2021年9月4日の記事一覧

《ブラジル》入院患者のビデオ通話認める法案裁可=家族との対話を正式承認

 ボルソナロ大統領が2日、新型コロナ感染症患者のように、家族の訪問が認められていない入院患者と家族がビデオ通話を行う事を可能とする法案を裁可したと同日付G1サイトなどが報じた。  この法案は入院患者の人道的な介護を可能とする目的でセリオ・ストゥダルチ下議が提出したもので、下院が承認後に上院に回され、8月11日に上院も承認。裁可待 ...

続きを読む »

《ブラジル》ボルソナロ家元家政夫が内情告発=前妻が給与割り戻し指揮?=賃金問題で辞職して暴露=メトロポレスが独占スクープ

マルセロ氏(Twitter)  ボルソナロ大統領一家に14年間にわたって雇われていた人物が、ボルソナロ氏前夫人で弁護士のアナ・クリスチーナ・ヴァレ氏や、長男フラヴィオ、次男カルロス氏が行っていたとされる職員給与割り戻し(ラシャジーニャ)疑惑についてジャーナリストに暴露した。2日付現地サイト(3日更新)が報じている。 このコンテン ...

続きを読む »

《ブラジル》デルタ株感染者が1週間で86%増=ミナスでは4日間で70%増=サンパウロ市の患者の7割は同株感染

 新型コロナの感染者や死者は減少が続いているが、8月31日~3日付現地サイトでは、全国のデルタ株による感染者は1週間で86%増、ミナス州では4日間で70%増など、懸念される報告が相次いでいる。  2日現在の全国の感染者は2083万495人で、新規感染者の7日間平均は2万1991人まで低下している。この数字は昨年11月11日の2万 ...

続きを読む »

《ブラジル》パラリンピックの金メダル21個に=2日残して過去最高の成績

 東京パラリンピックで2日と3日、ブラジルは6個の金メダルを獲得し、金メダルの総数を21個にのばした。これはパラリンピックで歴代最多タイの成績で、メダル獲得数では歴代最多となった。3日付、現地紙、サイトが報じている。  2日は4個の金メダルを獲得したが、そのうちの二つが水泳だった。ひとつはS6(肉体切断者)の400メートル自由形 ...

続きを読む »

《ブラジル》銀行連盟にCAIXAとBB残留へ=「三権協調」の姿勢そのままに

 サンパウロ工業連盟(Fiesp)が当初8月31日に発表予定だった、「三権の協調」などを求めた声明にブラジル銀行連盟(Febraban)が賛同の署名を行ったことから、離脱をほのめかしていた公的銀行の連邦貯蓄銀行(CAIXA)とブラジル銀行(BB)が同連盟にとどまることになった。3日付現地サイトが報じている。 このコンテンツを閲覧 ...

続きを読む »

《ブラジル》トヨタがソロカバ工場の生産能力強化=3交替制再開で450人採用

 トヨタが2日、サンパウロ州ソロカバ工場で3交替制を再開させて生産体制を強化し、来年度の生産台数を15万2千台に拡大する意向である事を明らかにしたと、2、3日付現地紙、サイトが報じた。  同社は19年7月から3交替制を停止していたが、ブラジル国内およびラ米地域の需要の高まりに対応するため、来年1月から3交替制を再開し、同工場の生 ...

続きを読む »

東西南北

 7日の独立記念日が火曜日にあたるため、ブラジルでは6日の月曜日を休みにして4連休にする人も少なくない。サンパウロ州の場合、今日から4日間の休暇を海岸部で過ごそうとする人もかなりいて、サンパウロ州公共運輸サービス規制機関(Artesp)はこの間の州内の高速道での車の数を450万台、そのうち海岸方面にあたるアンシエッタ/イミグラン ...

続きを読む »

ブラジル兵庫経済交流会=パラナ州知事と日系企業3社で

参加した皆さんで記念撮影

 8月17日、兵庫県ブラジル事務所の永田展之所長と、スミトモ・ラバー・ド・ブラジル社(住友ゴム工業株式会社のブラジル支社、本社兵庫県所在)、ハリマ・ド・ブラジル社(ハリマ化成グループ株式会社の子会社、本社東京都と大阪府所在)とシスメックス・ブラジル社(シスメックス株式会社のブラジル支社、本社兵庫県所在)が、パラナ州のカルロス・マ ...

続きを読む »

オンライン授業と対面は共存できる=パンデミック後の日本語教育は《5》=ピラール・ド・スール日本語学校教師  渡辺 久洋

聖南西青空スポーツ教室(提供写真)

 今後の「Pos継承日本語教育」を行う日本語学校の栄衰を大きく左右するカギとして重要なのは、次の2点が特に考えられます。  1つ目は、日本語学校に関わる人たちのエネルギー総量(保護者会や文協の協力体制・熱意・献身性など)。教育は物を売ってお金を稼ぐ商売ではないので、多く人達の協力・理解があってこそ成り立つ。  2つ目は、日本語学 ...

続きを読む »

CIATE=影山新氏が新専務に就任=「ブラジル文化理解したい」

影山新氏

 国外就労者情報援護センター(CIATE、二宮正人理事長)の新専務理事として影山新氏(30・栃木県)が着任し、8月24日に挨拶の為に来社した。  影山さんは弁護士として「品川国際法律事務所」(東京都所在)で3年間勤務した経験がある。そこにはスペイン語ができる弁護士がおり、顧客には在日ブラジル人やペルー人など多くいたこともあり、ブ ...

続きを読む »