ホーム | コラム | オーリャ! (ページ 20)

オーリャ!

メール時代だからこそ絵手紙の温かさを

 先日、サンパウロ絵手紙友の会の生徒が、広島県安芸郡熊野町で開かれた絵手紙コンクールの受賞報告に来社した。一枚の手紙から、心のこもった温かな情感が伝わってくる。 情報技術の発達や慣習の変化などによって、日本では人間関係が希薄化し、手紙を出すことはかなり希になった。年賀状発行部数も2003年をピークに減少傾向にあり、社交辞令上出し ...

続きを読む »

ブラジル政治運命の日に

 「暫定政権発足が確実視されている、テーメル副大統領は…」。こんな書き出しの翻訳記事を仕上げていた9日昼ごろ、大事件が起こった。下院議長の座を追われていたクーニャ氏の代理である副下院議長が突然「4・17下院罷免投票は無効」と宣言したのだ。 ブラジリアは大騒ぎ、上院議長も「無効は無効」と宣言したり、大統領派は最高裁に「無効は有効」 ...

続きを読む »

オーリャ!

 製造業に従事している熊本の友人から「こちらの企業も仕事を再開しはじめた」という連絡をもらった。余震が少なくなってきて、県内のパナソニック工場などが操業を始めた。一時は18万人を超えた避難所の人数も2万人以下に減った。 今後、復興が進んでいるというニュースが増えるだろうが、「熊本はもう大丈夫」と視聴者が思い込んでしまう危険性も潜 ...

続きを読む »

上々ラーメンは今が食べ頃?

 「部下1人をしばらく残し、私は適宜、確認に訪れたいと思います」。上々ラーメンの商品開発に尽力した日本のプロが帰国前にそう語ったとき、真っ先に不安が頭をよぎった。 開発したラーメンはまさに〃上々〃の出来栄え。店は4日、無事営業を始めた。まったくラーメンを知らないブラジル人を雇用し、麺の作り方を一から教えた。 ただ従業員に任せっき ...

続きを読む »

ほぼ同時の8月5日五輪開幕と6日の平和式典

 オリンピックは平和の祭典と呼ばれる。古代オリンピックでは開催中の戦争が禁じられていたためだ。リオ五輪は8月5日の午後6時開幕となるが、ほぼ時を同じくした日本時間6日午前8時から、広島では平和記念式典が開催される。 今年は「核なき世界」を訴えてノーベル平和賞を受賞したオバマ大統領が、米大統領として初めて参列が検討されている。実現 ...

続きを読む »

オーリャ!

 取材先で記者が熊本県出身だと分かると、みな「地元は大丈夫ですか」と声をかけてくれる。多くの人が「もしかしたら熊本出身者が身内の被災に心を痛めているのではないか」と気にしてくれていると感じる。実際、移住者が最も多い県だけに親戚が被災した人もかなりいるだろう。 災害が起きた時、ニュースで詳しい情報を知ることができる。しかし家族、友 ...

続きを読む »

レールパス交換時に本紙も持参しては

 重国籍者でもJRレールパスが使えることが、海外日系人協会の調査により、最近になって分かった。2011年に対象外宣告されたが、規定では、14年には使えるよう変更されていたというから驚きだ。 昨年娘が訪日したという移住者から電話があり、「使えないとばかり思っていたから損した気分」と嘆き節。解禁の知らせがなかったから余計腑に落ちない ...

続きを読む »

オーリャ!

 オーリャ子の故郷は熊本で、被災した故郷の様子がどんどん入ってくる。中でも、同級生が数年前に新築したばかりの自宅が、今回の巨大地震で傾いてしまったと聞いたときは、本当に驚いた。日本で家を建てることは、男子一生の大事業だ。彼は今、放心状態に陥っているという。 震災が厄介なのは物質的被害だけでなく、精神面にも傷を負うことだ。現在の熊 ...

続きを読む »

大統領が代わったら…?

 17日夜、連邦下院がジウマ大統領の罷免審議継続を決めた。街頭デモが下火になっていった昨年後半を思えば、3・13デモ、強引なルーラ官房長官就任、密談盗聴テープ暴露、連立与党が続々と連立離脱――と3月からの急転直下は目を疑うほどだ。 罷免の話題で持ちきりの中、ブラジル人の友人に「大統領が代わったら、次の大統領には誰がなるの?」と意 ...

続きを読む »

オーリャ!

 「治安が悪すぎて着物が着られない」――渡伯時に数十枚の着物を持ってきたコラム子の妻の悩みだ。当地では強盗に狙われそうで危険。ジウマ政権で経済が悪化した昨今はなおさらだ。女性が安全に着物を楽しめる場所はないものだろうか。 例えば、日系イベントに着物で行けば入場料が半額になったり、着物試着会、着物美人コンテストを行なえば、その催し ...

続きを読む »