2021年3月9日の記事一覧

《ブラジル》母から娘への悲しすぎる最後のメッセージ「集中治療室に空きがないの。愛している」

 新型コロナの感染再燃で集中治療室(UTI=ICU)が満杯となり、空きを待つ間に亡くなった女性の長女が母からの最期のメッセージを公表し、外出を避け、感染回避をと呼びかけている。  母のヴァレリアさん(42)と交わしたワッツアップのメッセージを公表したのは、リオ・グランデ・ド・スル州エステイオ市在住のジウリアさん(23)だ。ヴァレ ...

続きを読む »

《ブラジル》1週間で1万人死亡=コロナ死者数平均、過去最多更新=サンパウロ州でも入院率80%超に

 ブラジルにおける新型コロナウイルスの感染状況がますます悪化している。全国での死者は1週間で1万人を超える状態が起き、1日平均の感染者も過去最多を更新中だ。6日からこれまでで最大級の外出自粛規制がはじまったサンパウロ州でも、入院率が80%を超えるなど、医療崩壊を不安視する声が起こっている。6〜8日付現地紙が報じている。  メディ ...

続きを読む »

《ブラジル》緊急支援金で食生活に変化=従来はなかった品が食卓に=新支給額は平均250レアル

ゲデス経済相(Maecelo Camargo/Agencia Brasil)  新型コロナの感染拡大と経済活動停滞の中、生活が不安定になった人々の救済のために昨年4月に導入された緊急支援金は、低所得者層の食生活にも変化を生じさせていた事が分かった。感染再燃で再開の必要が叫ばれていた緊急支援金の支給額は、平均250レアルとゲデス経 ...

続きを読む »

《サンパウロ市》ワクチン90歳以上でさっそく好結果=州は75、76歳に15日から接種開始=ペレも接種済み

 サンパウロ市保健局の発表によると、90歳以上のコロナウイルス感染症による死者が1月から2月で70%減少したことがわかった。この年齢層は2月5日から予防接種がはじまっており、ワクチンの効用を示す一つの例として注目される。8日付現地紙が報じている。  市保健局のデータによると、1月は90歳以上のコロナによる死者が127人いたが、2 ...

続きを読む »

《ブラジル》男女間の給与格差埋まらず=女性参加は増えるも

 国際女性デーの8日、地理統計院(IBGE)が男女間の平均給与をまとめた格差に関する報告書を発表したと同日付現地サイトが報じた。 このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い ログイン. あなたは会員ですか ? 会員について

続きを読む »

《ブラジル》パルメイラス ブラジル杯で4度目の優勝=2020年度は三冠に輝く

 7日、サッカーのブラジル杯の決勝戦第2試合が行われ、パルメイラスが第1戦に続いてグレミオに勝利し、優勝を飾った。8日付現地紙が報じている。コロナ禍で変則的に開催された2020年度だったが、パルメイラスはサンパウロ州選手権、ブラジル杯、リベルタドーレス杯の三冠にみごと輝いた。  パルメイラスは2月28日に行われた敵地ポルト・アレ ...

続きを読む »

東西南北

 サンパウロ州は6日から、コロナ外出自粛規制が最低の赤レベルに突入した。最初の週末だった5日夜から、州による取り締まりも厳しくなった。サンパウロ市の場合、取り締まり初日の5日夜は、人が多く集まりそうな場所、少なくとも97カ所に係官が出向き、監査を行った。6日夜から7日にかけては15カ所で取り締まりが行われた。その中には市東部ペー ...

続きを読む »

《記者コラム》ボルソナロは「黙示録の第四の騎士(死神)」か

大統領「女々しい泣き言はいい加減にしろ!」 【無料朝刊サービス登録】PDF版へのリンクに加え、毎日の新しい記事の見出しだけを、本文ページへのリンクをつけてメールで無料配信しています。メールアドレスを書き込み、「申し込み」ボタンを押すだけです。メールチェックのついでに気になる記事をクリック!  4日にボルソナロ大統領は新型コロナの ...

続きを読む »

旧総領事公邸がピカピカに=文化施設として生まれ変わり=二宮、大原両氏が建物来歴を証言

二宮ソニアさん、二宮正人さん、大原毅さん、カヴァウカンチさん(2階部分で)

 「約30年ぶり。昔よりきれいですね」――2月26日、二宮正人氏に誘われて、サンパウロ市イジエノポリス区にある旧在サンパウロ総領事公邸(Rua PIAUI, 874 HIGIENOPOLIS)を約30年ぶりに訪問した元総領事館顧問弁護士の大原毅氏は、感慨深げにそうコメントした。この建物は現在、文化施設「インスチツト・アルチウム・ ...

続きを読む »

オンライン授業で生徒数が倍増!=コロナ禍でも人気のアラビア語学校

オンライン授業中のモハマドさん

 「オンライン授業を導入してから、以前は1回のコースで25人くらいだった生徒数が、今年最初の授業でも50人に倍増しました。他州から参加される人も出てきて、新たな広がりを感じます」と、コロナ禍の逆境を逆手に取り、成長するアラビア語学校が『セントロ・ダ・リングア・アラベ(Centro da Língua Árabe)』だ。  学校は ...

続きを読む »