収容施設で宿泊するが昼間は路上で過ごす人の総計)は9千人だった。その後、2008年から2011年までは1万 ...

続きを読む »

《ブラジル》オニキス官房長官の大統領府での権限低下 PPIと側近2人の更迭で 本人は辞任を強く否定も 大統領の長年の親友だが

 虎の子のプロジェクトを移管され、部下のスキャンダルも発覚したことで、オニキス・ロレンゾーニ官房長官(民主党・DEM)が大統領府での居場所を失いつつあると、1月31日付フォーリャ紙などが報じている。   昨日付でも報じたように、官房長官代行だったヴィセンテ・サンチーニ氏が、国外での行事に空軍特別機で移動した問題で解任されたことと ...

続きを読む »

コロナウイルス=検査中のブラジル人12人に増加=サンパウロ州が最多で検査中7人=救出訴える女子サッカー選手も

 【既報関連】中国で流行が始まり、現在、世界中で脅威となっているコロナウイルス。1月30日にはジュネーブで開催された世界保健機関(WHO)の緊急会合で、「国際的に懸念される公衆衛生の緊急事態」が宣言された。  ブラジルでは発症者こそ確認されていないものの、ブラジル保健省発表の擬似症(検査中)の患者数は、1月30日午後4時現在の9 ...

続きを読む »

《ブラジル南東部》=温暖化で豪雨より頻繁に=政府が約9億レの支援を約束

 【既報関連】1月17日以降、ブラジル南東部では死者も伴う豪雨が続いているが、近年は、地球温暖化の影響で豪雨がより頻繁に起き、洪水その他の被害が甚大化する傾向にある。1月31日に現地を視察したボウソナロ大統領は、被災地支援のために8億9200万レアルの供出を約束したと1月29~30日付現地紙サイトが報じた。  1月の豪雨は、ミナ ...

続きを読む »

ボウソナロが突如入院 ヘルニアかパイプカットか

 ボウソナロ大統領が1月30日夜、ブラジリアの空軍病院に一時入院した。公務には記されていなかった。1月30~31日付現地サイトが報じている。  この入院は当初、「ヘルニアの定期健診のため」と報じられていた。大統領は昨年9月にも、18年9月の刺傷事件が原因のヘルニアの手術のため、入院している。  だが、その後の報道で、「パイプカッ ...

続きを読む »

米国移民問題=不法入国のブラジル人をメキシコ送りに=「言葉話せず立場弱い」とも

 【既報関連】米国トランプ政権は1月29日に、米国とメキシコの国境から米国に不法入国を試みたブラジル人は、入国審査を待つ間、メキシコに送り返されると発表した。  既に、未成年者4人を含む少なくとも10人のブラジル人が、1月29日の夕方にはメキシコのシウダード・フアレス市に送られた。  ビザを持たずに入国しようとする外国人を送り返 ...

続きを読む »

東西南北

 ここ数日、連日で報じている、1月28日にサンパウロ大都市圏サンベルナルド・ド・カンポで起きた親子3人惨殺事件に関連し、新たな事実が判明した。事件発生直前の27日夜、妻のフラヴィアーナ氏が殺人犠牲者となった夫と息子の遺体を乗せたジープを運転し、自宅のあるコンドミニアムを出ていたことがわかった。同氏も、28日未明に、焼かれたジープ ...

続きを読む »

移民史料館=第3期工事完了、お披露目=研究センター、斎藤広志記念室=書道、折り紙など日本文化普及

 サンパウロ市466周年とブラジル日本文化福祉協会(文協)創立65周年を記念して、ブラジル日本移民史料館(山下リジア運営委員長)は23日午後、文協ビル9階で第3期工事の終了式を行い、「生きた史料館」スペースのお披露目を行った。これは「移民・日本文化研究センター(梅棹忠夫先生記念室)」(3階)と「斉藤広志先生記念室」(8階)の二つ ...

続きを読む »