ホーム | 2021 | 7月 (ページ 2)

7月 2021の記事一覧

広島・長崎=平和記念式典をスペイン語で=亜国NGOがオンライン通訳

広島平和記念式典のアルゼンチン時間開催は8月5日19時40分から

 8月の6日(火)と9日(金)に広島市と長崎市で開催される平和記念式典の中継に、スペイン語通訳を入れる遠隔参列をアルゼンチンのNGO団体フンダシオン・サダコ(相川知子代表)が企画している。  中継の通訳のほかに同企画参列者からの質問や日本の文化・習慣の解説や、記念写真撮影を予定しており相川代表は「当日はぜひ折り鶴を手にもってご参 ...

続きを読む »

黛まどかさん俳句セミナー=参加者の投句を受付中

投句応募フォーム

 在サンパウロ日本国総領事館(桑名良輔総領事)は、俳句に関する講演会を7月27日(火)に開催したのに続き、18日(水)20時に実施するワークショップに向けて投句を受付け中だ。  投句の中から講師が選句して講評が行われ、黛先生への質疑の場も設けられる。同時通訳付き。27日の講演会参加者へメールでURLが記述されたメールが送信されて ...

続きを読む »

ANBAが事務所売却=28年まで毎月最賃で

 ノーバ・バンデイランテ射撃協会(ANBA、山本恒夫会長)は、2028年4月28日に『ブラジル日本移民120年祭』を行い、第1回移民船『笠戸丸』が神戸港を出航した日に閉会することを計画している。それに伴い、同事務所を県人会など日系団体に売却したい意向だ。  売却条件は28年4月まで、毎月賃借料として最低給料を払い、それをもって分 ...

続きを読む »

《ブラジル》国家衛生監督庁が警告=ワクチン接種の副反応?=ギラン・バレーの症例報告

 国家衛生監督庁(Anvissa)が28日、新型コロナのワクチン接種を受けた人の中からギラン・バレー症候群(GBS)と呼ばれる難病が疑われる症例報告が出ていると警告する文書を出したと29日付アジェンシア・ブラジルなどが報じた。  同庁にはGBSが疑われる症例が34件報告されている。内訳はアストラゼネカのワクチン接種者27件、ヤン ...

続きを読む »

《ブラジル》上院コロナ禍CPI 来週から活動を再開へ=プレシーザ社が最初の焦点=マクシミアーノ社長は逮捕も?=疑惑の福音派牧師も召喚へ

ランドルフ上議(Edilson Rodrigues)  来週から再開するコロナ禍に関する議会調査委員会(CPI)では、インド製コロナワクチン「コバクシン」の不正契約に関与した疑惑をもたれているプレシーザ・メジカメントスの追及が行われる見込みだと、29日付現地紙などが報じている。 このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お ...

続きを読む »

《ブラジル》3度目の南極下ろし直撃!=各種農産物への被害は甚大=価格上昇、回復に1年以上か

一夜の霜で緑から茶色に豹変したコーヒー園(サントアントニオ・ダ・アレグリア市での被害に関する­26日付G1サイトの記事の一部)  28日~8月1日はこの冬3度目の寒波が到来し、南部や南東部、中西部に至る広範囲の農家に新たな被害回避のための戦いが求められていると28日付現地サイトなどが報じた。 このコンテンツを閲覧するにはログイン ...

続きを読む »

《ブラジル》東京五輪 体操個人総合でレベッカ銀=柔道のマイラは3大会連続銅

 東京五輪で現地時間の29日、女子柔道78キロ級ではマイラ・アギアルがブラジル女子では初の個人技での3大会連続となる銅メダル、女子体操ではレベッカ・アンドラーデが個人総合で体操女子ではブラジル初となる銀メダルを獲得した。29日付現地サイトが報じている。  この日、2回戦から出場したマイラは、同戦でインバル・ラニル(イスラエル)に ...

続きを読む »

《ブラジル》経済活動改善で雇用増加=上半期には153万人増

雇用契約の内容を記載する労働手帳(Arquivo/Agência Brasil)  28日付暫定令で創設された労働社会保障省が29日、上半期に正規雇用者が153万6717人増加と発表したと同日付現地サイトが報じた。 このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い ログイン. あなたは会員ですか ? 会員について

続きを読む »

東西南北

 27日夜から急激に冷え込んでいるサンパウロ市。今回の寒気は27年ぶりとなる寒さをもたらし、零下を記録する地区も多く出るだろうとの予想が早くから出ている。そうなると気になるのは路上生活者。ただでさえ無防備のため、冬に凍死する人が出るのは珍しくない状況下、この寒さがこたえることは想像に難くない。この冬はすでに10人以上が凍死してい ...

続きを読む »

JHSP=「せとうち探訪」第一弾=瀬戸内の魅力を凝縮した旅=JALや阿波踊り会館も協力

せとうち探訪の画面と食体験セットの内容

 「瀬戸内の食、美しい自然、芸術を体験したまたとない機会となったと思います。特に日本から直接紹介された阿波踊りは参加者のハイライトの一つになりました。」――エリック・クルッグ館長はイベント後そうコメントを寄せた。7月1日19時に聖市のジャパン・ハウス(JHSP)がオンライン上で旅行感覚を味わう体験型イベント『せとうち探訪』が開催 ...

続きを読む »