2019年2月13日の記事一覧

《ブラジル携帯電話事情》“番号複数持ち”廃れる=ワッツ・アップ普及が影響=4G通信対応は55・6%のみ

ブラジルでも道行く人はスマホに夢中だ(参考画像・Empresa Brasil de Comunicacao)

ブラジルでも道行く人はスマホに夢中だ(参考画像・Empresa Brasil de Comunicacao)  ブラジルの国家電気通信庁(Anatel)の調べによると、2018年、ブラジルでは携帯電話の回線数が全体の3・08%、730万本減少した事がわかった。  携帯電話の回線数は17年も760万本減少している。この傾向は、以前 ...

続きを読む »

《ブラジル》政治監視するアプリを発表=議員の怠慢、背信を防ぐ?=プロモーションに巨大双眼鏡

議員を監視するかのように置かれた巨大な双眼鏡(Wilson Dias/Ag. Brasil)

 2018年後半の選挙の熱狂もどこへやら――多くの有権者は、自分が投票した候補、対立候補の当選落選の人間ドラマだけに心を奪われて、「政治参加」の役割を果たした気分になりがちだ。だが「政治参加」は選挙で終わりではなく、市民の大事な役割はまた残っている。それは「政治家の監視」だ。  政治家が議会でどのような仕事をしているか、法案承認 ...

続きを読む »

《サンパウロ》動植物園周辺市民に呼びかけ=黄熱病ワクチンの接種を

昨年の大流行の二の舞を避けるべく、サンパウロ市は早めの対策に乗り出している(参考画像・世界保健機関)

 【既報関連】サンパウロ市南部の動物園で8日、黄熱病に感染した猿が見つかったことから、サンパウロ市役所は動物園とそこに隣接する植物園から300メートル以内の家を直接訪問し、黄熱病予防ワクチンの摂取を呼びかけることを決定した。  市は、200人以上の保健担当職員を動員し、1万3千戸を訪問する予定。同ワクチンを未接種の人は職員訪問の ...

続きを読む »

「植民地時代の黒人奴隷のよう」=ヴォーグ・ブラジル編集長のインスタグラム投稿が大問題に

 ファッション雑誌「ヴォーグ」のブラジル版編集長が、19世紀の奴隷制時代の女帝を想像させる衣装を着た写真をSNSに掲載したことで物議を醸した。  これは同誌編集長ドナタ・メイレレス氏が50歳の誕生日を祝う企画として、8日に自分のインスタグラムにあげたものだった。  これはバイア州サルバドールの由緒ある建造物、アクラマソン宮殿を貸 ...

続きを読む »

《ブラジル》著名キャスター、リカルド・ボエシャがヘリで墜落死=タブーなし、厳しい批評で有名

ボエシャ(Rafamaxpires, via Wikimedia Commons)

   ブラジルを代表するジャーナリスト、ニュースキャスターのリカルド・ボエシャ氏(66歳)が11日、サンパウロ市のアニャンゲーラ高速道で、搭乗していたヘリコプターの墜落により死亡した。彼は国内で最も信頼されているジャーナリストの一人だった。11日午後から翌日まで、ブラジルのあらゆるメディアはこのニュース一色になった。 ...

続きを読む »

《ベネズエラ情勢》ブラジル外相、グアイド暫定大統領が任命した大使と面会=ロライマ州からベネズエラへ救援物資搬入へ=国境で“人の鎖”計画準備

ベネズエラ支援問題を話し合った(左から)トレド議員、ベレンドリア大使、アラウージョ外相(twitter:@LesterToledoより)

ベネズエラ支援問題を話し合った(左から)トレド議員、ベレンドリア大使、アラウージョ外相(twitter:@LesterToledoより)  【既報関連】エルネスト・アラウージョ、ブラジル外相は11日、ベネズエラのファン・グアイド暫定大統領に指名された駐ブラジル、ベネズエラ大使のマリア・ベレンドリア氏、ベネズエラ国民議会のレステル ...

続きを読む »

《リオ》再びサッカー宿泊施設火災=バングーのユースチーム被害

 10人の犠牲者を出した8日のフラメンゴのトレーニング・センター火災からわずか3日後、同じリオ西部で、別のサッカー・クラブのユース選手が泊まっていた施設でも火災が発生した。こちらは惨事には至らなかった。12日付現地紙が報じている。  火災現場は、カンポ・ドス・アフォンソスにある空軍スポーツ・コミッション(CDA)所有の宿泊施設。 ...

続きを読む »

《ブラジル》インフラ省、高速道路の通行料値上げを検討=「設備投資費に」と運営各社

インフレ省のタルシシオ・フレイタス大臣(Elza Fiuza/Ag. Brasil)

インフレ省のタルシシオ・フレイタス大臣(Elza Fiuza/Ag. Brasil)  ブラジル南部、南東部を走る7本の高速道路の通行料を増額調整することを、インフラ省は検討していると12日付現地紙が報じた。  7本の高速道は全て民間企業に運営委託されている。5本を運営しているのはアルテリス社で、アシオナ社と、トリウンフォ社が1 ...

続きを読む »

《ブラジル》大型汚職捜査ラヴァ・ジャット作戦=モロ判事の後任が決定=経験買われたボナ氏64歳

ルイス・アントニオ・ボナ判事(TRF4)

ルイス・アントニオ・ボナ判事(TRF4)  ボウソナロ新政権の法務大臣に抜擢されたセルジオ・モロ氏の正式な後継として、ルイス・アントニオ・ボナ氏任命されたと9日付現地紙が報じた。  ボナ氏はクリチーバ連邦地裁第13法廷の判事に就任し、昨年までモロ元判事が扱っていたラヴァ・ジャット作戦関連裁判を引き継ぐ。 ※このコンテンツを閲覧す ...

続きを読む »

東西南北

 本日付で報じたニュースキャスター、ボエシャのヘリ墜落事故だが、気になる要素として「ヘリコプター墜落」があげられる。18年11月30日付フォーリャ紙電子版によれば、ブラジルでは2008年1月から18年7月までに実に1704件もの航空事故が起き、846人が死亡した。なんと2日に1件の割合だ。うち飛行機が1位で1260件と73%を占 ...

続きを読む »