2020年1月9日の記事一覧

イベント情報

EXPOSIÇÃO   MIRAITOWA   E SOMEITY – MASCOTES DAS OLIMPIADAS DE TOKYO 2020 – SÃO PAULO/SP Onde: Japan House São Paulo (Avenida Paulista 52, 2º andar, Bela Vista) ...

続きを読む »

《ブラジル》19年の穀物類の収量は新記録=大豆と米は前年割れだが

輸出用の大豆の積み込み(Foto: GEPR)  ブラジル地理統計院(IBGE)が8日、2019年の穀物とマメ科植物、油糧種子の総収量は2億4150万トンで、新記録を更新したと発表した。  2億4150万トンという数字は、2億2650万トンだった2018年比6・6%増、これまでの最高だった2017年の2億3840万トンと比べても ...

続きを読む »

《ブラジル》失業への恐れ指数低下=男女間で大きな差もあり

多くの買い物客で賑わう衣料品店(参考画像・Rovena Rosa/Ag. Brasil)  ブラジル全国工業連盟(CNI)が8日に発表した調査結果によると、2019年の第3四半期から第4四半期にかけて、ブラジル国民の間の失業への恐れの指数が58・2ポイント(P)から56・1Pへと2・1P低下したことが分かった。景気が若干回復した ...

続きを読む »

《ブラジル》「イランとの貿易継続」と大統領=背景に農業関係者の懸念=農産物で5番目の輸出相手=中東への最大供給国はブラジル

7日のボウソナロ大統領(Marcelo Camargo/Agencia Brasil)  【既報関連】米国とイランの間における緊張がいやます中、軍関係者に加えて農業界も、ボウソナロ大統領に対し、中東での緊張状態にかかわるのを避けることを望んでいると、8日付ブラジル国内紙が報じている。  ボウソナロ大統領は7日、イランと米国の緊張 ...

続きを読む »

《ブラジル》太陽光発電パネルの設置奨励を継続=「太陽は非課税」と論点すりかえも=貧者から富者への逆社会保障?

「発電パネルを設置できる富裕層、大企業優遇」との批判も出ているが(参考画像・Carla Ornelas/GOVBA)  ボウソナロ大統領は7日、太陽光発電パネル設置者への優遇措置を継続させる方向で国家電力庁(Aneel)と合意したと発表した。7、8日付現地各紙・サイトが報じている。  大統領は7日、Aneel理事のロドリゴ・リン ...

続きを読む »

ベネズエラ=ブラジルなどがグアイド議長承認=ロライマ州の難民増加は継続

 【既報関連】ベネズエラで5日、ニコラス・マドゥーロ大統領支持派の警察や軍が国民議会への出入りを制限した上、少数派のマドゥーロ支持派が議長を電撃選出するという事件が起きたが、ブラジルなどの米州諸国からなるリマグループは6日、反体制派議員が別の場所で開いた議会で再選したフアン・グアイド氏を正式な議長として認める声明を発表したと6日 ...

続きを読む »

《ブラジル》貯蓄預金=昨年は133億レアル分預金が純増=低利率により目減りの危険も

 ブラジル中銀は7日、2019年の貯蓄預金(ポウパンサ)への預け入れ総額は133億レアルの純増だったと発表。8日付現地紙が報じた。  「純増」とは、預け入れ分から引き落とし分を引いた結果が黒字だったことを意味する。単純な新規預け入れ額はもっと大きいが、引き落とされた分が減額された。 ※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要で ...

続きを読む »

《ブラジル》ファウジ容疑者が国際警察の指名手配者に=ロシアに逃亡中の襲撃犯

 昨年末にコメディ・グループ「ポルタ・ドス・フンドス」の事務所を襲撃し、ロシアに逃亡中のエドゥアルド・ファウジ容疑者が国際警察の指名手配者リストに掲載されることになった。8日付現地サイトが報じている。  ファウジ容疑者は昨年12月24日、リオ市ボタフォゴにあるポルタ・ドス・フンドスの事務所に火炎瓶を投げつけた。12月30日に警察 ...

続きを読む »

東西南北

 8日付現地紙によると、2018年10月に開通したサンパウロ市~グアルーリョス空港間の特急電車「CPTM13号線」の2019年の利用者は、1日平均わずか350人に止まったという。同線は上り下り合計で1日10本の運営なので、1回につき平均35人しか乗らなかった計算になる。CPTMの車両は320の座席があり、2千人まで乗せることが可 ...

続きを読む »

ブラジリア=サントス強制退去の政府謝罪を!=沖縄県人会が首都で請願書渡す=15分の面談が異例の2時間に

 大戦前後の日本移民迫害を巡って、奥原マリオ純さんが2015年12月に損害賠償を伴わない謝罪要求を法務省アネスチア委員会に起こした件に関して、ブラジル沖縄県人会(島袋栄喜会長(当時))は18年4月の定例役員会で支援することを全会一致で決めた。中々その審議が進まないことに業を煮やし、昨年12月11日、ブラジル沖縄県人会の上原ミウト ...

続きを読む »