2020年7月3日の記事一覧

特別寄稿=人種差別ほぼゼロのメキシコ=メキシコ在住  富田眞三

 メキシコは隣国の米国と違って、人種差別はほぼゼロである。メキシコの人種構成は60%が混血(Mestizo)、インディヘナと呼ばれる原住民が21%、そしてスペイン人を主とするヨーロッパ系が18%と言われている。  一方、「あなたの祖先は誰ですか」との政府機関の質問に47%のメキシコ人はスペイン人等のヨーロッパ系の子孫と答えている ...

続きを読む »

《ブラジル》FBIがラヴァ・ジャット捜査陣と結託?=女性捜査官を派遣し非公式に内通=ルーラ「ペトロブラス利権目的」と批判

ア・ププリカ・サイトのスクープ報道。写真中の左から二人目がバックシース氏  ラヴァ・ジャット(LJ)作戦を管轄するパラナ州連邦検察局が、非公式に米国FBIの介入を求め、派遣捜査官がブラジルに滞在し、LJ捜査に関して熟知していた疑惑が発覚し、波紋を投げかけている。1、2日付現地サイトが報じている。 ※このコンテンツを閲覧するにはロ ...

続きを読む »

《ブラジル》コロナ死者6万人超、感染者3日に150万人超へ=危機中にも検査キット購入で不正疑惑

 保健省の1日晩発表では、新型コロナ死者は1038人増で計6万632人となり、初めて6万人の大台を越えた。感染者も4万6712人増で計144万8753人となった。2日晩発表では、感染者合計は149万6859人となり、3日発表では間違いなく150万人に到達することが明らかになった。  そんな危機的な状況を悪用する不正購入疑惑が、人 ...

続きを読む »

《ブラジル》兄同様、大統領次男にも幽霊職員不正疑惑=地裁1審から審判開始へ

カルロス・ボウソナロ氏(Caio Cesar/CMRJ)  リオ州地裁は6月30日、ボウソナロ大統領次男でリオ市議のカルロス・ボウソナロ氏に対し、裁判特権(フォロ・プレビレジアード)を認めなかった。兄フラヴィオ氏同様、ラシャジーニャ疑惑を持たれている。1日付現地サイトなどが報じている。 ※このコンテンツを閲覧するにはログインが必 ...

続きを読む »

《ブラジル》抗ウイルス・抗菌機能の繊維開発進む=ローディア社や新興企業で

 ブラジル国内で抗菌・抗ウイルス機能をもつ製品開発が活発化しているとフォーリャ・ビットリア紙2日付電子版が報じている。ベルギーに本社をもつ化学メーカーのソルベイグループ傘下であるローディア(Rhodia)・ブラジル社では、抗ウイルス・抗菌性のあるアムニ糸(Amni®Virus-Bac OFF)を開発しており、付着したウイルスの活 ...

続きを読む »

《ブラジル》貿易収支黒字6月に過去最高=コロナ禍による輸入激減で

 6月の貿易収支が74億6千万ドルの黒字を記録し、6月としては過去30年で最高を記録した。輸出は微減だったが、輸入が激減したため、結果的に黒字額が拡大した。2日付現地紙などが報じている。 ※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 → ログイン.  会員登録はお済みですか? 会員について

続きを読む »

東西南北

 6月30日、ボウソナロ大統領は大統領官邸で、飼い犬の返還式を行なった。大統領一家は6月18日、自身のインスタグラムで「新しい家族ができた」として、アウグストと名付けられた犬を紹介していた。これはミシェレ大統領夫人が官邸近くで拾ってきた迷い犬だった。その後、ナジブ・ザイダンさん(25)が飼い主で、本当の名前は”ゼウス”だと分かっ ...

続きを読む »

《記者コラム》ボウソナロ政権のダメ大臣列伝

デコテッリ氏(Marcos Cssal/Agencia Brasil)

 日本のプロ野球ファンのひとつのジョークのネタに「ダメ外人列伝」というものがある。これは、「高い期待を期待されながら入団したのに、活躍することなく終わった外国人選手」を揶揄して楽しむものだ。  6月30日に教育相を辞任したカルロス・アルベルト・デコテッリ氏のこの数日のドタバタぶりを見て、突然このことを思い出した。プロ野球の「ダメ ...

続きを読む »

下本氏が白寿者に敬老金=27人に感謝状と共に贈呈=01年続き2度目の心遣い

下本会計事務所の会長室で日系人が勝ち取った信用について熱っぽく語る下本さん

 6月18日の『ブラジル日本移民の日』112周年を記念して、ブラジル日本文化福祉協会(石川レナト会長)が毎年実施している「白寿者表彰」に合わせて、元サンパウロ州議会議員の下本八郎さん(二世、84歳)が、対象者の27人に感謝状と最低給料分の敬老金を贈呈した。下本さんが白寿者に敬老金を贈呈するのは2001年、同氏66歳の誕生日を記念 ...

続きを読む »

日本移民と感染症との戦い=世界最大の日本人無医村で(2)=大統領もスペイン風邪犠牲者に

スペイン風邪で死んだロドリゲス・アウヴェス大統領(Foto: Wikimedia Commons)

 スペイン風邪の時、ブラジルの病死者で一番有名なのは、1918年の大統領選挙で当選したロドリゲス・アルヴェスだ。11月から就任するはずだったが、病のために就任できなくなり、翌年1月に亡くなった。  大統領代行を務めたデルフィン・モレイラは、伯国史上初の大統領代行になった。  アウヴェスは1902~06年まで第5代大統領になってお ...

続きを読む »