2021年10月6日の記事一覧

《ブラジル》観光相「外国人観光客の倍増目指す」目標は年間1200万人

 アラブ首長国連邦で開催中のドバイ万博に出席中のジルソン・マシャード観光相が4日、ブラジル国内の空港便利用者は新型コロナのパンデミック前の80%まで回復したが、国際便は30%程度と発表したと同日付アジェンシア・ブラジルなどが報じた。  同相によると、ペルナンブコ州レシフェのハブ空港では、国内便利用者がパンデミック前の115%に達 ...

続きを読む »

《ブラジル》コロナ禍CPI「大統領の起訴を請求する」レナンが報告の見通し明言=最終的な起訴対象は30人超?=10月下旬に上院で投票へ

レナン上議(Marcelo Camargo/Agencia Brasil)  上院のコロナ禍議会調査委員会(CPI)で報告官をつとめるレナン・カリェイロス上議(民主運動・MDB)は、CPIの報告結果として、ボルソナロ大統領の起訴を請求する意向を固めていることがわかった。5日付現地サイトが報じている。 このコンテンツを閲覧するには ...

続きを読む »

《ブラジル》子供のSARS入院数が昨年超える=コロナ接種が届かない年齢=カーニバル以前に対処必要

 1~8月の重症急性呼吸器症候群(SARS、ポ語SRAG)による0~14歳児の入院件数は8万9826件で、昨年の総数以上と4~5日付現地サイトが報じた。  保健省のインフルエンザ監視情報システム(Sivep-Gripe)と、サンパウロ総合大学(USP)と州立パウリスタ総合大学(Unesp)によるパンデミック監視プラットフォーム( ...

続きを読む »

《ブラジル》パンドラ文書で両院がゲデス経済相召喚=疑惑オフショアの説明を要請

 【既報関連】下院は5日、パンドラ文書によって租税回避地(タックスヘイブン)にオフショア(国外、海外の意)のペーパーカンパニーを持っていることや、ニューヨークの銀行にオフショアの口座を持っていたことが判明したパウロ・ゲデス経済相を召喚し、説明を求めることを決めた。5日付現地サイトが報じている。  3日に国際的に公開されたパンドラ ...

続きを読む »

《サンパウロ市》アストラゼネカまた品切れ=新たに18万回分を配布へ

 サンパウロ市で4日、9割方の接種会場でアストラゼネカ社製のコロナワクチンがなくなる事態が再び起きた。同市役所によると、5日には18万回分の同ワクチンが届き、6日中に各接種会場に配布される予定だ。5日付現地紙、サイトが報じている。  サンパウロ市では4日午後2時現在、市内543カ所の接種会場のうち497カ所で、アストラゼネカ・ワ ...

続きを読む »

《ブラジル》負債返済遅れ世帯74%に=債務不履行に陥る家庭は微減

負債を生みやすいカード類(Arquivo Agencia Brasil)  全国財・サービス・観光商業連合(CNC)が4日、9月の消費者の負債・債務不履行全国調査(Pecv)によると、負債の返済遅れがある家庭は74%に増えたが、契約で定めた上限より遅れる債務不履行は2カ月連続で減り、25・5%となったと4~5日付現地サイトが報じ ...

続きを読む »

東西南北

 ブラジル時間の4日12時ごろ、フェイスブック社の運営するSNS、フェイスブック、インスタグラム、ワッツアップのサーバーがダウンし、一斉に使えなくなる事態が起こった。この問題は世界規模で起こり、完全回復には6時間余りかかったが、ブラジルの場合は日中のことでもあったので、生活上不便になった。この時間なら、メッセージのやりとりに使わ ...

続きを読む »

援協=SMA病院増棟工事を視察=JICA助成金500万レアル「地域に根付く日伯友好の証」

左からSMA市長、門屋JICA次長、山内領事部長、援協の税田会長、ブランコ州議、シッティーニDRS局長ら(記念撮影でマスクをはずしたところ)

 「この増築で37床の長期療養患者を迎えられるようになる。今までは術後5日間の入院までしか受け入れできず、その後は退院するか別の大病院へ転院してもらう措置をとっていた」。サンミゲル・アルカンジョ(以下SMA)病院を視察した後、森エリオ運営委員長はそう説明した。この視察は9月29日午前に行われ、昼前から式典になった。この病棟増築計 ...

続きを読む »

アジア系コミュニティの今(5)=パトロンに支えられる新聞=台湾編〈9〉

新聞社を支えるパトロンの名前が掲載された『美洲時報』

『美洲時報』の現況 【無料朝刊サービス登録】PDF版へのリンクに加え、毎日の新しい記事の見出しだけを、本文ページへのリンクをつけてメールで無料配信しています。メールアドレスを書き込み、「申し込み」ボタンを押すだけです。メールチェックのついでに気になる記事をクリック!  現在、『美洲時報』は週に2回、火曜と木曜の発行で、紙面はカラ ...

続きを読む »

イタニャエン=5人組強盗が日系女性射殺=家族が経営する店の前で

殺人事件を報じるG1サイトの一部

 サンパウロ州沿岸部イタニャエン市で日系人のアレッサンドラ・トミエ・ワタナベ・コクブン・ファグンデスさん(41歳)が、家族で経営する飲食店の前で銃殺された。グローボG1サイトなどで報じられている。  事件発生は2日(土)午後10時頃。トミエさんが銃殺された店は中心街ベネジィト・カリスト広場に位置し、350m先に第一警察がある場所 ...

続きを読む »