2020年1月18日の記事一覧

《ブラジルサッカー》今年もフラメンゴが主役の予感=トップチームの公式戦にU20を出す余裕も

 昨年12月8日にブラジル全国選手権が終了してわずか41日。ブラジル各地で2020年サッカーシーズンが幕を開ける。  18日にはリオ州、パラナ州、ペルナンブッコ州で、21日にはミナス州で、22日にはサンパウロ州、リオ・グランデ・ド・スル州、バイーア州で州選手権が開幕する。  18、19の週末に州選手権が一斉に始まらないのは、ブラ ...

続きを読む »

コリンチャンスがユダヤ系国民にオマージュ 文化局長のナチス発言を受け

 17日、サンパウロの名門サッカー・クラブ、コリンチャンスが、16日の夜にナチス・ドイツの宣伝相ヨーゼフ・ゲッベルスの言動を模倣し、物議をかもした文化局長ロベルト・アルヴィム氏の発言を受け、ブラジルのユダヤ系国民に捧げる声明を発表した。  アルヴィム氏は16日に投稿した動画で、ナチスの音楽の象徴でもあったワーグナーのオペラの中の ...

続きを読む »

《ブラジル》カタールとの間はビザ不要に=昨年の合意が発効となり

 14日付ブラジル連邦官報によると、昨年10月にボウソナロ大統領が中東のカタールを訪問した時にサインした、ブラジルとカタールの間のビザを免除するとの合意が発効となった。  両国市民はこれによって、観光、乗り継ぎ、商用のいずれの場合でも、最初に入国した日から12カ月以内は、最大90日間、ビザがなくても相手国に滞在できる事になった。 ...

続きを読む »

《ブラジル》コカイン所持の男性乗客ご用=768グラムを下着に隠す

 ブラジルではこのところ、連邦道路警察などによる麻薬の押収量が増えているが、16日夜は、南部のパラナ州で、下着の中にコカインを隠して運ぼうとしていた男性が現行犯逮捕された。  男性が捕まったのは午後9時半頃で、パラナ州西部の高速道を走るバスが同州西部のセウ・アズルにある大型車の検査場で止まった際、警察犬が麻薬を所持している事を示 ...

続きを読む »

《ブラジル》パラナ州=ゴミや汚泥を使う発電所=バイオガスと有機肥料生産

CSビオエネルジアの施設(15日付サンパウロ州不動産登記者協会サイト記事より)  パラナ州にブラジル初のバイオガスを使う発電所が造られ、稼動するばかりになっている。  パラナ州からの環境許可も得、操業を開始するばかりなのはCSビオエネルジア社だ。同社は、下水処理場から出る汚泥とゴミ収集所から送られて来る有機ゴミを使い、バイオガス ...

続きを読む »

《ブラジル》文化局長の動画で大波紋=ナチスのゲッベルスを模倣=師匠オラーヴォもかばえず=流石の大統領も即座に解任

 16日、ロベルト・アルヴィム連邦政府文化局長が、投稿したビデオの中で、ナチス・ドイツの宣伝相、ヨーゼフ・ゲッベルス氏が行った悪名高き発言を真似て主張。ブラジル中で大問題となり、17日午前に解任された。17日付現地サイトが報じている。  問題となったのは、アルヴィム氏が16日19時46分に投稿した6分38秒の動画だ。アルヴィム氏 ...

続きを読む »

《ブラジル陸運庁》トラック輸送の最低料金引き上げ=前回調整から10%以上も増額=2月には料金表の違憲審理

トラックストの再発をブラジル政府は何より恐れている(参考画像・Rodrigues Pozzebom/Ag. Brasil)  ブラジル国家陸運庁(ANTT)は16日、ブラジル国内のトラック輸送の最低料金表を、積荷の種類や輸送形式によって11~15%増額調整したと、17日付現地紙が報じた。  新しい料金表は週明け20日から有効とな ...

続きを読む »

《ブラジル》ミナス州の奇病の死者4人に=汚染銘柄も8つに増える

ジエチレングリコールが検出されたバッケル社のビール(17日付G1サイトの記事の一部)

 【既報関連】今月7日に死者が出て以来、注目されているミナス・ジェライス州での奇病に関し、市警や農務省が、死者が4人に増えた事や薬剤によって汚染された銘柄が八つに上る事などを明らかにしたと16、17日付現地紙、サイトが報じた。  地元のビール会社バッケルの製品を飲んだ後、嘔吐や吐き気、腹痛などを起こした人が、急速に腎不全や神経障 ...

続きを読む »

リオ水道水問題=大型浄水装置が浄水場に到着=本格的な稼動は週明けから

 【既報関連】リオ大都市圏のノヴァ・イグアス市にあるグァンドゥ浄水場に17日の朝7時30分、大型の水ろ過装置を載せた3台の貨物トラックの内、最初の1台が到着したと、同日付各現地サイトが報じた。  リオ大都市圏では、水道水が濁り、不快な匂いや味がするという事態が続いている。グァンドゥ浄水場は、リオ大都市圏内に供給される水の80%を ...

続きを読む »

(サンパウロ市)軍警がデモを強行阻止 僅か500メートルで終了

 サンパウロ市軍警が16日午後、セントロで、デモ隊が500メートルしか歩いていない状態でデモを中止させた。17日付現地紙が報じている。  このデモは無賃乗車運動(MPL)が計画したもので、サンパウロ市のバス、地下鉄、CPTMの値上げに反対し、市立劇場からパウリスタ大通りまで行進する予定だった。  だが、軍警はMPLがデモを行う前 ...

続きを読む »