ホーム | 2021 | 7月 (ページ 4)

7月 2021の記事一覧

《ブラジル》保健省も青少年への接種承認=ワクチンの接種間隔見直しも=サンパウロ州は接種計画の前倒し発表

 保健省が27日、新型コロナに関する国の予防接種計画(PNI)に12~17歳の青少年も組み込む事を認めた。青少年への接種開始は18歳以上の成人への初回接種終了後で、ファイザー社製ワクチンの接種間隔短縮もそれにあわせて決める意向だと27日付現地サイトが報じた。  12~17歳の青少年へのワクチン接種の開始は州や市から要請が出ていた ...

続きを読む »

《ブラジル》大統領長男がコロナ禍CPI補欠委員に=ノゲイラ氏の官房長官就任で

 シロ・ノゲイラ上議(進歩党・PP)が官房長官に就任することに伴って欠員となる、上院のコロナ禍議会調査委員会(CPI)の連邦政府側委員の座をめぐり、「補欠」という形でボルソナロ大統領長男のフラヴィオ上議(パトリオッタ)が加わる可能性がでてきたと、27、28日付現地紙、サイトが報じている。  現状では、フラヴィオ氏はCPI委員には ...

続きを読む »

《ブラジル》五輪男子サッカー準々決勝へ=リシャルリソンが2得点

 東京五輪で現地時間の28日、男子サッカーでブラジル代表がサウジアラビア代表に2―1で勝利して準々決勝進出を決め、2大会連続での金メダルに期待をつなげた。28日付現地サイトが報じている。  グループDでここまで1勝1敗のブラジルはこの日、準々決勝進出をかけてサウジアラビアと対戦。試合は幸先良く、前半14分にマテウス・クーニャのゴ ...

続きを読む »

《ブラジル》工業界の信頼感指数上昇=今年2番目の108・4P

7月のICIが0・8P上昇と報じる28日付アジェンシア・ブラジルの記事の一部  ジェツリオ・ヴァルガス財団(FVG)が計測する工業界の信頼感指数(ICI)が7月に0・8ポイント(P)上昇し、108・4Pを記録したと28日付現地サイトが報じた。 このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い ログイン. あなたは会員ですか ...

続きを読む »

東西南北

 サンパウロ州地裁はサンパウロ市に対し、中央部の7月9日大通りでの交通を22時から翌朝6時まで止めさせる命令を出した。これは同大通りの道路上にある溝の上を車が通過する際に大きな騒音をたて、近隣住民に苦痛を与えているとの訴えに応えたもの。市が命令を遵守しない場合には1日につき1千レアルの罰金を科すなど、かなり厳しい命令となっている ...

続きを読む »

特別寄稿=太平洋戦争下の日本・沖縄県人移民の苦難―――サントス事件を中心に=バルガス独裁政権と枢軸国移民迫害=ブラジル沖縄県人移民研究塾代表  宮城あきら=《1》

 ドキュメンタリー映画監督松林要樹氏の最新作『オキナワ サントス』が31日から日本で上映開始される。1943年8月に沖縄移民を中心とした日本移民6500人が「敵性移民」としてサントス港湾部から24時間以内に強制退去させられたタブー的事件を描いたドキュメンタリーだ。その事件の背景を、ブラジル沖縄県人移民研究塾の宮城あきら代表が詳し ...

続きを読む »

ミナス州=白浜さん外務大臣表彰祝賀会=「ブラジル農業の発展を常に考えた」

左から村上さん、白浜さん、妻・輝子さん

 昨年12月1日にサンパウロ総領事館(桑名良輔総領事)より発表された「外務大臣表彰」受賞者の1人、白浜清俊さん(熊本県・82歳)の受賞祝賀会が、7月4日ミナス州南部カンブイの別荘にて盛大に行われた。  白浜さんは20歳の時、1960年にコチア青年2次6回で渡伯。サンパウロ州ブラガンサ・パウリスタのバタタ農園で働いた後、種芋作りに ...

続きを読む »

援協役員会=会員数増への更なる取り組み=協力店の割引サービス導入

挨拶する税田会長

 サンパウロ日伯援護協会(援協、税田パウロ清七会長)は6月24日午前、サンパウロ市リベルダーデ区の援協本部ビル5階講堂で6月定例役員会を開催した。  挨拶で税田会長は対面とオンラインからの参加者に感謝しつつ「ワクチン接種を終えてもマスクはちゃんとするように」と注意を促した。  援協会員数増の更なる足がかりとして、園田昭憲副会長は ...

続きを読む »

メダルだけでは測れない各人の価値

ウゴ・カルデラノが卓球でブラジル初の準々決勝進出を達成と報じる27日付アジェンシア・ブラジルの記事の一部

   23日に開幕した東京五輪では連日、悲喜こもごもの歴史が刻まれている。  27日にブラジル初の金メダルを獲得したサーフィンのイタロと、金の期待を負いながら4位に甘んじたメディーナ。ブラジルの体操選手のフラヴィアや米国の体操選手で金メダリストのバイルズのように、演技中のケガで途中退場の例も然りだ。  メダルこそ逃したがブラジル ...

続きを読む »

安慶名栄子著『篤成』(44)

 すると、彼女の反応にはショックでした。「ああ、そう。母は私を育てずに他人の子供を育てたのね」と。  彼女は母親に対して深い反抗心を持っていたと感じました。どんなにつらい思いをしておばあちゃんは私たちに接していたのか、彼女には知る術もなかったのです。私はその話をしてあげました。その後、私たちは親しくなり、彼女は母親のことをもっと ...

続きを読む »