2019年1月11日の記事一覧

フラメンゴ=大型補強を立て続けに敢行=DF、MF、FWとセンターラインに代表クラスを揃える

フラメンゴのエヴェルトン・リベイロ(左)とパルメイラスのフェリペ・メロ(右)、今年の全国選手権の優勝争いはこの両チームが中心になりそうだ。(Gilvan de Souza/Flamengo)

 今年のブラジルサッカーマーケットは、いつになく高額の引き抜きが発生している。  サンパウロFCが同じブラジル国内のチーム、アトレチコ・パラナエンセからFWパブロを2660万レアルの移籍金で獲得し、パルメイラスも、エジプトのピラミッドFCからFWカルロス・エドゥアルドを2520万レアルで引き抜いた。  そんな中、地元リオだけでな ...

続きを読む »

サンパウロ=人種差別発言の学生が退学処分に=銃を持ち「黒人殺す」の動画で

 サンパウロ市にあるマッケンジー大学が、昨年の10月に銃を手にとり、「黒人は死ね」と録画した動画を流した同大学法学部学生の退学処分を発表した。  このほど処分を受けたのは、ペドロ・ベリタニ・バレオッティ氏(25)だ。同氏は大統領選期間中だった昨年10月に、2本の動画を録画。偽物の銃を手に、「これから黒人たちを殺しに行く」「赤いシ ...

続きを読む »

《ブラジル教育省》2日付官報を1週間で書き換え=前政権のミスと言い訳=「有り得ない」と前教育相=引用元の明記、一転義務化に

公立校で学ぶ子供たち(参考画像・Elza Fluiza/Ag. Brasilia)

公立校で学ぶ子供たち(参考画像・Elza Fluiza/Ag. Brasilia)  ボウソナロ政権の教育行政が、早くも矛盾を露呈した。政権発足の翌日の2日付官報に載せられていた、公立校の教科書選定基準を書き換えると9日に教育省が発表したと、10日付現地各紙が報じた。  ブラジル連邦政府は年間10億レアルを投じて、公立校に配布す ...

続きを読む »

ベネズエラのマドゥーロが大統領に再就任=近隣主要国は独裁的と否認=グレイシPT党首「合法、合憲」

9日のマドゥーロ氏(Twitter)

9日のマドゥーロ氏(Twitter)  10日、多くの国が反対の姿勢を見せる中、ベネズエラのニコラス・マドゥーロ大統領が、首都カラカスの最高裁判所で大統領就任式を行った。10日付現地サイトが報じている。  マドゥーロ氏は昨年5月に行われた大統領選で当選したものの、反体制派はこの選挙への出馬も投票も放棄しており、投票率はわずか25 ...

続きを読む »

サンパウロ州=サソリの被害拡大傾向に=1カ月に2度出現した産院も

ブラジルの南東部や中西部、北東部に多く、死亡事故も起こすエスコルピアン・アマレロ(Divulgação)

 サンパウロ州では近年、サソリによる被害を頻繁に耳にするが、サソリによる被害は全国的に拡大傾向にあり、毎年100人以上の死者も出ている。  12月17日付BBCニュースによると、2010年に報告されたブラジルでのサソリによる被害は5万2509件だが、2017年は138%増え、12万4904件になった。また、死者は74人から184 ...

続きを読む »

《ブラジル》ケヴェド神父が死去=超心理学者として有名

ケヴェド神父(Wikipédia)

 数々のテレビ出演やベストセラーで有名な、ブラジル在住のスペイン人神父で超心理学者のケヴェド神父が9日、ミナス・ジェライス州ベロ・オリゾンテにあるイエズス会の老人ホームで心停止を起こして亡くなっているのが発見された。88歳だった。10日付現地紙が報じている。  1920年にスペインのマドリッドで政治家の息子として生まれたケヴェド ...

続きを読む »

中国=ブラジル産農産物の輸入増える=大豆以外の品目も増加

ブラジルの主要農産品の大豆(参考画像・Jonas Oliveira)

ブラジルの主要農産品の大豆(参考画像・Jonas Oliveira)  13億9千万人と、世界最大の人口を誇る中国(2017年、出典:国際通貨基金)は、世界有数の農業国であるブラジルから多くの農産品を輸入している。かつては、中国によるブラジル農産品の輸入は大豆に集中していたが、2008年から2018年にかけて、大豆以外の品目も数 ...

続きを読む »

東西南北

 9日付本面で、ボウソナロ大統領が圧力をかけた形で、国立再生可能天然資源環境院(IBAMA)のスエリ・アラウージョ院長が辞任したという話を書いたが、そのIBAMAが9日、2012年に自然保護区で釣りを行ったことでボウソナロ大統領に課していた罰金1万レアルを帳消しにした。IBAMAは、この件に関して国家総弁護庁(AGU)が出した見 ...

続きを読む »

平野植民地=盗まれた運平胸像を再贈呈=恩人の没後百年を記念して=銅像溶かされ「再利用」か

平野運平銅製胸像を盗まれ、台座だけの無残な姿に

 来月6日、平野運平没後百年を迎えるに際して、サンパウロ市カンブシ区エスタード大通沿いに位置する平野運平広場に設置され、盗難に遭っていた平野運平の胸像を再贈呈しようとの計画が平野農村文化体育協会(山下薫ファビオ会長)で持ち上がっている。昨年7月に眞子内親王殿下をお迎えした同地では、わずか9世帯ながらも、平野運平の功績を後世に残そ ...

続きを読む »

パラー州で7団体が新年会=200人がお屠蘇で盛大に祝う

新年会の様子(提供写真)

 【パラー州ベレン発】在ベレン日本国領事々務所(浜田圭司所長)、汎アマゾニア日伯協会(生田勇治会長)、アマゾニア日伯援護協会(山本ジルベルト修会長)、パラー商工会議所(山中正二副会頭)、北伯県人会連合会(武田司平会長)、パラー州統領官庁(ルイジエル・グエーデス補佐官)、パラー州警察庁(アルベルト・テイシェイラ長官)共催の「201 ...

続きを読む »