2019年1月5日の記事一覧

「男がピンク着て、女が青着て、悪い?」=新人権相に皮肉を込めたプロテスト

雑誌「エクストラ」の皮肉めいた表紙

 ブラジルの芸能人やネットの界隈では年始早々から、早くもボウソナロ新政権に対する新たなプロテストが流行りはじめている。それは、男性が赤、ないしはピンクの服を着、女性が青の服を着る、というものだ。  事の発端は、就任したばかりの女性家庭人権相のダマレス・アウヴェス氏の発言に反抗を示したものだ。ジャイール・ボウソナロ極右政権下で人権 ...

続きを読む »

《ブラジル》ボウソナロ大統領=受給開始年齢の私案を披露=他の詳細にはほぼ触れず=既に「手ぬるい」との批判も

ボウソナロ大統領(Marcos Correa/PR)

ボウソナロ大統領(Marcos Correa/PR)  大統領就任後初めてのインタビューに応じたボウソナロ大統領(社会自由党・PSL)は3日、年金受給開始の最低年齢を男性62歳、女性57歳からとするという私案を披露したと4日付現地各紙が報じた。  テメル前政権が作成し、一昨年に下院投票直前までこぎつけるも、棚上げになっていた社会 ...

続きを読む »

元サンパウロ市市長=カサビがサンパウロ州総務局長を休職=正式公示された翌日に=昨年末に汚職で家宅捜索受ける

カサビ氏(José Cruz/Agência Brasil)

カサビ氏(José Cruz/Agência Brasil)  サンパウロ州は3日、同州総務局長に就任したばかりの、前科学技術相で元サンパウロ市市長のジルベルト・カサビ氏(社会民主党・PSD)の休職を発表した。「贈収賄工作などの疑惑を晴らすため」だという。4日付現地紙サイトが報じている。  カサビ氏はテメル前政権の閣僚からジョア ...

続きを読む »

《ブラジル》セアラー州=バス襲撃、爆破の暴動発生=モロ法相、国家治安部隊派遣へ

4日未明にフォルタレーザ市で焼き討ちに遭ったバスの残骸(4日付G1サイトの記事の一部)

 ブラジル北東部のセアラー州では、2日夜からバス襲撃などの犯罪者による暴動が連続発生しており、セルジオ・モロ法相が国家治安部隊の派遣を認めたと3、4日付現地紙、サイトが報じた。  2日夜、フォルタレーザ市で起きた2件のバス焼き討ち事件に始まった暴動は、3、4両日も止まるところを知らない。また、攻撃の範囲も州都やその周辺部から内陸 ...

続きを読む »

サンパウロ市地下鉄=トンネル捜査許可に1時間=クリスマス前の3歳児死亡事故

 昨年末、クリスマス直前の悲劇として報じられた、サンパウロ市地下鉄1号線のトンネルでの3歳児の事故死に関し、駅側がトンネル捜査の許可を出すのに1時間を要していたことが判明した。4日付現地紙、サイトが報じている。  ルアン・シウヴァ・オリヴェイラちゃんの死亡事故は、昨年12月23日にサンパウロ市地下鉄1号線サンタクルス駅で起きた。 ...

続きを読む »

《ブラジル》ボウソナロ、ツイッター大統領=当選後から340回超す投稿=1/4は政敵、メディアの批判

ボウソナロ大統領のツイッターアカウント、トップページ(@jairbolsonaro)

ボウソナロ大統領のツイッターアカウント、トップページ(@jairbolsonaro)  昨年10月28日の大統領選決選投票から今年の1月3日までに、ボウソナロ大統領(社会自由党・PSL)は、短文投稿サイト、ツイッター(@jairbolsonaro)に345回の投稿を行ったが、その4分の1以上は、メディア批判と労働者党(PT)など ...

続きを読む »

東西南北

 3日のSBT局でのインタビューで、ボウソナロ大統領は、かねてから1月中に発すると噂されている銃に関する大統領令では、銃の所有だけでなく、銃の携行も容易にする意向を表明した。同大統領によると、銃使用はあくまで正当防衛の時のみに限るとし、犯罪の多い地域では携行しやすい状況にするとしている。だが、国民の60%以上が銃の所有にさえ反対 ...

続きを読む »

徳島県人会=利用団体「不条理」と反目=急きょ賃料4割値上げで=「運営赤字で困っている」

メトロ・トゥクルビー駅近くという好立地に威容を誇る徳島県人会館

 聖市北部にある徳島県人会館の賃貸契約の更新を巡り、カラオケ・ダンスでそこを利用する日系文化協会との間でいさかいが生じている。契約更新は二年毎に実施され、その際の賃料値上げは総合市場物価指数(IGPM)に基づいて調整されることになっていたが、赤字運営に悩む徳島県人会が急きょ、4割値上げを求めたためだ。両者は感情的に対立し、平行線 ...

続きを読む »

■ひとマチ点描■特大門松で結束強めるモジ

拝賀式の様子

 元日、モジ・ダス・クルーゼス中央日本人会で「新年拝賀式」が行われた。なかでも恒例となり衆目を引いているのが、特大サイズの門松だ。  この門松は孟宗竹を使用し、高さ1メートル70センチに及びもの。毎年晦日に会員が集まって手作りし、会館入口の2カ所に飾られる。  「日本文化の継承の一つとして、何か新しいことをやりたい」。松本茂評議 ...

続きを読む »

聖市カーニバル出場ツアー=トレンディ旅行社が募集中

2016年の出場者の様子

 トレンディツーリズモ(関根いつ子社長)が聖市カーニバル2019に出場するツアー参加者の募集中だ。主に駐在員家族を想定しており、1月19日から4回の練習参加を経て、3月1日に(金)の本番に臨む。それに加えてファブリカ・デ・サンバ(山車製造倉庫)の見学も2月中に予定されている。  出場するサンバ・チームは昨年と同じ「ツクルビー」で ...

続きを読む »